復活の呪文の切れ端

2008-07-17

愛は地球を救うと申しますのは

22:36 | 愛は地球を救うと申しますのは - 復活の呪文の切れ端 を含むブックマーク はてなブックマーク - 愛は地球を救うと申しますのは - 復活の呪文の切れ端

(誰の)(誰or何への)愛は(誰or何から)地球を救うのでしょう。

一つ目の問いに対しましては、必ずや「あなたの」が挿入されることでしょう。この言葉は他人に呼びかけることしかないのです。非常に紳士な不誠実者の言葉です。

次の問いを考えてみましょう。当てはまりそうなものは「私」「あなた」「地球」があげられます。他の回答を思いついた人は、さっさとこの教室から出て行ってください。あなたにはもう教えることは何もありません。「私」を選んだ人は、女性誌でも読んで愛されファッションでも学んでください。「あなた」を選択した人はもうちょっと論理的に考えてください。「あなたのあなたへの愛は」とくれば、「それは自己愛と呼びます」という文章が続くはずだからです。「地球」を選択した人はもうちょっと宇宙のことも考えてあげてください。ここでの正答は特にありません。とりあえず愛っぽければ何でもよいのです。

最後の問いに参りましょう。ここの答えも一つしかありません。答えは「地球に愛を向ける人」です。というのはなぜかと申しますと、地球に関心のない人間には、そもそもこの言葉が届かないので「地球を救う」と断言している所に矛盾が生じてしまうからです。つまり、この言葉を聞いて「地球を救う」事ができるのは愛を向けることができる人間だけということになります。

まとめてみると、「(あなたの)(空欄)愛は(地球に愛を向ける人から)地球を救う」という答えが導き出されます。言い換えると「あなたという悪者を排除すると地球が救われる」ということになります。

つまり、ここで言う「愛」を行動で示した場合「自害」「自決」「自殺」など呼び方はいろいろありますがそういうことになるのです。さらにつまり、このメッセージはそういうことを他人に伝えているのであります。

以上です。

CoralynCoralyn2012/01/28 14:47AFAIC that's the best aswner so far!

ilvweaiailvweaia2012/01/28 21:28o4aNp9 <a href="http://qzxjhirpyejs.com/">qzxjhirpyejs</a>

teonnsteonns2012/01/31 02:175p28j7 <a href="http://pjpbkijzlzla.com/">pjpbkijzlzla</a>

wbyumxdfdwbyumxdfd2012/02/01 03:13gMJdr2 , [url=http://snxngqtnqpig.com/]snxngqtnqpig[/url], [link=http://rkyhdtejrojl.com/]rkyhdtejrojl[/link], http://depqfmukntyd.com/

2008-07-15

盗まれたインターネット

17:10 | 盗まれたインターネット - 復活の呪文の切れ端 を含むブックマーク はてなブックマーク - 盗まれたインターネット - 復活の呪文の切れ端

突然インタネットにつながらなくなった。契約先が夜逃げしたらしい。俺にとってインタネットは生活に欠かせない物であったので少々困っている。話は違うが、そういう意味ではインタネットを便所の落書きとはよく言ったものであるなあと今更ながらに感心する。

さて、そんな状況にありながらも俺は悲観してはいない。なぜならば、街を歩けば、たちまち「インターネット安いよ!お買い得だよ!」などとお声がかかり、折りたたみ机に座らされ黒のボールペンを持たされ、契約書にサインを書かされ晴れてインタネットを購入させられるのはほぼ間違いないであろうからである。

善は急げ、家電量販店に着いた。すぐに「6000万人突破」と書かれた垂れ幕と笑顔のままに大声を張り上げて客引きをしている若者を発見した。まったく仕事熱心ではあるけれども、残念ながら彼の声は大きすぎ、音割れを起こしており何を言っているのかさっぱり分からない。一体何が彼に意地を張らせているのか分からないが、さっさと別の仕事をすればいいのに、と思った。

「すいません、インタネットを買いに来たのですけど」「ガガガガガガ」
「ああ、そうですか、ではこちらにお座り下さい」「ギギギギ」
「突然ね、インタネットがね、つながらなくなったのですよ」「ヴヴヴヴヴ」
「はいはい、最近ね、よく聞くんですよ」「ギュギュギュ」
後ろで叫んでいた若者が酸欠で倒れた。辺りが急に静かになった。
「どうも最近インタネットだめみたいですねえ」
「そのようです。夜逃げ同然で倒産しているらしいですね」
「まあ、ご多分に漏れず僕もそれに引っかかりまして。そういうわけでインタネットが欲しいのですが」
「はいはいはい、では早速契約に入りましょう。」

手早く書類の空欄を埋め手続きを進めた。
あとサイン一つで契約完了というときに、一人の老人が店員に連れてこられ横に座らされた。この老人はインタネットが初めてらしく、店員がインタネットの解説を始めた。店員がインタネットの何をすすめ、老人にはどのような楽しみ方があると紹介するのか興味があったので、俺は何かを考える振りをしながら隣の話しに聞き耳を立てる。

「インターネットとはなんじゃろうかの」「インターネットはすごいんですよおじいちゃん」「なにがすごいんじゃろうか」「なーんでもできちゃうんですよー」「なんでも…できるのかね」「夢のような世界なのですよ。。」「あんた老人を馬鹿にしちゃおらんかね」後ろから男がでてきた。「そんなことないですよ。一度体験してみたらいいですよー」「経験ですよー」また一人増えた。「そうですよチャレンジですよ」「ちょっと奥で体験してみましょう」

老人を囲んだ店員達の態度に不信感を抱いた俺は、組んでいた足をほどき、身を乗り出して喚いた。
「すいません!どうしてもサインする前に確認したいことがあるのですが」「なんでございますでしょうか」「ちょっとお試しとしてここでこのインタネットを見せてもらえませんか?」「ああいいですよ」てっきり断られるかと思っていたが、すんなりOKが出た。奥に連れて行かれ、インタネットが始まった。
荘厳な音楽と共に浮かび上がる文字。
「明るいインターネット」「正しく使おうインターネット」「すべでは始祖様のために」




悪い予感がしないわけではなかった。前触れ無くインタネットベンダーがつぶれてしまうこと。市場はほぼ飽和しているはずなのに街でインタネットが売られ続けていること。必要ない人間にもインタネット。安い値段で売られているのにも関わらず素晴らしい特典が山ほど付いてくる。そりゃあ裏があるはずだ。思えば、あの若者の笑顔もコントロールされていたのかもしれない。

ああ、早く俺のインタネットを取り戻さなければ。

2008-03-06

ももたろう

01:11 | ももたろう - 復活の呪文の切れ端 を含むブックマーク はてなブックマーク - ももたろう - 復活の呪文の切れ端

おばあさんは洗濯に行った。

川の風景とせせらぎを楽しみながら。

すると

「どんぶらこ~」

「どんぶらこ~」

「桃」

が流れてきた。


おばあさんはハッと気づいた。

あの昔話と同じ条件がそろっているということに。

そして、おばあさんはこう言った。

「テラモモタロスwwwwwwwwwwwwww」


そう、ここはニコニコ動画。

HeatherHeather2012/10/16 18:03Now I feel siutpd. That's cleared it up for me

qcpopspfgmyqcpopspfgmy2012/10/19 15:17qsMSrb , [url=http://ujauztegcgwx.com/]ujauztegcgwx[/url], [link=http://acywpququelu.com/]acywpququelu[/link], http://lepxirkqxyhm.com/

qhudiphqhudiph2012/10/20 17:45GQdIuf <a href="http://fejmwopaqydu.com/">fejmwopaqydu</a>

kpbzpiwnxctkpbzpiwnxct2012/10/20 23:226STI8e , [url=http://ftumjhuindtn.com/]ftumjhuindtn[/url], [link=http://svyktxpgluah.com/]svyktxpgluah[/link], http://wkwwywghcqlt.com/

2008-02-26

まめまき

20:09 | まめまき - 復活の呪文の切れ端 を含むブックマーク はてなブックマーク - まめまき - 復活の呪文の切れ端

少年「鬼はーそと。福はーうち。」

鬼「はいはい。了解しました。」

キャスター「本日、中野区で50歳の男性が殺害されました。警察では目下鬼の仕業として捜査を進めています。」


殺害された男性の家族・妻「おーいおいおい。何で私たちに…。おーいおい。」

同・息子「日本人が自分の家の外にばかり鬼を押し出して、自分たちだけが幸せになろうとしてやがるからいけねえんだ。」

同・娘「ぐすん。そうは言ってもお兄ちゃん。それが人ってものじゃないの。」

同・息子「違う。違うぞ。こうなったら俺は家の外で豆をまいてやる!鉄槌を食らわせてやるのだ。」

鬼「ありゃ、中に入っていいみたいだな。」

キャスター「現在、全国的に家の中で鬼に殺害される事件が多発しており、内閣の対応が注目されております。」


閣僚「最近鬼の犯罪が目立ってきております。」

総理「うむむ。なんとかせないかんねえ。」

新聞の見出し:豆まき法制定

この法により、沿岸部に撒豆塔が建設されることになった。これは、内陸に向かって鬼は外と豆をまき、海に向かって福は内と豆を自動にまく物である。余談ではあるが、それにより大豆製品の値段が大幅に上がった。


かくして日本は平和になった。しかし、それはほんの少しの間だけだった。日本国内の少ない資源の中細々と暮らしていた鬼たちは、海外の豊富な資源を獲得し、にわかに活気を取り戻し勢力を伸ばしていった。勢力を蓄えた鬼たちは、それをもって日本に流入することとなる。そうして世界では一人また一人鬼に食われていく。


ある評論家は「鬼と人間との戦いになるから、人間同士の戦争は終結するだろう。」と言った。

戦争は終わらなかった。ただし、弾丸はすべて豆に変更されたが。

2008-02-23

文学鍋

20:28 | 文学鍋 - 復活の呪文の切れ端 を含むブックマーク はてなブックマーク - 文学鍋 - 復活の呪文の切れ端

材料

薬づけの液体  300g

本   数冊

材料はこれだけ。お手軽でしょう?


手順

  1. まず要らない本を紐で縛って捨てます。
  2. 次に味わいたい本をシュレッダーにかけましょう。手でちぎる方がいいという話もありますが非常に時間がかかり途中で薬が切れる場合があります。うひひ。
  3. 出来上がった紙くずの山を鍋に放り込み30分煮込みます。
    • このときなるべくならば古本の方が良いようです。脂汗、唾液、涙、精液、残留思念などが混ざり合って思いもよらぬスパイスとなるようですよ。
  4. それを薬品たっぷりのたれにつけていただきましょう。

作品の組み合わせによって、甘かったり辛かったり腹を壊したり非常に美味であったり爆発したりしますのでお気をつけください。



もしファック文芸部の皆様の中でこの文学鍋を実行した際には、私に「食書感想文」をお聞かせください。楽しみにしております。