復活の呪文の切れ端

2008-02-23

文学鍋

20:28 | 文学鍋 - 復活の呪文の切れ端 を含むブックマーク はてなブックマーク - 文学鍋 - 復活の呪文の切れ端

材料

薬づけの液体  300g

本   数冊

材料はこれだけ。お手軽でしょう?


手順

  1. まず要らない本を紐で縛って捨てます。
  2. 次に味わいたい本をシュレッダーにかけましょう。手でちぎる方がいいという話もありますが非常に時間がかかり途中で薬が切れる場合があります。うひひ。
  3. 出来上がった紙くずの山を鍋に放り込み30分煮込みます。
    • このときなるべくならば古本の方が良いようです。脂汗、唾液、涙、精液、残留思念などが混ざり合って思いもよらぬスパイスとなるようですよ。
  4. それを薬品たっぷりのたれにつけていただきましょう。

作品の組み合わせによって、甘かったり辛かったり腹を壊したり非常に美味であったり爆発したりしますのでお気をつけください。



もしファック文芸部の皆様の中でこの文学鍋を実行した際には、私に「食書感想文」をお聞かせください。楽しみにしております。