Hatena::Groupneo

“ぼ”うそうする“そ”うぞう このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-03-23

歳月

| 歳月 - “ぼ”うそうする“そ”うぞう を含むブックマーク はてなブックマーク - 歳月 - “ぼ”うそうする“そ”うぞう

明るいリビング、コタツがひとつ。

窓側で新聞を読む夫。

壁側で手紙を書く妻。

会話はない。


夫がお気に入りの俳句コーナーに目を留めた。目を細めてじっくり読みながら、2度3度小さくうなづく。そしておもむろに紙面から顔を上げる。

妻はペンを置き、傍らにある文具箱を開けた。使い込まれた小さなメモ帳と年季が入った万年筆を取り出し、コタツの真ん中に置く。

夫はメモ帳万年筆を手にとり、気に入った俳句を書き留める。


妻は手紙を書き終え、手帳を見ながら封筒に住所を書き入れる。新しいマンションに住む若い娘夫婦、カタカナだらけの長い住所。案の定書き間違えて、小さくため息をつく。

「…ふぅ。」

夫は新聞に顔を向けたまま左手だけを伸ばし、窓側にあったゴミ箱をスッと壁側に押しやる。

妻は書き損じの封筒を折り曲げ、ゴミ箱にコトンと落とす。


明るいリビング、コタツがひとつ。

窓側で新聞を読む夫。

壁側で手紙を書く妻。

会話はいらない。