あるおはなし このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 11 |
2008 | 01 | 03 | 04 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 01 | 02 | 04 | 05 | 12 |
2010 | 03 | 05 | 12 |
2011 | 02 | 04 | 09 |
2014 | 02 |
2015 | 08 |

2007-01-04適宜加筆修正します

[]書きたいこと・伝えたいこと 23:46 書きたいこと・伝えたいこと - あるおはなし を含むブックマーク はてなブックマーク - 書きたいこと・伝えたいこと - あるおはなし 書きたいこと・伝えたいこと - あるおはなし のブックマークコメント

  • この社会は表面上自由があるが、実質はシステム上の有象無象の制約があり、それが時に人を苦しめることになる
  • そのシステムに抗おう、システムを変えようと思ってもどうにもならない
  • システムを変えたければ然るべき地位につけ、という言説があるが、実際には「然るべき地位」についてもどうにもならない
  • システムに反感を持っている人間システムを維持している一人であるというケースがあり、それはその人を更に苦しめる
  • 人と人とは解りあえないが、それを前提にした「解りあえる付き合い」があるはずだ
  • この世の中はどうにもならない社会であるが、それなりに納得して生きる術があるはずだ

2006-12-11

[] 00:38 2006-12-11 - あるおはなし を含むブックマーク 2006-12-11 - あるおはなし のブックマークコメント

仮に、自分がもし高校舞台にしたお話を書こうと思ったら、舞台は「地方都市の県立高校」になるだろう。なぜかというと、自分の想像力がそこにしか及ばないからだ。都内の私立高校とか都立高校なんてことには絶対にならない。

地方都市の県立高校ベースにして、自分がおくりたくてもおくれなかった高校生活を妄想たっぷりに書くことになるのだろう。

2006 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 11 |
2008 | 01 | 03 | 04 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 01 | 02 | 04 | 05 | 12 |
2010 | 03 | 05 | 12 |
2011 | 02 | 04 | 09 |
2014 | 02 |
2015 | 08 |