あるおはなし このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 11 |
2008 | 01 | 03 | 04 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 01 | 02 | 04 | 05 | 12 |
2010 | 03 | 05 | 12 |
2011 | 02 | 04 | 09 |
2014 | 02 |
2015 | 08 |

2014-02-18

[] 22:57 2014-02-18 - あるおはなし を含むブックマーク 2014-02-18 - あるおはなし のブックマークコメント

口付近の橋で、親戚と共に河の中を見ている。水の中には色々な大きい魚、しか普通では見られないような魚がたくさん泳いでいてそれが肉眼ではっきりと見える。釣り糸を垂れれば簡単に釣れそう。

河を見ながら橋から川沿いを河口に向けて歩く。一人で歩いている筈なのにまるで軽トラの荷台に乗っているかのような加速っぷりで慣性の力が自分に働くのをはっきりと認識できた。因みに自分の足は殆ど動かしていない。

ゲスト



トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/chanbara/20140218
2006 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 06 | 11 |
2008 | 01 | 03 | 04 | 08 | 09 | 10 | 11 |
2009 | 01 | 02 | 04 | 05 | 12 |
2010 | 03 | 05 | 12 |
2011 | 02 | 04 | 09 |
2014 | 02 |
2015 | 08 |