-N-t-S-d- このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-11-02

第二回ファック文芸部杯で起こりうること

第二回ファック文芸部杯で起こりうること - -N-t-S-d- を含むブックマーク はてなブックマーク - 第二回ファック文芸部杯で起こりうること - -N-t-S-d- 第二回ファック文芸部杯で起こりうること - -N-t-S-d- のブックマークコメント

というわけでもう始まってるわけですが、ちょいと思った所を書いておきます。

今回のレギュレーションは http://neo.g.hatena.ne.jp/bbs/10 にあります。まだ読んでない方はぜひご一読を。

さて、読んでいただければ分かるとおり、第二回ファック文芸部杯に参加するにあたって必要なプロセスは、大まかに言って二つです。

  1. はてな匿名ダイアリーに記事を投稿する
  2. 投稿者がその記事は自分が書いたものだと表明する

この二つを満たさなければ第二回ファック文芸部杯参加作品とはみなされません。

ここでポイントになるのが2つ目のプロセス。これは2007-12-03以前であれば、いつ表明しても構いません。ですが表明しなかった場合は何作品投稿していようと、参加したことにはなりません。

つまり、参加する気満々でブックマーカーを釣る要素満載で書き込んだ作品が不発に終わった場合、黙っていれば、それがファック文芸部杯参加作品だとは誰にも指摘できないわけです。失敗したらバックレることができるんです。

逆に、何の気なしに書いたエントリが、まかり間違って人気エントリーなんかになった時は、後出しで「これ実はファ文杯参加作品なんですよへへへ」って言うこともできるってことなんです。

で、何が言いたいかというと「はてなユーザーの皆さん、ちょっとこの機会に創作してみませんか」ってことなんです。

別にフィクションじゃなくてもいいです、実話であっても立派な文芸です。それを書くときに今までよりもちょっとだけ読者の受けを狙ってみませんかという話です。

狙って書いて外したら恥ずかしいじゃないかって? そんときゃ黙ってればいいんです。なんたって舞台は匿名ダイアリー、はてなの不手際さえなければ誰が書いたかわかりゃしません。

んで、もしも受けたなら、それはそれで遠慮なく自分の手柄にしちゃってください。「これは自分が書きました。ファック文芸部の名を冠した大会で部外者が勝っちゃってすいません。えへへ」って威張ってください。

そしたら僕らは凄い勢いで悔しがりますから。

繰り返しになりますがもう一度言います。はてなユーザーの皆さん、この一ヶ月、はてな匿名ダイアリーで文芸に挑戦してみませんか。