-N-t-S-d- このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-07-18

『火葬国風景』、『十八時の音楽浴』、『十八時の音楽浴 漆黒のアネット』感想

| 『火葬国風景』、『十八時の音楽浴』、『十八時の音楽浴 漆黒のアネット』感想 - -N-t-S-d- を含むブックマーク はてなブックマーク - 『火葬国風景』、『十八時の音楽浴』、『十八時の音楽浴 漆黒のアネット』感想 - -N-t-S-d- 『火葬国風景』、『十八時の音楽浴』、『十八時の音楽浴 漆黒のアネット』感想 - -N-t-S-d- のブックマークコメント

『火葬国風景』,海野十三

僕らの大好きな昭和がここにある。実際に昭和を生きた人が書いた文章が、僕らの幻想昭和欲を満たしてくれるという奇妙な感覚。これが文芸っていうフィルターの効果なんだろうなあと思う。

いかがわしくておどろおどろしいタイトル登場人物(甲野八十助、鼠谷仙四郎とか言う大仰な名前がいい)、棺桶経由火葬国行きの描写。そこに象徴的に存在を示唆されるマドンナ「露子」。ああ、こりゃあいじりたくもなるよなあ。

『十八時の音楽浴』,海野十三

(なんかヤバいものを)打って変わってSF的なディストピアが描かれる。さわやかなイメージも浮かぶ「音楽浴」というフレーズは、洗脳音楽のことだった!

ああ、海野十三ってこういう人なんですね。

「ピシーリ」なんていう擬音が自然に出てくる感じが、本物なんだと思う。

国民洗脳する音楽という為政者にとってはドラえもん秘密道具のような便利アイテムだけど、使い方を間違えるとひどい目にあうよという定型スタイルに、科学者コハク博士政治家アサリ女史の対比や、洗脳のもとでも、いや、だからこそ様々な息抜きを見つけ出す国民の姿などを織り交ぜつつ、物語ラストへと走っていく。その辺のがけっぷちへの疾走感と、飛び降りた先に見えるラストが気持ちいい。

『十八時の音楽浴 漆黒のアネット』,ゆずはらとしゆき

本作の副題にもなってる「アネット」というキャラクターは、原作『十八時の音楽浴』でちょろっと登場するだけなんだけど、このタイトルを見て、ああなるほど、そこを膨らませるのか、ライトノベルになるとそうなるのか、と思ったのだけど、そんな生易しいもんじゃなかった。

コハク博士眼鏡っ子になってるのはともかくそんなにエロい話じゃありませんからっ、「幸福(エクスタシー)得たけりゃ肛門よ」せんせーっ、ゆずらせんせーっ!

とまあ、そんな風にも思うけど、基本的には話の筋は原作に忠実で、エロさも、膨らませる方向を了解すれば、間違いなくそのエッセンス原作に含まれているものだし、その辺に海野十三恐るべしの感を得ずにはいられません。

で、ゆずはら先生創作力が発揮されてるのは、原作の二編を結びつける理屈でっち上げる部分なわけですが、これがまた。「漆黒のアネット」の意味がわかるときには素直に感心したし、そこから『火葬国』の描写につなげていく文脈のうねりには興奮を禁じえませんでした。

でもまあ閉じた話というより、思考ループに閉じ込められる感じで、その辺の浮き足立たされた感触も嫌いじゃありません。

通して

海野、ゆずはら、両作者の持つ「文芸」という言葉へのこだわりはうれしかったです。

三次創作の線もいくつか考えていたのだけど、そのタネが次々つぶされていくのは悔しかったです。

あと、duke565さんの『スフィア』を思い出した。直接は関係ないけど。

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/comnnocom/20070718