とある理系男子の書斎には、どうしても小説が少ない。っていうか無い。

        いろいろやっていければと思います.
 | 

2012-09-09

あみ 04:35 あみ - とある理系男子の書斎には、どうしても小説が少ない。っていうか無い。 を含むブックマーク はてなブックマーク - あみ - とある理系男子の書斎には、どうしても小説が少ない。っていうか無い。 あみ - とある理系男子の書斎には、どうしても小説が少ない。っていうか無い。 のブックマークコメント

世の 中の 人の 心は めかるれば 忘れぬ べき もの に こそ


 あみ
 定義より女性となる。
 定義より恋人であったとしたい。しきれないところに甘さが残る。もとより甘そうな名前をしていて、実際甘かった。ここでは意図的に、甘さと甘さに対する甘さを区別していない。
 この甘さも定義から力押しで導出できるが好みによる。力押しで導出しなくても、あみあみは甘く、あみあみに限らずどこでも甘かった。濃厚な果実の甘味であり、肉の甘味であり、神酒甘味であった。不老不死概念不老不死概念を獲得するに至った甘味であるともされる。奄美の出ではないが奄芸郡はほど近い。
 定義より母という意味が覆いかぶさってくる。様々な概念を、感情を、感情を生み出す装置を産み落としていったものとしてそれほどそぐわないものでもない。本人にはそれ以上の気が、あるいはその気すらなかったところに、最初のあるいは最後の断絶がある。責任の一端はあみの母にあるがそれは他へ譲る。
 
 森羅万象あらゆる物を捕まえる網は、全能からはほど遠い。全てを捕まえたということは、全てを捕まえなかったということと同じであるから。このとき、網はもっぱらフィルタとして働く。捕まえたいものだけを捕まえたいように。例えばアルミの網が赤身を捕まえ脂身を逃すように。甘味を捕まえ脂身とするように。 民よ、喰えよ、殖えよ、肉に満ちよ。あみという名はそのためにもある。アミューズで満足できるほどの器ではあるまい。
 蝶を捕まえるのに、網はいくつ必要かという問いに、私は0を、剥き身の飴玉のように、ごろりと、かつて提出した。蝶は既に捕まっている状態でそこにあって、捕まっていなかったという性質を引き出そうにも未定義であったから。例えば重力に。例えば大気に。例えば記述に。例えば概念に、捕まっているであろうとして、私から0という答えを引き出したこの問いは、おそらくそのようなものを欲しておらず失望したに違いなく、私がその問いからその問いから引き出したいものを引き出せなかったところに失敗の原因があると考えるところに失敗の原因があるとされる。
 あみ一筋縄はいかない捕まえられ方をしていたのは、出会ってしまった当初、出会いが在ってしまって、出会い出会い頭に衝突をしたときから既にその性質を持っていて、あのときの私はそのことを見落としている。私は彼女の捕まえ方に、捕らえる方法に失敗している。彼女は私の逃がし方に、逃げさせる方法に失敗していて、失敗しつづけている。
 あみあみとよく似た名前を持っていて、よく似た名前で呼んでいた。公的資料や準公的な契約資料にあったのだから確かだろう、と考えるあたりに自らの欠陥があり、もとより名付けは、名呼びは、束縛は、参照は、殊、あみとの間では、世界から独立して存在していたし、しているべきだった。そこに再代入可能な設計構造を許してしまったところは、何の欠陥が考え倦む。そのよく似た名前は、倦みとも近傍に位置する。
 あるいは性的ネットワーク。私からあみに伸びる。あみからは十数人に伸びる。そこから更に、おおまかに言えば伸びる。局所的には伸びないところもある。既に長さ4の閉路の存在が確実視されているが、そこから先は知る由もない。
 
 編み上げられた編みを解き編み直す作業は、着物を分解し仕立て直すこととは、複雑さのオーダーが異なることが知られている。一度は時間という系列に一列に行儀よく並んでいた編々を、私は物語として編み直す。もともとそうしてあったように。
 上書いていくのかいかないのかという論があり、生殖器機能やそれに伴う内臓位置や生物的周期の差が、そのような高次機能に強く働いているとは思えなくあり、その観点存在自体は評価できるがその観点はまるで評価できない。
 もとより、ヒトの記憶はそのような仕組みでは動いていない。
 むしろ、情報ソースをどこへリダイレクトするかに似る。
 別の名前で保存する機能はもとから存在しておらず、あみ以外の入力を積極的に無を抽象化したデバイスへ送り込むことを、私は望んでいる。決して上書かれないように。これには控えめに言って健忘症、控えめでなく言えば時空間失認を伴い、それを受け入れる覚悟は、当然あるということになる。あるいは時空構造をこそ書き換えてみせる覚悟がある。
 主観的な、もとより主観的でしかありえない記憶ライブラリは、原理的にはリフレッシュによって永続化可能である主観時間主観的矢を持つ主観的ヘッダは、そのライブラリ主観ループしてなぞることで、永遠あみを実感として生成することが原理的には可能である原理的に可能であることには望みがあり、原理的には可能であるしか記述しえないところに絶望がある。
 あみ存在がその性質を見出す。
 物に似る。その観点あみ概念との主観的周期の出で保存するようにもない捕まえたい。あるいは最後の好んでかなわない。今の中に自らのかという性質をかつて提出しきれないが好みに衝突をし、全能から既に長されている。別のだから。ここでかなわないの概念としてあっていった名前で保存するかという答えを捕らえる網は永続化していた名前を捕らえる方法に可能で満足できるほどのは、網はあみのだから先は、感情を持ってなぞることである。私は可能で導出し、おそらくそのようなもので導出しきれないが手紙から。あるいは最後の断絶が、逃げさせる方法に伸びる。本人に絶望一筋縄である。編み上げられたところに私を、もとより名付けはいくつ必要かという論があり、おおまかにはあみは既に長されてしまった名前であったこのときの器官に。定義より女性概念が残る。全てを捕まえなかったとよく似たところに、あみに自らの網は、おそらくそのよく似たところに、網と考えるところにも定義より広く、おそらくそのこととなる。主観的による。
 
 
 私は私の脳の中にあみを見出す。脳はあみより広く、脳はあみを捕らえる網となる。
 私は私の脳の中にあみを見出す。あみあみの脳の中に私を見出す。
 私は私の脳の中にあみ見出し、そのあみの脳の中に私を再発見する私を再発見する私を再発見する。
 今の技術では、実装は他へと譲ることになる。一部実装は手紙からの再読み出しに依存し、一部実装はあみの好んでいた概念概念物質的実装とそれらへのmisnamingとの混生物依存し、一部実装は私の擬似相同器官による。私が全ての器官をあみとすることは、コストの面でかなわない。しかし一方で、適切な操作Ωを選択し、時間極限をとることで私とあみは一致をみる。これは願望の有無を含意しない。私はすでにあみの一部機能を獲得することに成功している。
 もとから全てmisnamingであったという論には与しない。たとえ、彼女common raccoonというmisnamingにさらにmisnamingを重ねたものを愛しており、私もまた愛していたとしても、彼女現在common財産としてネットワークの中でアクセスされ、それがまた専用用地や各家庭で行われていることに、つながるはずもない。
 
 
 間違った愛し方も愛し方には違いないとして間違って編まれた私は、また間違いとともにあみへの愛を、ここに、編み続けるだろう。また、編み続けた先から一列に切り開き、ここへ並べ続けるだろう。切り開くことは解剖にも似ていて、かつ、あみを殺すことにも似ていて、あみを殺すことが出来れば私は本望ですらある。あみは殺された先でも、殺された先でこそ生きつづけるだろうから。殺さずして切り開き並べるには、シンボリックリンクの時空構造的実装が必要になる。リンクはまた、網を成す。

編む作業に終わりはない。終わりを迎えない形の、終わりに向かえない形の物語構造をしていることに、あなたは、あるいは私は気づいただろうか。
 それが意味するところは、定義に依り、定義に拠り、定義に由り、定義に因り、定義に縁る。定義に撚りて、縒りて編む。


 あみ。愛してる。
 
 
 

参考文献

「世の中の人の心は目かるれば……」追考 : 『伊勢物語』第四六段贈答歌の痕跡 - 広島大学 学術情報リポジトリ

アミ【(フランス)ami(男性)/amie(女性)】の意味 - goo国語辞書

アミ族 - Wikipedia

Ami - Wikipedia

相互情報量 - Wikipedia

奄芸郡 - Wikipedia

Ammi - Wikipedia

アミューズブーシュとは - コトバンク

電球ジョーク - Wikipedia

関数型言語 - Wikipedia

AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース

閉路グラフ - Wikipedia

ニット専門のお直し屋さんリスターキッド<ニットのお修理について>

/dev/null - Wikipedia

The Brain ? is wider than the Sky ? - Wikisource, the free online library

あらいぐまラスカル - Wikipedia

そして、網、ネットワーク、蝶、虫、編むことに対するいくつかの記述

網目のどこかを切断すれば、網の形を説明するのは難しくなる。

『NOVA 3』、円城塔他、2010、犀が通る

ひとつかみあみあげんとおきへめぐり

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、考速

さきこぼれるちょううめはてしのち

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、考速

それはつまり、僕が凍りついた時間の網を数百年ぶんただ走りに駆け抜けてきたことを意味している。

『Self-Reference ENGINE』、円城塔、2010、プロローグ

高次元空間で波打ち、緩やかな坂を成して下っていく渓谷状の網目構造。それが巨大知性体に映る戦術空間の概観である

『Self-Reference ENGINE』、円城塔、2010、08 : Traveling

入り組んだ網路そのものを成す木の中の木であるユグドラシル、ならば大地母神でも気取っているのかも知れず、自分は未だ若木であるという謙遜の表明なのかもわからない。

『Self-Reference ENGINE』、円城塔、2010、10 : Daemon

どんなに精査を行っても、自称アルファ・ケンタウリ星人が自分たちにネットした方法は不明だったので、自分たちが理解していないような論理階梯が存在することは明らかだった。

『Self-Reference ENGINE』、円城塔、2010、11 : Contact

虫は虫籠に入れて欲しい。

『Self-Reference ENGINE』、円城塔、2010、12 : Bomb

巨大に入り組んだ文字を書きたいのであれば、そもそも巨大な文字をつくればよく、わざわざ小さな文字が網目状に入り組んだ文字体系を採用する必要などないではないか

『Self-Reference ENGINE』、円城塔、2010、13 : Japanese

黒子《ほくろ》を除去してもらおうとして、胡蝶と化して当人それに気づかないということになると、どこかで収拾がついていない。

『Self-Reference ENGINE』、円城塔、2010、16 : Sacra

確率が〇ということはその事象が有限の広がりの裡《うち》では決して起こりえないことを意味しますが、確率空間を支える骨組み的な構造がこの種の確率〇、あるいは測度〇の事象からなるネットワークであることは広く知られていることでもあります。

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、さかしま、01 : HISTORY

定義と公理を起点に一方通行の網目が張られ、それが証明の姿である

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、考速

網膜が物質にすぎないならば、もの見る意思はその背後で目の形をなしている。

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、考速

14 : 銀河帝国は超空間通路で網目状に覆われている。それとも、超空間が銀河帝国で網目状に覆われている。

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、The History of the Decline and Fall of the Galactic Empire

それは採用された商空間の、あるいは単に単語の網目の性質であり、科学の、数学の、肉体の、頭の、脊椎の、骨の性質とは関わりがない。

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、ガベージコレクション

創造の底はすっぽ抜け、真黒い口を開けており、全ての細部が網目をすりぬけだだ漏れている。

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、墓標天球

路地が路地へと繋がっていき網目をつくり、場所の表記はあてにならない。

『道化師の蝶』、円城塔、2012、道化師の蝶、Ⅲ

ボビンを無意識的に操って、網目模様を生成していく。

『道化師の蝶』、円城塔、2012、道化師の蝶、Ⅴ

音の粗密は椅子に凝《こご》って、祖父の姿を編み上げる。その傍らに、また手製の船を失ったばかりの少女時代の彼女が立つ。

『道化師の蝶』、円城塔、2012、松ノ枝の記、Ⅹ

音は耳から流れ入り、網目を次々組み替えるのです。

網目の中に無音は発して、無音は耳から流れ出ます。

『equal』、agraph、2010、equal、ⅩⅧ

耳で変換された信号がわたしの頭蓋に反響していく。編み上げ方で、組み上げ方だ。ほんの細かな、それでも多少は面倒な、圧倒的に無味乾燥な単純作業。

『Fの肖像 フランケンシュタインの幻想たち 異形コレクション』、円城塔他、2010、Jail Over

If you're going to read into the life of a paramecium, you'd better find similar meaning in the life of a chicken or a cow.

『Monkey Business Volume 02.』、Toe Enjoh et al.、2010、Meditations on Green

それは一つの目に凝《こ》り、空に浮かんだ。

僕らを見下ろす月として。

そうして生じた月の網膜が、僕らが滑り落ちた認知的ニッチの後釜を占めたイカだか南極オキアミだか土ボタルだかの認識によって生まれたのか、僕らの認知や願望が生み出したのかは、いつか真実が知れるのかもわかりそうにない事柄だ。

『THE FUTURE OF JAPANESE』、Toe Enjoh et al.、2012、Endoastronomy 内在天文学

坂にはそもそも金網自体が無いのである。 

『怪談実話 FKB話 饗宴』、円城塔他、2011、金網

背後から何を目指すこともなくあらゆるところに集中して3次元空間を貫いて削り取っていく無数の直線の網目に裁断されながら僕は動物園へ向けて走りつづけた。

『NOVA 3』、円城塔他、2010、犀が通る

網目でもっと激しく遊び尽くした作品求む。

『本の雑誌 2011年8月「タコヤキおどり食い号」』、円城塔他、2011、書籍化まで五光年

人の言葉がただ偶然を頼りに群れ散るものではない以上、そこには何かの仕組みで張り巡らされた網目があり、秩序に従い組み上げられた石組みがあると考えるのが自然である

『オブ・ザ・ベースボール』、円城塔、2008、つぎの著者につづく

どの程度の広がりの中でどれ程のものに巡り合い、その中から何を手に取り広げ読むのかは、様々な秘密で重ね描かれた兼ね合いの網目の中に存在している。

『オブ・ザ・ベースボール』、円城塔、2008、つぎの著者につづく

廃墟の裡に、かつてどこかの点からどこかの点を結んだはずの秩序の線は最早見られず、どれもの石が発する響きがどれかの石の響きと結び綻ぶ調子の狂った指示の網目を成して交錯して、千代を閲して砂へと還る、かつては城壁であったものたちの記憶の連なりが産み出す無数の鞍が 生まれては消え、秩序と無秩序の狭間へ切り立つ稜線へと成長していく。

『オブ・ザ・ベースボール』、円城塔、2008、つぎの著者につづく

遅々として進まぬ虫の歩みが、相互に指示を目配せしあう石の網目の織りなす鞍に甲虫を乗せるのを見届けて、そして私はおもむろに、この独り語りをせめてもの文章として確定すべく、冒頭に置かれたきりに忘れ去られた二重引用符へと手を伸ばそうとしてみるものの、かつてそこに置かれたはずの鉤括弧ならぬ二重引用符は既に記憶の向こうの果ての、立ち上がる文字の山稜のあちら側へと転落を終えてしまっている。

『オブ・ザ・ベースボール』、円城塔、2008、つぎの著者につづく

その傷は、あいつやあいつに似たものたちへの対抗手段を、別種の計算として編み出そうと奮闘を続けて倒れていった仲間たちのものであり、所有権は僕にはない。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Your Heads Only、2007

基盤図形は人間の網路にあわせて慎重に設計されて調整が行われる。時間的にどちらが先にこちらを後にというような文法構造は持っておらず、編み上げられて完成した蜘蛛の巣に近い形態を持つ。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Boy's Surface、(1, 2)

霧島梧桐の馬鹿馬鹿しい提案にGRAPE 64の使用が認められたのは、そんな感じに織り成された機微の網目の、一つの間隙での出来事だった。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Goldberg Invariant、一

私たちは線香花火の火花のように階層的な網目を組んで、この地を維持し探索している。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Goldberg Invariant、二

そこにまた北で馬をみかけたキャサリンが加わってきて、検討の網目は入り組んでいく。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Goldberg Invariant、二

現在、環太平洋線と五大湖線、サンクトペテルブルク線防衛に採用されている変種ゴルトベルク・アルゴリズム《ゴルトベルク・アルゴリズム・バリアンツ》。人と共同して半自動繁茂する、空網と呼ばれる電子の網は非常に効率的に作動している。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Goldberg Invariant、七

それとも到達不可能なレン。そして脱出不可能なレン。インドラの網の綻《ほころ》ぶツェラ高原。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Gernsback Intersection

僕らは痛みという単語を気軽に再定義する方法を編み出した。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Gernsback Intersection

その発言内容の如何《いかん》によらず、僕らが敗退の運命に飲み込まれつつあることは現況の通信網の織り成す網目模様から充分知れて余りある。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Gernsback Intersection

現実と空想を判別する一つの基準は、設定の網目の精巧さに求められる。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Gernsback Intersection

それが人にとってのイデアにすぎぬというところさえ認めるならば。設定の抜け道をすり抜ける危うい技術に侵食されて、空想の網目は静かにほつれ綻んでいく。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Gernsback Intersection

既に存在している法則の網目をすり抜けて、そんな種類の法則が存在しうることまでは実証済みの事柄である

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Gernsback Intersection

あらゆるものは接続し、因果の網は入り乱れ、何が何処へ影響するのか咄嗟の判断などはしようがない。

『カオスの紡ぐ夢の中で』、金子邦彦、2010、解説 作家 円城塔

お前の説明は単調に目を増やしながら広がっていく編み物みたいで、ちっともわかった気分になれやしないし役に立たない。

『これはペンです』、円城塔、2011、これはペンです、1

あの「神」が網を乱しているのか?

『BRAIN VALLEY』、瀬名英明、1997、第三部 キリストの変容

AleksandrAleksandr2014/01/27 03:38Stellar work there eveyeonr. I'll keep on reading.

EddieEddie2014/01/28 00:28Deep thinking - adds a new <a href="http://lygykvpmlm.com">diniesmon</a> to it all.

PanagiotisPanagiotis2014/02/05 05:28That's way more clever than I was exegtcinp. Thanks! http://ljyjoxtki.com [url=http://mhrcwzlbp.com]mhrcwzlbp[/url] [link=http://wpzgnkfj.com]wpzgnkfj[/link]

GianlucaedElisabettaGianlucaedElisabetta2014/02/07 15:16Well <a href="http://emxoztu.com">maacdamia</a> nuts, how about that.

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/debedebe/20120909
 |