とある理系男子の書斎には、どうしても小説が少ない。っていうか無い。

        いろいろやっていければと思います.

2012-12-09

neo:debedebe:2012 15:52 neo:debedebe:2012 - とある理系男子の書斎には、どうしても小説が少ない。っていうか無い。 を含むブックマーク はてなブックマーク - neo:debedebe:2012 - とある理系男子の書斎には、どうしても小説が少ない。っていうか無い。 neo:debedebe:2012 - とある理系男子の書斎には、どうしても小説が少ない。っていうか無い。 のブックマークコメント

活動量の少ない1年でした。

2011年の君はどこへ行った。

2011年の君を失った私は大きく悲しんでおり、

2011年のまとめを2011年にできなかったことを私は悔いており、

2011年のまとめを2011年にできたでろう君を2011年の年末に亡くしたことは私にとって損失であった。

彼にしかできなかった仕事は彼にしかできなかったはずなので言及はこれぐらいにして、

私の話をしましょう。3件あります。

自辟1

http://neo.g.hatena.ne.jp/debedebe/20120220/1329738601

  • 自己言及という構造にいつまで甘んじているの
  • 年々硬直化する膠着する文体はどうにかならないの

ということを悩んだ挙句の産物。

自辟という二字熟語は自分で考えたものだと思うのだけど、その記憶も今はない。おぐぐりください。

あみ

http://neo.g.hatena.ne.jp/debedebe/20120909/1347132941

私から捧ぐ愛です。

参考

「世の中の人の心は目かるれば……」追考 : 『伊勢物語』第四六段贈答歌の痕跡 - 広島大学 学術情報リポジトリ

(フランス)ami(男性)/amie(女性)(アミ)の意味 - goo国語辞書

アミ族 - Wikipedia

Ami - Wikipedia

相互情報量 - Wikipedia

奄芸郡 - Wikipedia

Ammi - Wikipedia

アミューズブーシュとは - コトバンク

電球ジョーク - Wikipedia

関数型言語 - Wikipedia

AIDS/STI-related database Japan エイズ/STI関連データベース

閉路グラフ - Wikipedia

ニット専門のお直し屋さんリスターキッド<ニットのお修理について>

/dev/null - Wikipedia

The Brain ? is wider than the Sky ? - Wikisource, the free online library

あらいぐまラスカル - Wikipedia

そして、網、ネットワーク、蝶、虫、編むことに対するいくつかの記述。

網目のどこかを切断すれば、網の形を説明するのは難しくなる。

NOVA 3』、円城塔他、2010、犀が通る

ひとつかみあみあげんとおきへめぐり

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、考速

さきこぼれるちょううめはてしのち

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、考速

それはつまり、僕が凍りついた時間の網を数百年ぶんただ走りに駆け抜けてきたことを意味している。

Self-Reference ENGINE』、円城塔、2010、プロローグ

高次元空間で波打ち、緩やかな坂を成して下っていく渓谷状の網目構造。それが巨大知性体に映る戦術空間の概観である。

Self-Reference ENGINE』、円城塔、2010、08 : Traveling

入り組んだ網路そのものを成す木の中の木であるユグドラシル、ならば大地母神でも気取っているのかも知れず、自分は未だ若木であるという謙遜の表明なのかもわからない。

Self-Reference ENGINE』、円城塔、2010、10 : Daemon

どんなに精査を行っても、自称アルファ・ケンタウリ星人が自分たちにネットした方法は不明だったので、自分たちが理解していないような論理階梯が存在することは明らかだった。

Self-Reference ENGINE』、円城塔、2010、11 : Contact

虫は虫籠に入れて欲しい。

Self-Reference ENGINE』、円城塔、2010、12 : Bomb

巨大に入り組んだ文字を書きたいのであれば、そもそも巨大な文字をつくればよく、わざわざ小さな文字が網目状に入り組んだ文字体系を採用する必要などないではないか。

Self-Reference ENGINE』、円城塔、2010、13 : Japanese

黒子《ほくろ》を除去してもらおうとして、胡蝶と化して当人それに気づかないということになると、どこかで収拾がついていない。

Self-Reference ENGINE』、円城塔、2010、16 : Sacra

確率が〇ということはその事象が有限の広がりの裡《うち》では決して起こりえないことを意味しますが、確率空間を支える骨組み的な構造がこの種の確率〇、あるいは測度〇の事象からなるネットワークであることは広く知られていることでもあります。

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、さかしま、01 : HISTORY

定義と公理を起点に一方通行の網目が張られ、それが証明の姿である。

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、考速

網膜が物質にすぎないならば、もの見る意思はその背後で目の形をなしている。

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、考速

14 : 銀河帝国は超空間通路で網目状に覆われている。それとも、超空間が銀河帝国で網目状に覆われている。

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、The History of the Decline and Fall of the Galactic Empire

それは採用された商空間の、あるいは単に単語の網目の性質であり、科学の、数学の、肉体の、頭の、脊椎の、骨の性質とは関わりがない。

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、ガベージコレクション

創造の底はすっぽ抜け、真黒い口を開けており、全ての細部が網目をすりぬけだだ漏れている。

『後藤さんのこと』、円城塔、2012、墓標天球

路地が路地へと繋がっていき網目をつくり、場所の表記はあてにならない。

『道化師の蝶』、円城塔、2012、道化師の蝶、Ⅲ

ボビンを無意識的に操って、網目模様を生成していく。

『道化師の蝶』、円城塔、2012、道化師の蝶、Ⅴ

音の粗密は椅子に凝《こご》って、祖父の姿を編み上げる。その傍らに、また手製の船を失ったばかりの少女時代の彼女が立つ。

『道化師の蝶』、円城塔、2012、松ノ枝の記、Ⅹ

音は耳から流れ入り、網目を次々組み替えるのです。

網目の中に無音は発して、無音は耳から流れ出ます。

equal』、agraph、2010、equal、ⅩⅧ

耳で変換された信号がわたしの頭蓋に反響していく。編み上げ方で、組み上げ方だ。ほんの細かな、それでも多少は面倒な、圧倒的に無味乾燥な単純作業。

『Fの肖像 フランケンシュタインの幻想たち 異形コレクション』、円城塔他、2010、Jail Over

If you're going to read into the life of a paramecium, you'd better find similar meaning in the life of a chicken or a cow.

『Monkey Business Volume 02.』、Toe Enjoh et al.、2010、Meditations on Green

それは一つの目に凝《こ》り、空に浮かんだ。

僕らを見下ろす月として。

そうして生じた月の網膜が、僕らが滑り落ちた認知的ニッチの後釜を占めたイカだか南極オキアミだか土ボタルだかの認識によって生まれたのか、僕らの認知や願望が生み出したのかは、いつか真実が知れるのかもわかりそうにない事柄だ。

『THE FUTURE OF JAPANESE』、Toe Enjoh et al.、2012、Endoastronomy 内在天文学

坂にはそもそも金網自体が無いのである。 

『怪談実話 FKB話 饗宴』、円城塔他、2011、金網

背後から何を目指すこともなくあらゆるところに集中して3次元空間を貫いて削り取っていく無数の直線の網目に裁断されながら僕は動物園へ向けて走りつづけた。

NOVA 3』、円城塔他、2010、犀が通る

網目でもっと激しく遊び尽くした作品求む。

『本の雑誌 2011年8月「タコヤキおどり食い号」』、円城塔他、2011、書籍化まで五光年

人の言葉がただ偶然を頼りに群れ散るものではない以上、そこには何かの仕組みで張り巡らされた網目があり、秩序に従い組み上げられた石組みがあると考えるのが自然である。

『オブ・ザ・ベースボール』、円城塔、2008、つぎの著者につづく

どの程度の広がりの中でどれ程のものに巡り合い、その中から何を手に取り広げ読むのかは、様々な秘密で重ね描かれた兼ね合いの網目の中に存在している。

『オブ・ザ・ベースボール』、円城塔、2008、つぎの著者につづく

廃墟の裡に、かつてどこかの点からどこかの点を結んだはずの秩序の線は最早見られず、どれもの石が発する響きがどれかの石の響きと結び綻ぶ調子の狂った指示の網目を成して交錯して、千代を閲して砂へと還る、かつては城壁であったものたちの記憶の連なりが産み出す無数の鞍が 生まれては消え、秩序と無秩序の狭間へ切り立つ稜線へと成長していく。

『オブ・ザ・ベースボール』、円城塔、2008、つぎの著者につづく

遅々として進まぬ虫の歩みが、相互に指示を目配せしあう石の網目の織りなす鞍に甲虫を乗せるのを見届けて、そして私はおもむろに、この独り語りをせめてもの文章として確定すべく、冒頭に置かれたきりに忘れ去られた二重引用符へと手を伸ばそうとしてみるものの、かつてそこに置かれたはずの鉤括弧ならぬ二重引用符は既に記憶の向こうの果ての、立ち上がる文字の山稜のあちら側へと転落を終えてしまっている。

『オブ・ザ・ベースボール』、円城塔、2008、つぎの著者につづく

その傷は、あいつやあいつに似たものたちへの対抗手段を、別種の計算として編み出そうと奮闘を続けて倒れていった仲間たちのものであり、所有権は僕にはない。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Your Heads Only、2007

基盤図形は人間の網路にあわせて慎重に設計されて調整が行われる。時間的にどちらが先にこちらを後にというような文法構造は持っておらず、編み上げられて完成した蜘蛛の巣に近い形態を持つ。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Boy's Surface、(1, 2)

霧島梧桐の馬鹿馬鹿しい提案にGRAPE 64の使用が認められたのは、そんな感じに織り成された機微の網目の、一つの間隙での出来事だった。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Goldberg Invariant、一

私たちは線香花火の火花のように階層的な網目を組んで、この地を維持し探索している。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Goldberg Invariant、二

そこにまた北で馬をみかけたキャサリンが加わってきて、検討の網目は入り組んでいく。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Goldberg Invariant、二

現在、環太平洋線と五大湖線、サンクトペテルブルク線防衛に採用されている変種ゴルトベルク・アルゴリズム《ゴルトベルク・アルゴリズム・バリアンツ》。人と共同して半自動繁茂する、空網と呼ばれる電子の網は非常に効率的に作動している。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Goldberg Invariant、七

それとも到達不可能なレン。そして脱出不可能なレン。インドラの網の綻《ほころ》ぶツェラ高原。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Gernsback Intersection

僕らは痛みという単語を気軽に再定義する方法を編み出した。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Gernsback Intersection

その発言内容の如何《いかん》によらず、僕らが敗退の運命に飲み込まれつつあることは現況の通信網の織り成す網目模様から充分知れて余りある。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Gernsback Intersection

現実と空想を判別する一つの基準は、設定の網目の精巧さに求められる。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Gernsback Intersection

それが人にとってのイデアにすぎぬというところさえ認めるならば。設定の抜け道をすり抜ける危うい技術に侵食されて、空想の網目は静かにほつれ綻んでいく。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Gernsback Intersection

既に存在している法則の網目をすり抜けて、そんな種類の法則が存在しうることまでは実証済みの事柄である。

『Boy's Surface』、円城塔、2011、Gernsback Intersection

あらゆるものは接続し、因果の網は入り乱れ、何が何処へ影響するのか咄嗟の判断などはしようがない。

『カオスの紡ぐ夢の中で』、金子邦彦、2010、解説 作家 円城塔

お前の説明は単調に目を増やしながら広がっていく編み物みたいで、ちっともわかった気分になれやしないし役に立たない。

『これはペンです』、円城塔、2011、これはペンです、1

あの「神」が網を乱しているのか?

『BRAIN VALLEY』、瀬名英明、1997、第三部 キリストの変容

弄い座

http://neo.g.hatena.ne.jp/debedebe/20121207/1354807603

僕はもう疲れました。

来年もよろしくお願いします。

SandSand 2013/01/14 07:54 Could you write about Physics so I can pass Sceicne class?

eakxtieakxti 2013/01/16 11:52 4167mK <a href="http://kdxihlvgmgha.com/">kdxihlvgmgha</a>

qwugokqwugok 2013/01/16 18:08 kXfgn9 , [url=http://fptirmxvjfpj.com/]fptirmxvjfpj[/url], [link=http://fwzxvhvjcipv.com/]fwzxvhvjcipv[/link], http://lgfuwmapdtaj.com/

ゲスト



トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/debedebe/20121209