Hatena::Groupneo

論理兵站 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-06-22

童貞の精液が貴重なわけなかろう

| 03:25 | 童貞の精液が貴重なわけなかろう - 論理兵站 を含むブックマーク はてなブックマーク - 童貞の精液が貴重なわけなかろう - 論理兵站 童貞の精液が貴重なわけなかろう - 論理兵站 のブックマークコメント

「たとえばこの汁で難病が治ったり」

「ばか者。童貞の精液が貴重なわけなかろう。世界中今日一日だけで、何千億匹の精虫が無為に死んでゆくと思っておる」

すべてを把握できない状態で探偵が

| 02:33 | すべてを把握できない状態で探偵が - 論理兵站 を含むブックマーク はてなブックマーク - すべてを把握できない状態で探偵が - 論理兵站 すべてを把握できない状態で探偵が - 論理兵站 のブックマークコメント

一同を大広間に集め、探偵は言った。

「さて、推理のための材料集めなのだが、これは完了しなかったことを皆様に報告しよう」

「また冗談を……」《私達》は探偵韜晦しているのだと思って、そう言った。「探偵捜査をして、捜査に基づいた推理を披露するものじゃないのかい」

そうでなければ、大団円が迎えられない。

馬鹿か君等は。全材料は出揃わないよ。だってこの館の曲率は負だからね」

たしかにこの館は巨大すぎた。巨大という言葉は適切ではないだろうか。

この館の主も、妻も、使用人も、客も、探偵も、生まれてこのかた館の外に出たことがなかったのだ。

窓を開けても、そこは中庭。玄関の位置を誰も知らない。

推理のための全材料を揃えようと思ったら、館のすべてをくまなく調査しなければいけない。

カオス理論バタフライ効果。

「蝶が羽ばたいただけで中国人が全員ジャンプして地震を起こすかもしれんしな。ねえそうだろう読者の諸君」

探偵は《私達》に、そう呼びかけた。この館の外にいる《私達》にもやはり《私達》を取り囲む宇宙という巨大な構造が存在し、すべてを判断することができなかった。わたしたちの館=宇宙の曲率は正負のどちらだろうか。探偵の問いにうまく答えることもできなかった。

探偵は笑った。

参考文献

あろひろし著『優&魅衣』『とっても少年探検隊』

曽祖父の日記4

| 02:00 | 曽祖父の日記4 - 論理兵站 を含むブックマーク はてなブックマーク - 曽祖父の日記4 - 論理兵站 曽祖父の日記4 - 論理兵站 のブックマークコメント

あとから見つかったノートの束は油紙に包まれていた。

だから開封するまで日記だとは思わなかったのだ。

http://neo.g.hatena.ne.jp/task/1/35

id:nandは、はてなに108のファック文芸部が築かれる事を望んでいます。つまり、1つのグループ内を私の意志でお茶の間カオスにしてしまう気はさらさら無く、108のファック文芸部がそれぞれの管理責任者を明確にした上で、「ファック文芸部」というコンセプト自体をコントロール不能な運命カオスに散らせてくれたら笑えるな、その時俺は初めて抗うだろう、と思っています。

差異が個々を際立たせますか

ファック文芸部セカイ系に立ち現れたシャカイ性ですか

カイてもいいですか

ヤッてもいいですか

これは檄文を書いた g:neo 創始者 nand 氏を引用したものか。曽祖父のコメント意味するところは?


id:extramegane の子孫よ

これを読んでいるか

はばたけ

文芸部ユニバース

もはや形而上に敵無し

わたしは斜線を引かない

子孫よ

わたしたちの先祖は海から陸に上がってきた開拓者だ

わたしたちが地表から宇宙へと上がらねばならなかったように、またわたしたちのはるか子孫は、この宇宙をも離れなければいけない

母から巣立つ子のように

すべてを飲みこむブラックホールチャイルドユニバース誕生させるように


宇宙ブラックホール

ファック文芸部ファ文サーガ

=母:子宮


わたしの曽祖父、id:extramegane は、一体なにを言いたかったのか。


ページをめくると、次のページに挟まっていた紙片が落ちた。

名刺ほどの大きさの黄ばんだ紙切れを拾って読むと、次のような文章が書かれていた。

*[blog文豪日記]おれの日記1
ファック文芸部のチャイルドユニバース
g:school-days
開設したよ☆

わたしは慌てて通信デバイスの電源を入れた。

中空に透過モニタを3枚引き出し、遠く離れたサーバを呼び出す。書庫を検索。

曽祖父の時代のウェブ情報を集める。

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/extramegane/20060622