Hatena::Groupneo

論理兵站 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-10-24

方便創作

| 18:47 | 方便創作 - 論理兵站 を含むブックマーク はてなブックマーク - 方便創作 - 論理兵站 方便創作 - 論理兵站 のブックマークコメント

仏教の本質は方便の向こう側、言葉にできないところにあるわけです。あると言われている。さて、下の記事で書いたところの、創作の系統図に連綿と繋がるエモーション。これは方便であると仮定できないでしょうか。

仏教重要とされている空の概念は、非Aの思想であると鈴木大拙先生はおっしゃっている。空とは「○○でない」の「○○」にすべてが入るものなのですね。空は物質ではない。現象ではない。充実でもないし欠損でもない。普通でもないし変でもない。ゼロでもない。無ですらない。なにもないところにある。畢竟「Aは非AであるがゆえにAである」につながります。

初期仏教教団の規律は「○○してはいけない」の箇条書きが延々と続くものだったそうです。「女を犯してはいけない」「男を犯してはいけない」「死体を犯してはいけない」「死体頭蓋骨を犯してはいけない」こんなのが本気であった(らしい)。頭おかしい。場当たり的に否定が増えていったのでしょう。翻ってファック文芸部には規律がありません。場当たり的に否定の否定が増えていったと言ったら、それは私の贔屓目でしょうか? 「『○○してはいけない』ということもない」の洪水です。その姿勢は「非AはAであるがゆえに非Aである」につながっていると感じられるのです。

韜晦して真理を隠匿する。おかしな極論の方便だけをあふれさせることで、受け手が真理を希求することを促す。ここにファックの極意があるような気がしてなりません*1

*1真言立川流とその他の種類の規律を持つ他宗派の比較が、あるいは参考になるかもしれない

extrameganeextramegane2007/10/24 20:36「否定の否定」がキーワードリンクされていたので初めてそういう考え方があるんだと知ったんですけど、どうやら一致してるみたい。

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/extramegane/20071024