Hatena::Groupneo

論理兵站 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-12-05

第二回ファック文芸部杯感想

| 09:59 | 第二回ファック文芸部杯感想 - 論理兵站 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第二回ファック文芸部杯感想 - 論理兵站 第二回ファック文芸部杯感想 - 論理兵站 のブックマークコメント

参加作品ゼロ

第二回文芸部杯での自分の役割は裏方作業だと勝手に見極め、anond にログインしないことを心がけた1か月でした。

普段読まない anond に目を通してブックマークし、g:neo 内では創作の擁護を行う。このふたつを軸に活動しました。ただし「その手段はエモくていい」。anond の記事をたくさんブックマークすれば、ブックマークされた人は次のエントリーを書いてくれるかもしれないし、あるいは無関係だった人が文芸部杯を知ることにつながるかもわかりません。そして、どうして anond でそういうことをやっているのかご存じないファック初体験の方にも伝わるような、一見さんをお断りしない書き方で、反論を書く。それが私の11月中の行動でした。

どうして裏方をしようと思ったのかというと、anond に書いて自分がブックマークを稼ぐより、断然そっちのほうが自分のため、かつ全体のためになるだろうと思ったからです。

反発が予想される局面下でも、みんなが書きやすくなるように、畑を耕す。これも兵站です。うまくできていたでしょうか。

結果、現実と虚構の境界について、またしてもゲップが出るほど考える機会をいただいた。何回書いても敵の残存兵力は減りません。不思議ですね。

賛同意見と反対意見

賛否両論ありがとうございました。

そもそも近代以降の人権思想を享受した人間であったら、「はてなアカウントを持ってりゃ anond 使えるのにフィクションだからノンフィクションだからっつって非難されたり追い出されたりするとは何事か」って話に持っていくのが正当であり妥当なところだと思うんですが、その程度に文明的な人間だったら抱くはずの意見が、外部からも、困ったことに内部からもなかったことから、ファック文芸部への風当たりの強さを認識し、というか部内には自由民権的な意識が皆無なのだなと思った次第でございます。板垣死す!!

完全にスタンドアローンで戦っていたのに、そっちの方向に話を持っていくやつが部内にいなくて、ほんとうにうれしい。「ファック文芸部がそこに活動を許されること」より「創作の自由を勝ち取ること」を優先する意識が浸透しているということなので、ほんとうにうれしい。

変化

で、ファック文芸部anond が関係したことによって状況はどのように変化したか。

外部から g:neo が知覚される範囲が、ほんの少し広がりました。しかしまだまだ、部員の個性が認識される段階ではないであろうと思われます。

それに反して、部内では相互の個性が認識されるようになっただろうと思います。

extramegane 賞

個人的にはこの作品に衝撃を受けました。

no title

これがいま2usersなんですけど、もっと得票してしかるべき。今からでもブックマークしたほうがいいです。

extrameganeextramegane2007/12/05 10:18そう思い込みたいのですね?
> どうして裏方をしようと思ったのかというと、anond に書いて自分がブックマークを稼ぐより、断然そっちのほうが自分のため、かつ全体のためになるだろうと思ったからです。

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/extramegane/20071205