Hatena::Groupneo

論理兵站 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-11-16

GoogleWave 所感

| 05:25 | GoogleWave 所感 - 論理兵站 を含むブックマーク はてなブックマーク - GoogleWave 所感 - 論理兵站 GoogleWave 所感 - 論理兵站 のブックマークコメント

http://gyazo.com/7147714de753f3d802e88378b09c4fae.png

招待していただいて使っています。

文学フリマ 8P折り本のプロジェクト( http://bwn.g.hatena.ne.jp/keyword/8P )について、メンバーといろいろ試してみたところ、面白いところがたくさんありました。

プレスリリースめいたものを引き写した記事ばっかりで、なんだかわかんないですよね。ぼくもなんだかわかんなかったんですが、自分と似た利用法で楽しめる人になら説明できるかもと思って、全体的なことを説明しようと思います。

GoogleWave はまだアルファ版なので、これからどんどん変化していくと思いますが、現時点での所感を述べます。

使い方はヘルプを見るといいんじゃないかな。

  • 想像していたより SNS のコミュニティには似てない
    • 自分が真の SNS を知らなかっただけかもだけど
  • 想像していたほど Googleドキュメント の代替にはならない
    • 今日現在、長い文書の共同管理は、ほかのサービスを併用したほうがいい
      • アルファ版だからかもだけど blip が長大になるとすげー重くなる
      • ので、短文の応酬になる
      • 工夫をしないことには Wiki 的な利用には向かない
      • つーことは Googleドキュメントなどとの連携がほしい
      • gadget 利用の方向性
      • blip もだけど wave 自体も短く短く
      • どうせ検索すりゃいいので話題変わったらすぐ新しい wave に変えるよう心がけていいと思う
      • メールの表題を変える程度に
  • なぜか Googleノートブック を思い出した
    • テキストの順序を入れ替える機能がないのでそこが異なる
    • 最初から共有を前提として設計されてるのでインターフェイスが異なる
    • Googleノートブック よかったのに…
  • 想像していたよりメーラに似てる
    • 現代の技術を用いてEメールを作り直したらどうなるか?という開発動機だったと聞きますし
    • メールの代替として利用するのがいい気がします
      • ただしいろいろ革新的に便利なところがある
      • たぶん今後は Contacts のグルーピングとかできるようになるだろうし
      • CC で同時に大勢に送信することが多い人は GoogleWave いいですよ
  • 想像してなかったことなんだけど Evernote に似てる
    • メーラに似てるんならこれに似てても不思議じゃないんだけど
    • 自分だけの Wave を作ってメモ用途に利用できるっちゃできる
      • ウェブクリップ機能はまだないけど
    • Evernote の共有機能は GoogleWave にわりと近いんじゃないかな、仕組みはしらないけど、使い勝手から感じる印象の話
    • このあたりに可能性がありそう
    • Evernote と一緒で、とりあえず断片のテキストを大量につっこむと楽しくなってきた
      • 共有したければすればいいっていう自由さ
  • IM の利用形態のうちの一部は確実に競合してる
    • 「メールよりこっちのが早いわ」的な利用のところは GoogleWave いいですよ
      • あとで検索できるし(なんか日に日に使いやすくなってる)
      • 追記したら wave が勝手に上がってくるので話題の掘り起こしは IM なんかよりずっと楽
      • あとから他の人を追加できるし、追加された人は話を最初から把握できる
    • 携帯電話の SMS とも競合してるというか
      • スマートフォンで GoogleWave を利用しやすくなったらもう大変
  • SNSIMWiki もご存知ない方が自然体で GoogleWave を使いこなす様子を参考にしたい
    • 先入観のない人はどう使うのかというところ
  • 基本的にはディスカッションとストックのためのツールだと思うんだけど
    • プレイバック機能とかもある
      • どういう順番で文章が書かれたのかを再現できる
      • このあたりについて llpp さんは、鑑賞のためのツールにもなるのでは?と言っていた
      • いっぱい赤を入れた原稿用紙、赤を入れる前の原稿はどうだったんだろう、みたいな感じ
  • まだバックアップを気軽にとれない
    • ローカルに保存したりしたい
    • Googleドキュメント につっこめればそれで
    • メールや IM やなんかからとりこんで、どっかに出力する機能はいつか必要
    • 個人的には iPhone や、ガラパゴスケータイで表示するための gadget がほしい
      • はてなグループ日記に箇条書きとして出したい
  • アイデア整理に便利なので、あとはコピペ以外の手軽な方法で結合できたらいいな
  • アルファ版だからかもだけど印刷しにくい
    • ネットブックもちあるけば印刷いらないんだけど
    • iPhone でサクサク閲覧できるようになったら印刷する機会は減るだろう
    • これから印刷って時代でもないけどあとしばらくは印刷したい

楽しくなる近道は、自前で大量の断片テキストをストックして、大勢とつながることだと思います。

断片テキストが大量に漂ってる海を検索やタグやカテゴリなどで切り開くところを想像してください。

それを個別に他人と共有したりしなかったり選べるわけです。すごくいいでしょう。

自分の頭の中ではつながっていなかったテキストでも、他人の視点から「これくっつけられるんじゃねえの」みたいな指摘を受けることがあります。

いままで死蔵されていたアイデアメモが息を吹き返すことだってあります。

そして、それらはわたしとあなたのあいだで相互に行われるのです。

では、どんな人をどのように招待したらいいでしょうか。

  • GoogleWave を享受するためには同志が大勢集まったほうがいい
    • ある程度は通信したログが蓄積されないとたぶん真価がわかんない
    • そのためには共通の話題を持つやつらに GoogleWave とは何ぞやを説明して口説かないといかん
    • 招待状を出す権利を得たらまずそのへんに出す
      • 招待状送付の権利は、なんかそのうち手に入る
      • 最初は権利を持ってないケースが多い、例外はあるらしい
    • 招待状を出す権利を得るまえにまわりのやつらに根回ししておくべき
    • 新しいウェブサービスが好きそうなやつはとりあえず誘おう
    • 説明書なくてもなんとなくウェブサービス使えそうなやつも誘おう
    • ふだん IM やメールでつながってるやつを誘おう
    • 趣味でつながってるやつを誘おう

はじめるためには、以下のような方法があります。

g:neo のみなさんが興味あるかどうかわかりませんが、オリジナル、サンプリング問わず、創作の種をとりあえずつっこんでおいて、カットアップ、リミックス、他人が勝手にどうこうする的な利用法は、たぶんできます。というかやってます。やりつつあります。

ただし、長編を大勢で編集したり校正したりという用途は、いまのところ Googleドキュメントに分があって、併用したほうがいいよね、というところです。ただし共同執筆に際しての仕様書を作るには向いているかも。Googleドキュメントで箇条書きを共有してたケースなんかはこっちのほうがいい。

Lingr でやってたような部室にはなる。

創作するのに他人とやりとりするのが必要、あるいは楽しいと感じている人はおすすめです。編集役と執筆役のディスカッションとか。

以上、偵察部隊からの報告でした。