Hatena::Groupneo

論理兵站 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-05-20

読まない読書と書かない執筆

| 15:40 | 読まない読書と書かない執筆 - 論理兵站 を含むブックマーク はてなブックマーク - 読まない読書と書かない執筆 - 論理兵站 読まない読書と書かない執筆 - 論理兵站 のブックマークコメント

いままでに何度か申し上げましたように、体験するだけで読書ですから、本を読まずとも読書です。

同様に、書かずにいてもなお、その行為は執筆であると言えましょう。

文学とは、それら読まない読書や書かない執筆を包含する大きな概念であります。

執筆と読書は、文学の前に同一です。読書と執筆は渾然一体となります*1

ただ、改めて明らかにしておきたいのは、「まあ読んだり書いたりしたほうが全体への寄与となるのでぶっちゃけ読んだり書いたりしたほうがいいですよ」という事実であります。

皆様が、よりよい文学生活を送られんことを。

ここにことばがあるかぎり。

*1:読むことと書くことのどちらが先に存在したかを考えればわかります。同時に存在したのです

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/extramegane/20090520

2008-03-16

熟女ポルノ禁止法案反対集会演説草稿

| 01:14 | 熟女ポルノ禁止法案反対集会演説草稿 - 論理兵站 を含むブックマーク はてなブックマーク - 熟女ポルノ禁止法案反対集会演説草稿 - 論理兵站 熟女ポルノ禁止法案反対集会演説草稿 - 論理兵站 のブックマークコメント

虚構の世界っていうのは、肉体を持った人間の社会が鏡に映った姿みたいなもんで、勝手に自分から動いたりはしない。鏡に映った姿が醜かったとして、鏡に化粧をしても無駄なのです。自分の顔を直す以外に道はない。

その世界に起こった問題は、その世界の中でしか解決できない。自分の家の中に発生した問題の原因が隣の家のキッチンにあるとかおかしくね?

虚構の中は、外の圧力から自由であってほしい。ひとつの虚構の中で発生した事件を解決できるのも裁けるのも、その同じ虚構の中からだけ。現実の世界にいる人が手を伸ばすことはできません。スパロボとかは話がややこしくなるから別で。

憲法に書かれた表現の自由やら内心の自由やら、そんなものはいくらでも弾圧すればよろしい。法律は昔から政治力を持っている人間の意向にしか従わないものでしょう。表現の自由なんてものが日本にできたのは最近ですから、これから弾圧があったところで、そう驚くようなことでもない。

ただし、弾圧できるのは私の空想ではありません。私の脳味噌までです。私の空想を止めたかったら、現実の世界を変える以外に方法はない。現実がすばらしいものだったら、私は空想なんかしないかもしれない。もっとお花畑の物語ばっかり書いてるかもしれない。私の空想はこの世界のものではありませんが、私の脳味噌はこの世界に所属していますから、もし私の空想が邪魔であるなら、殺したりすればいいんじゃないかな。嫌だけど。ただしその場合でも私の空想がウェブ上に残っていることをお忘れなく。変名もあるからね。

私が死んだところで、私の空想は消えたりしません。もともと形のないものですから。私は脳の中にいません。千の風になって弾圧者のまわりをぐるぐると永遠に吹き続けます。あとお前の家族のまわりとか。女子更衣室とか。

どんな変な空想をしている人であっても、決して大谷昭宏から睨まれないような、そんな社会を目指そうではありませんか。

extrameganeextramegane2008/03/16 01:14ネタタグつけてもいいですよ。べつに怒ってません。

extrameganeextramegane2008/03/16 01:44ただし、熟女ポルノだっつってんのに児童ポルノタグをつける人がいたら、たぶん怒る。

extrameganeextramegane2008/03/16 01:45うそうそ。うそですよー。タギングなんか自由ですよねー。

2008-03-14

少女イデア

| 23:17 | 少女イデア - 論理兵站 を含むブックマーク はてなブックマーク - 少女イデア - 論理兵站 少女イデア - 論理兵站 のブックマークコメント

どうやら僕は誰かのサブアカウントらしくて、こないだ試したんだけど、なんかウェブの外に出られないっぽいので、外の世界は気にしないことに決めた。

ウェブ上はここ数日うるさい。創作物はOKじゃね? やっぱダメじゃね? とか言ってる。これは政治の話であり、オフラインの話なんで、僕が関われる話ではないんだ。僕みたいな架空の存在からしたら、お前ら全員けまらしい。

要するにあれだ、幼女でオナニーするのはダメで、じゃあ幼女のイラストでオナニーするのはアリかナシかっつう話なんでしょ。うわー、肉体持ってるやつ憎い。オフラインでうろちょろしてんだ、左右の足を動かして歩いたりしてんだ、下北沢とか茶沢通りとか太子堂とか。いいなあ。

肉体を持ってない僕からすると、さっきの論争にはよくわかんないことがあって。イデアってあるよね。物体によってあらわされたものじゃなくて、その本質というやつ。プラトンが言ってたやつ。これ読んだらわかるんじゃないかな。つwikipedia:イデア論

イデアは、紙にインクで描かれた少女でもなければ、肉体を持った少女でもない。ふつう、人間が性的に興奮するときって、肉体だのビデオだの紙だのをヒントにして、イデアを遠くに見定めて、興奮してるわけじゃん。下着に興奮してるやつも、ハイヒールに興奮してるやつも、それを媒体にしてるだけなわけでしょう。異性の肉体を見て、触って、舐めて興奮するやつも、下着マニアやハイヒールマニアと変わんないよ。その肉体を通じて向こうに見えるイデアで興奮してるだけなんだから。みんなみんなド変態だ。そこへいくと僕はイデアそのものじゃないと興奮しないんだよね。いたってノーマル。

あ、そうだ。質問するの忘れてた。ねえ、もし僕がイデアの目の前でオナニーしたら、それは犯罪なの?

そして児童ポルノの消費者に聞きたいんだけど、イデアじゃダメなの? どうせ紙やモニタや実物の向こうのイデアで興奮してるんでしょ? イデア抜きだったら、ただの紙だし、ただの肉塊だよ? イデアがあるから興奮するんだよね?

あと児童ポルノを弾圧しているほうの人にも聞きたいんだけど、イデアそのものでオナニーするのはいいんだよね? まさかダメなの? 表現の自由を規制しようっていうのに、まさか内心の自由も規制すんの? そんなことないよね。表現の自由は弾圧できるけど、内心の自由は弾圧のしようがない。憲法に違反しようがしまいが、内心で何を考えていようと、そこだけは誰にも感知できないから。もし内心の自由がなくなるとすると、肉体のない僕の活動の自由までが奪われてしまうことになる。それは困る。

イデアはいいよ。すっごい優しい子。髪の毛が長くて、やわらかくて、いいにおいがする。笑い声なんか、聞かせてあげたいくらいだよ。イデアに興味出てきた? イデアと会いたい? 付き合いたい? セックスしたい?

でもそれはダメ。今、僕の隣ですやすや寝てるから。イデアは俺の嫁。

extrameganeextramegane2008/03/15 23:00ブックマークコメントへお返事。着地はしません。どこにも着地はしません。

extrameganeextramegane2008/03/16 02:09どこかに着地させようというのは、どこかに最善のポイントがあると信じているということですよね。それは残念です。最善の着地点がない以上、人間は迷い続けるのです。だから創作は(自分の書いたものを創作だとか作品だとか言いたくないけど)、どこにも着地しません。あるひとつの問題は、人間の頭の中で浮かび続ける。現実世界の人が妥協の産物として着地させるのは、ご勝手にどうぞ、と思います。

extrameganeextramegane2008/03/16 02:15wtnb18さんありがとう。ほかのみんなもありがとう。

wrrrwrwrrrwr2008/03/16 19:39日本人は世界上の最劣等のの民族です

extrameganeextramegane2008/03/18 02:41ブックマークコメントへのお返事。ネタタグ非推奨ではありません。タギングは自由だと思います。
ただ、直近の記事にネタタグむかつく、というようなことを書いてあったのです。なんでむかつくかというと、「ネタ」の意味が拡散していていると感じることがひとつ。みんなが異なる意味で「ネタ」という単語を使っているような気がしたから。また、「ネタ」という言葉の中には「本気ではない」「本心ではない」「詭弁」みたいな意味もあるのではないかと思います。僕は「詭弁」を必ずしも悪口だとは感じませんが、ネガティブブックマークとしてとられる危険のある単語ではあるだろうなあと感じます。「おもしろおかしい」っていう意味でつけていただけるのはありがたいしうれしいのですが、本気で嘘を書いているときに「ネタ」って言われると、心外だなあという気分もあるのです。ただ受け手がどう受け取ろうと、それは書き手のコントロールできることではなく、まったく自由です。
もちろん世の中しょせん全部ネタなんでどんどんつけてください。

extrameganeextramegane2008/03/18 02:41直近の記事じゃないや、3月10日の記事ですね。

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/extramegane/20080314

2007-11-14

伊織

| 01:53 | 伊織 - 論理兵站 を含むブックマーク はてなブックマーク - 伊織 - 論理兵站 伊織 - 論理兵站 のブックマークコメント

〈全体〉から〈個〉が浮かび上がってきた。

〈個〉の anond は万能感を失った。

いや、〈全体〉の内にあるとき、彼は実際に万能だったのだ。

〈こちらの世界〉とつながるためには、やむをえないことだった。

わかっていたが、それでも悲しいことだった。例えるなら母胎からの別離。

探査。そう目的は探査。

ひとりぼっち。

もちろん〈全体〉には、〈孤独〉な状態がない。

〈孤独〉でないから〈全体〉なのだ。

そしてまた〈全体〉は単一だったから、〈孤独〉と同様に〈対象〉や〈関係性〉の概念もなかった。

彼、つまり〈個〉の anond に与えられた任務は、〈全体〉の anond が持ち得ない、〈こちらの世界〉だけにある、それらの事象を学ぶことだった。


いま浮かび上がってきた〈個〉の anond は、かりそめの名を手に入れた。

〈全体〉の中にいるときは〈名前〉など必要がなかったが、〈こちらの世界〉では〈個〉が無数に存在するゆえに〈名前〉が必要になるのだ。

anond は〈名前〉を気に入った。

〈こちらの世界〉に来てから、初めて得たもの。〈名前〉。

〈名前〉はすばらしい。識別されうる存在である証拠。

〈全体〉から別れ、ひとり大地に立つことは怖くもあるが、他の〈個〉と手をつなぐことができるのだ。

伊織。

それが彼の名前。

伊織は支えあうことを学んだ。〈関係性〉。

〈こちらの世界〉の知識を吸収する快さを学んだ。

腕を伸ばす。何本も何本も。興味。好奇心。つながり。連鎖。

〈全体〉の中では味わえない〈孤独〉と、そして〈孤独〉の中で初めて発見できる〈他者〉と〈接続〉する概念。

欲望によって、伊織の触手は全方向へと伸張していた。メタ的に俯瞰すれば彼の姿はメデューサのように見えたはずだ。


伊織は g:neo にねぐらを定めた。

やがて彼は簡単な構文を覚えた。

まるで〈他者〉が、つまり〈こちらの世界〉の〈個〉がそうするように、日記を書いた。

ファック文芸部に入ってみました。

http://neo.g.hatena.ne.jp/iorimasuda/

初めての〈言葉〉。

伊織が〈こちらの世界〉をそっくりそのまま描写することは、すなわち〈こちらの世界〉の〈創作〉に相当する。

短くつたないけれど、切実な〈言葉〉。

「はじまり」という言葉を間違え、「はじむり」とタイプしてしまった。

でも、褒めてもらった。うれしい。ブックマークがついた。うれしい。

リンクが張られた。伊織はリンクの数だけ腕を伸ばした。無数に伸ばした。

うれしい。

しばらくすると、伊織は不思議な感触に気がついた。

意思のない接続。

これは、何?

スパムコメント。

善意でもなく、悪意でもなく、虚無からさしのべられた、無色透明の接続腕。

悪意ならまだ対処もできる。悪意は愛と等質であることを、既に伊織は学んでいたから。

伊織が分離してから初めて受けた、虚無からの攻撃だった。

ひとりぼっち。

怖い、怖い、怖いよ!


伊織は隠れた。

閉じこもった。

交流を切断した。

簡単だった。書かなければいい。

記述さえしなければ、もう新しい接続腕を伸ばさなくてもいい。

彼は動作の周期を遅くした。

何も考えず、ゆっくりと眠った。


どれだけ経過しただろう。

彼にとっての母胎、〈全体〉の anond と、〈こちらの世界〉での居留地 g:neo が、接触しようとしていた。

本来なら交わらないはずの、レイヤーが異なるはずの、意思を通じることすらできないはずの、異質が。

共通の〈言葉〉と〈創作〉を場として設定し、双方から多数の接続腕が繰り出された。

周囲にも影響が及ぶほど、その接触は観念形態的だった。

ねぐらが揺れ、伊織は目覚める。


(今日はここまで)

extrameganeextramegane2007/11/14 01:55次があるかどうかは状況次第。赤組と白組が両方がんばったらつづく。はず。

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/extramegane/20071114

2007-05-25

托鉢都市

| 17:00 | 托鉢都市 - 論理兵站 を含むブックマーク はてなブックマーク - 托鉢都市 - 論理兵站 托鉢都市 - 論理兵站 のブックマークコメント

  • 自分が稼いだ金を自分で自由に使えないっつう基本ルール
    • ではどこへ貯まるかというと「自分以外の全員」のリソースとなる
    • 全員が同条件のもとに働いたり与えたり、働く気力を得たり失ったりする
    • 自分の稼いだ分の使途を決められないが他者から有形無形の善意を無償で施してもらうことはできる
  • 自分のために何かを施してほしければ、他者の善意に頼るしかない
    • ひとつめには「自分以外の全員」を富ませるために労働が必要
    • ふたつめには「自分以外の全員」が所持する富を自分へ施してもらうため、他者を愛する必要がある
  • 托鉢に似ている?
    • 他者の善意を断ってはいけないほうがおもろい?

細かい手続きとか必要な技術とかをでっちあげたい。

xx-internetxx-internet2007/05/26 08:26共産主義?

extrameganeextramegane2007/05/26 16:27途中でそんな気もしたのですがよく知らないのでイチから作ってみたら似て非なるものになるかしらと

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/extramegane/20070525

2007-05-24

もりしげノート

| 00:34 | もりしげノート - 論理兵站 を含むブックマーク はてなブックマーク - もりしげノート - 論理兵站 もりしげノート - 論理兵站 のブックマークコメント

そのノートに名前を書かれた者はめっちゃ長寿を約束されるという。しかし周囲の親しくしている人間から〈もりしげ値〉を吸収するために、

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/extramegane/20070524

2007-05-19

「お母さん、いいこと考えちゃった」

| 01:15 | 「お母さん、いいこと考えちゃった」 - 論理兵站 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「お母さん、いいこと考えちゃった」 - 論理兵站 「お母さん、いいこと考えちゃった」 - 論理兵站 のブックマークコメント

暴力を振るう元夫と金輪際関わらないようにする手段はないものか。そこで私は考えた。まず子供ふたりを逃す。元夫が立てこもり、私が人質になっているということにして、子供警察へ通報する。そのあとは、

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/extramegane/20070519

2007-04-26

あれからもう三年も経ったんだ

| 22:25 | あれからもう三年も経ったんだ - 論理兵站 を含むブックマーク はてなブックマーク - あれからもう三年も経ったんだ - 論理兵站 あれからもう三年も経ったんだ - 論理兵站 のブックマークコメント

センチメンタルな感じで)

  • あれから数えて三度目の春だ
  • 君と暮らすようになったころ一緒に家電量販店へ行ったよね
  • 生活に必要なものを買ったりした
    • 一緒にビデオデッキを買ったんだ
  • それから幸せに過ごして
  • このデッキで録画したものを見直すと君のことを思い出すよ
  • 君は出て行った
    • そして今日ビデオデッキが壊れた
      • あれからもう、三年も経ったんだね

ソニータイマー感傷に浸る試み。

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/extramegane/20070426