森のキツネは嘘を吐く このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-01-25

"ケータイ"小説

| 00:11 | "ケータイ"小説 - 森のキツネは嘘を吐く を含むブックマーク はてなブックマーク - "ケータイ"小説 - 森のキツネは嘘を吐く "ケータイ"小説 - 森のキツネは嘘を吐く のブックマークコメント

ドアを開けてぼくは朝の光の中に飛び出す。冬の空気は凛としていて身が引き締まる。今日も清々しい気分でぼくは駅に向けて歩き出した。歩き出したんだけど、毎日のことながらこの光景には嫌気が差す。何のことかって、携帯電話だ。通りを行く人々は、みんなして携帯電話の画面とにらめっこしながら前も見ずに歩いている。まるで周りで起きていることは目に入らないとでも言うように。

例えばぼくがここで突然ペニスをポロっと出してしまっても、誰も気付かないに違いない。それは儀礼的無関心とは違う。何と言うか、ここ最近、みんなケータイに異常なまでの執着---それこそパラノイアじみた---を見せているように、ぼくには感じられるのだ。家から駅までの道のりも、プラットフォームの待ち行列も同じだ。乗車率200%の電車の中に乗り込んだって大した違いはない。どこもかしこもケータイ、ケータイ。ケータイ片手に生きる人々。一心不乱に画面を覗き込んでいるその姿を見ると、実はそこから怪しい指令が下っていて、それによってみんなの行動がコントロールされているんじゃないかとすら思えてくる。

まぁ、怪しい指令ってのは、ぼくも妄想を逞しくし過ぎたと思う。もしかしたら、よっぽどおもしろいケータイ小説が流行っていて、老若男女問わずみんなでそれを読んでいるのかもしれない。そうじゃなかったとしても、携帯電話から得られる何かがおもしろいからこそ、みんな携帯電話に釘付けになっているんだろうと思う。携帯用のアプリ?それとも特定のウェブサイト?何がそんなにおもしろいのかな。気になる。

ぎゅうぎゅう詰めの電車の中で首だけをひねって辺りを見渡すと、ぼくの周りの人たちは誰一人として例外なく携帯電話の画面を見つめていた。誰もぼくに注意を払っていない。まぁ、こんな状況だし、ちょっとくらいならいいよね。ぼくは悪いと思いつつも、前に立っている女性の携帯電話の画面をショルダーハッキングの要領で背後から覗き込む。するとそこには、こんな文字列が並んでいた。


「未ふぉーまっと対象発見。タダチニ初期化セヨ」


なんだ、これ。おもしろくもなんともない。というかそもそも意味が分からない。これ、この女性が書いたメールなのかな。だとしたら、いかなる場合であっても関わり合いになるのは遠慮したいタイプだ。

余計なことをしてしまった。そう思ってぼくが顔を上げると、妙な感覚があった。なんだろう、この違和感。さっきまでとは明らかに何かが違う。何が違うのか、その原因を必死に探そうとしてぼくは周囲を見渡す。すると、ぼくの周りにいたみんながケータイから目を離して、虚ろな顔つきと暗い瞳で、ぼくをじっと見つめていることに気付いた---------------------。



ドアを開けてぼくは朝の光の中に飛び出す。冬の空気は寒いばかりだ。今日も憂鬱な気分でぼくは駅に向けて歩き出す。でも大丈夫。だって周りを見渡せば、どこもかしこもケータイ、ケータイ。その光景に安堵して、ぼくは携帯電話の画面に再び目を落とした。

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/foxintheforest/20080125