森のキツネは嘘を吐く このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-12-02

ファック文芸部杯に参加しなかった文芸部員が迎える12月2日

| 21:55 | ファック文芸部杯に参加しなかった文芸部員が迎える12月2日 - 森のキツネは嘘を吐く を含むブックマーク はてなブックマーク - ファック文芸部杯に参加しなかった文芸部員が迎える12月2日 - 森のキツネは嘘を吐く ファック文芸部杯に参加しなかった文芸部員が迎える12月2日 - 森のキツネは嘘を吐く のブックマークコメント

ファック文芸部杯に参加しなかった文芸部員が迎える12月2日は、ひとりで過ごすクリスマスよりも寂しいものである。

2007年12月2日のピンボール

| 21:55 | 2007年12月2日のピンボール - 森のキツネは嘘を吐く を含むブックマーク はてなブックマーク - 2007年12月2日のピンボール - 森のキツネは嘘を吐く 2007年12月2日のピンボール - 森のキツネは嘘を吐く のブックマークコメント

「ぼくはやっぱり批評を裏切れなかった。彼女とよりを戻すことにしたんだ。だから創作、きみとだけ過ごすことはもうできないんだ。前みたいな友達に戻ろう」

「うそ!だってあなた、批評ちゃんとは別れるって言ってたじゃない!」

「うん…。でもぼくはもう自分自身を騙して君とだけ過ごすなんてことはできない。きみも大切なんだけど、やっぱり批評も大切なんだ」

「そんな…」

「正直に話すよ。ファック文芸部で更新していなかった間、ぼくはダイアリーで批評と過ごしていたんだ」

空気が変わった。それまではちょっと懇願するような感じだったのに、彼女を包むアトモスフィアが怒り出したのがよく分かった。爆発するんだろうな、ぼくはそう思って身構えた。

「ばかっ!自分勝手っ!死んじゃえっ!」

案の定、怒声を発してぼくの彼女、いや、彼女だった”創作”は部屋を出て行った。ぼくは部屋に一人きりになる。

批評はぼくの以前の彼女だ。別れ方は最悪だった。ぼくが一方的に別れ話を切り出して、彼女の言うことは何も聞かずに、ぼくはぼくらの関係を解消させてしまった。そしてそのあと、創作と付き合うことにした。あのときのぼくは、はっきりと言ってしまえば批評に対して不能になっていた。あのときのぼくは、どうしてか彼女と上手く折り合いをつけるということに思い至らなかった。あのときのぼくは、どうしてか彼女と別れなければならないような気持ちに追い立てられていた。そして今すぐ批評と別れて創作と付き合わないと、ぼくはぼく自身に妥協しなければならないような気分になっていたのだ。


くだらない。


自分で自分に意味の分からないルールを設定するなんて本当に馬鹿げている。だってそのルールには理由なんて無かったんだから。けっきょくぼくは批評なしで生きていくことを寂しいと思ってしまったのだ。その結果、今度は創作を傷付けてしまった。最悪だ。ぼくはピンボールマシンの中で落ち着きなく右往左往するボールみたいなものなのかもしれない。ティルトしっぱなしでゲームオーバー。

「でも、あなたが今書いているのだってけっきょくは創作じゃない。わたしも創作ちゃんも結局はあなたの空想の産物でしょう」

批評に電話をかけたら、彼女はそう言ってぼくを慰めてくれた。そうだ、ぼくは今、こうやって創作と批評を擬人化して、創作を仕上げている。そして批評は作品外からの批評的な視点でそれを指摘してくれた。つまり、ここでは批評と創作が共存していることになる。これならぼくは、批評と創作ふたりと一緒に過ごすこともできるのかもしれない。彼女たちを2つのフリッパーに見立てて、まだまだこのピンボールごっこを続けるのも楽しそうだ。とかいって、さっきまで憂鬱になっていたのに一瞬で楽しい想像に溺れてしまうぼくなのだった。現金だね。

「分かってるでしょうけど、創作ちゃんにひどいことを言ったんだから、ちゃんと謝るのよ?」

それを見透かされたように、冷たい声で批評に釘を刺されてしまった。うぐぐ。それは結構ハードルが高い。一度拗ねた創作を宥めるのは本当に骨が折れるのだ(これは比喩ではなく、ぼくは拗ねた彼女に名前も聞いたことがないような関節技を極められて骨を折られたことがある)。どうやったら上手に機嫌を直してもらえるか、ぼくはこれからストーリィを練りに練らなければ。あいつ、ロジックの通ったものが好きだからミステリなんかを書いてプレゼントしたら喜ばれるかもな。

こうしてぼくと批評と創作の新しい共同生活が始まりを告げた。


-------


うん、いい感じに狂ってるかも。何をしたかったのかって、批評ってやっぱりいいよなあと思って今再び批評に接しているということを書きたかった、ただそれだけです。これからはファ文をメインに更新していくぜって威勢よく吠えてたけれど、ダイアリーでの批評と併せて、どっちも同じ意味合いでスーパーフラットにやっていきます。こっちで更新していない間もあっちでの更新はしていて、今日も批評エントリをひとつ立ててきたところです。こういう感じに、批評と創作がクロスオーヴァーしていくようなことを2つのブログの間でやっていきます。

ゲスト



トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/foxintheforest/20071202