森のキツネは嘘を吐く このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-12-09

2007年12月9日のピンボール

| 23:34 | 2007年12月9日のピンボール - 森のキツネは嘘を吐く を含むブックマーク はてなブックマーク - 2007年12月9日のピンボール - 森のキツネは嘘を吐く 2007年12月9日のピンボール - 森のキツネは嘘を吐く のブックマークコメント

ぼくは今、右手に一本のペンを握りしめ、左手に一冊の本を持っている。村上春樹の『風の歌を聴け』。そしてその表紙に”デレク・ハートフィールドの墓”という墓碑銘を刻もうとしている。こんなことをしたって何の役にも立たないのは分かっているけれど、ぼくはぼく自身の創作に行き詰まりを感じてしまったのだ。ぼくの創作は、今日ここで死んだ。

デレク・ハートフィールドのはか、はか、はか」

そういうわけでぼくは『風の歌を聴け』をかの偉大な作家のお墓に見立てようとしているのだけれど、困ったことに墓という漢字を思い出せない。普段からキーボードで文章を書いている弊害だろうか。パソコンを立ち上げるのも手間なので、ケータイで調べようとしたがこんなときに限ってケータイは見当たらない。めんどくさくなったぼくは、けっきょく”デレク・ハートフィールドのはか”書くことにした。キーボードの上、『風の歌を聴け』を墓石のように立てる。ちょっと不完全だけれど、これでデレクの埋葬は終わり。ぼくは一人になりたくて、冬の街に散歩へと出かける。


事の発端はこうだ…。



「また創作ちゃんが拗ねてるんだけど、何かした?」

批評が小さな声でぼくに言う。言われたぼくは身に覚えが無さ過ぎる。あの一件に懲りたぼくは、それ以降、彼女に対してひどいことを言ったりしていないからだ。逆に身に覚えがあり過ぎるとも言える。創作は彼女独特のルールでいつの間にか拗ね始めてしまうからだ。ぼく自身に拗ねさせるつもりとかなくても関係ない。彼女は勝手に拗ねる。だからぼくとしては、創作が拗ねたすべての原因をぼくに求めないで欲しいというのが本心だったりする。

でも、ぼくがどう思うかはけっきょくのところ関係ない。これは彼女の主観の問題だ。創作自身がぼくに原因を求めたら、やはり悪いのはぼくだということになる。たとえ圧倒的にぼくが悪かったとしても、彼女が「あなたは全然悪くないわ」と言えば彼女の中ではぼくの非ではなくなる。

というわけで。

ぼくと批評がひそひそと相談していても埒が明かないので、ぼくは創作に聞き込みをすることにした。


「わたしもホットエントリにして!批評ちゃんばっかりずるいよ、も獲得して…。お願いだからもっと更新して欲しいの」


あまりのくだらなさにぼくは心底うんざりした。彼女が拗ねていた原因はどうやらこれらしい。ぼくが批評を横目で盗み見ると、彼女はクスクス笑いながら逃げていった。批評め…。ぼくは彼女にはめられたっぽい。あいつはこれを知っていて、ぼくをこの展開に導いた。批評が言うことを真面目に取り合っても碌なことはないという一文を、ぼくは心の教訓メモに追加することにした。

それはそれとして乗りかかった船である。この問題(とはいいにくい問題)を解決しないと、ぼくらの関係も中途半端なままになってしまう。ぼくは諭すように創作に話しかける。


「あのな、創作。ブクマは別にそのエントリに対するプラス評価という意味じゃないんだ。数字だけだと、いろいろと見落とすものがでてくるんだよ。ときにはけっこうひどいことを言われることもあるぞ。まぁ、ひどいと思うかは主観の問題だけど」

「傷付く?」

「いや。そういう意味では、ぼくは意外と鈍感らしい」


ぼくは他者が書いたものを好き勝手に解釈して、それを批評と呼んでいる。だから、ぼくもぼく自身が書いたものがどんなふうに解釈されても気にしないようにしている。それがどれだけ的外れだったり、誤読されていたりしても。


「それにブクマされるかどうかは、こっちの意図だけじゃないしな…」

「あのね、本当はわたし別にブクマ数には拘ってないの。単純に、もっと大勢の人に読んでもらえるように、少しでもログを残していってもらいたいの」


なるほど。それはぼくも同じ思いだ。書かなければ始まらない。書き続けることで少しずつ多くの目に留まるようになる。だから彼女の願いは、ちゃんと更新して欲しかっただけ。けっきょくぼくたちは同じ方向を見ていたらしい。ぼくは創作もちゃんとやりたいと思っているという話を創作にする。


「悪かったよ、創作。ちょっとほったらかしにしちゃったけれど、ぼくももっときみを更新したいと思っているんだ。とか、そういうのは確約できないけれど、少しでも多くの人の目にとまるようなものを書きたいというのはぼくの願いでもあるから、いつか素敵な物語を紡げるように更新し続けるよ」

「ありがとう。嬉しい」


創作は本当に嬉しそうに笑っている。これにて一件落着。批評にははめられたけれど、この問題がぼくらの関係に暗い影を落とす前に解決できてよかったよかった。

・・・・・・・・・・

・・・・・・・

・・・

回想シーンはこれで終わり。ぼくは今、冬の街を散歩している。

あの日以降、ぼくはずっと創作に向き合っていた。言葉だけで終わらせてしまっては意味がない。ちゃんと彼女の期待に応えられるように、素敵な物語を更新したかった。そう思っていたんだけれど、今度ばかりはちょっと無理なのかもしれない。ぼくは今まで体験したことのないくらいの不調の中にいる。何も思いつかない。いつもならぼくが悩む前にアイディアがぼくのところまで勝手にやってくるのに、今回に限って音沙汰がない。いつのまにか死神がやってきて、ぼくの創作者としての寿命を刈り取っていってしまったのだろうか?

フィクションとぼくの関係はもう終わってしまったのかもしれないけれど、自分自身ではそんなの認めたくはない。でもやっぱり無理なんじゃないか。ぼくのなかで暗い感情が渦巻く。そんな自分に折り合いをつけるために、ぼくは、ぼくにとっての虚構の象徴=デレク・ハートフィールドの墓を作り、一人で散歩に出かけて頭を冷やした。これからのことを批評、創作と話さなければならない。


ぼくは創作を諦めようと思う。


意を決して家に帰ると、批評と創作がぼくの帰りを待っていた。二人の様子、というか創作の様子が変だ。そわそわしてる。一方の批評はいつも通り落ち着き払っている。二人はキーボードの上に置かれた『風の歌を聴け』を前にして対照的な態度を取っていた。よく分からない。

ぼくはまず批評を見た。彼女ならいつものようにぼくに分かり易く説明してくれると思ったからだ。ところが彼女は(彼女にしては珍しく)にこにこしながら創作のほうを見るよう促すだけだった。そこでぼくは創作を見るのだけれど、彼女がぼくのほうを見てくれない。仕方ないのでぼくはキーボードに乗せられた一冊の本を見つめる。


そこには”デレク・ハートフィールドのばか”と書かれていた。


散歩に出かける前、ぼくはもちろん”デレク・ハートフィールドのはか”と書いた。濁点が付加されて、”はか”が”ばか”になっている。批評が批評的に解説する。これはあなたが創作を葬ろうとしたことの否定だ、と。あなたにまだ諦めて欲しくないというメッセージよ、と。「誰がやったの?」とぼくは二人に訊く。創作は答えない。批評は言う。


「もちろん、あなたが好きなほうよ」


批評はにこにこしながらぼくを見ている。創作は赤くなってもじもじしてて、ぼくと目を合わせようとしない。なるほど…。よし、ここはぼくも恥ずかしがらずに、男としてはっきりとした態度を取らなければならないだろう。


「久遠寺涼子?」

ガツンとぼくの顎の辺りから音がして、瞼の裏に星が浮かぶ。どうやら創作に思いっきり殴られたらしい。そのままぼくは倒れてしまう。

「ホントに鈍感なんだからっ!死んじゃえ、ばかっ!」


創作は「誰よ久遠寺涼子って!」とか色々と喚いていて、批評はやれやれといった溜息をついている。しかしまあ、創作も元気になったみたいだし、世はすべて事もなし。ぼくは薄れゆく意識の中、「あ、これって創作のネタになるじゃん」と思っていた。こんなふうに彼女たち2つのフリッパーはぼくを打ち上げ続けてくれるので、ティルトでもしない限り、当分ぼくはゲームオーバーにならずにすみそうだ。

ゲスト



トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/foxintheforest/20071209