Hatena::Groupneo

missile++ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-01-04

[]iPodと本があれば生きていけると思っていた頃。 02:21 iPodと本があれば生きていけると思っていた頃。 - missile++ を含むブックマーク はてなブックマーク - iPodと本があれば生きていけると思っていた頃。 - missile++ iPodと本があれば生きていけると思っていた頃。 - missile++ のブックマークコメント

もう一週間以上、誰とも口をきいていなかった。服も、冬だからと不精して同じものを着続けていたが、誰かに指摘される訳でもない。天気は曇り空続きで、曇天に蓋をされた薄暗い世界時間が止まったように見えた。時々、音も無く雪がちらついた。まるで、この世界を誰かが気まぐれにスノウボウルに見立てて揺らしてみたように。そして、実のところを言えば、時間が止まってしまっているのは、私だけなのかもしれなかったのだけども。

my boody valetineの"Loveless"。ケヴィン・シールズ密室で作り上げたフィードバックノイズピンク色の砂嵐。それが、私の精神を繭のようにぴったり防護する柔らかい音の密室だ。iPodホイールクリックすれば、いつでもその密室はたちどころに現れるのだった。

自分の靴の先っぽばかりを見ていた。さもなければ、紙の上に印刷された、白黒の文字列。もう随分と髪を切っていなかった。2ヶ月以上になるだろうか。気味の悪いほど伸びた前髪。通学電車に乗っても、誰も私の隣には座らない。

冬の喫煙所は随分と寒い。人もまばらだった。雨が降ると決まって靴の中が濡れそぼってしまう、踵に穴の空いたワンスターで、しきりに地面を蹴りつけながら、一刻も早く講義室に行って温まりたいと考えたが、そこに行ったところで、結局は講義は聴かずに下を向いて本を読むだけだ。呼気だか煙だか、それともその両方の混じったものなのか、判然としない水蒸気を吐きながら。知り合いもいないので、講義が終われば行き場もなく、結局は喫煙所無駄に肺を汚すしか仕方が無い。

他の学生とは違った。けれども、その「違っている」という事に対して、私はそれほど誇りを抱いていたわけではないし、客観的でもなかった。単に「違っている」と思っていただけで、私自身は凡庸で詰まらない人間だった。

随分と幼稚な意地を張っているものだな、と思った。引っ込みがつかないのか、それとも、あの、時々アタマの中に訪れる鮮明で音の無い、ピンク色の砂嵐を信じればいいのか、それを判断するためには、私は若すぎた。その若さついでに、私は本気でiPodと本さえあれば生きていけると信じていたのだ。

そして、その考えは多分、今でも間違っていない。

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/gosyu/20090104