Hatena::Groupneo

日常、器具類 iiiiii! このページをアンテナに追加 RSSフィード

2009-01-31

[]その文章に その文章に - 日常、器具類 iiiiii! を含むブックマーク はてなブックマーク - その文章に - 日常、器具類 iiiiii! その文章に - 日常、器具類 iiiiii! のブックマークコメント

生存報告をするためだけに、小説を書くのは本当に馬鹿らしいので、適当に文章をでっち上げたんですが、我ながら良くできていると思います(自画自賛)。実はもう少し、文体を拘りたかったのですが、そんな事を工夫している暇も有りません。

つーか、部長がケータイ小説に参戦という面白い事をやろうとしているので、それの参加を表明するためにこのエントリを書いているのですが、書いている内に何というか「俺の得意なジャンルって何よ」と思うようになり、キーワード夜桜雑技団の得意ジャンルを暫くにらめっこしていたのですが、結局よく分かりません。ワタシには得意分野という物がなかったのです。

いま俺のの書いている文章は、俺の脳内世界でしか表現できないっつーのという感じです。他の人に今書いている文章を理解されてしまったらもう、その文章は終わりです。それからはその理解をさらに上回る文章を作りたいと思う人なので、最終的には表現とか説明とかいう枠を越えそうな感じなのですが、そうなると完全に孤独な人生になりそうなのは明確で、孤独志向だけど寂しがり屋のワタシにはとてもつらいアンビバレントな状態です。

しかも「その他」の処にはエクスメさんがいるしなぁって感じで、じゃあ、どうするよ。詩とかやってみる? 適当に歌った歌詞を載っけて、詩集とか出してみるとかいう感じなのですが、そもそも言葉の技術が身についていない癖に、どうやって言葉の匂いを出させるのかという話なので、そこのジャンルは他の人に任せたら良いのではないかと思います。

ああ、これじゃ話が纏まらないや。結局、夜桜カルテット、じゃない、夜桜雑技団に参加するのかしないのかと問われれば、すごく参加したいのです。ですが、その為の才能が無いのです。もうダメです。ワタシはもう退部届を出さなければなりません。

『カレー』
街中を走るカレーの屋台
カレーの屋台なんてのもあるんだと思って
思わず注文してしまった
屋台の男は無愛想に「300円」と
寸胴鍋の中をかき回している
ズボンのポケットから300円を
無愛想な男に渡すと、
寸胴鍋の中がぐるぐると回って、
いつしか宇宙が零れてしまっている
オヤジさん、これじゃあもったいないよ
という声も無愛想なオヤジには届かず
零れた宇宙から、カレーをすくい上げて
ポリスチレン製の器に入れた
宇宙の切れ端がカレーの中に混ざっている
とろうとして指をヤケドして
指をくわえたら、あまいくだものの味がした
これ、甘口なんだねと無愛想な男に言ったら
「過去の味ですから」と
くちもとをゆるめて
カレーが鍋の中で回っている

辛口がたべたかったのに
(以下省略)

はい、恐らく、次の日になって改めて読み直したら、あまりの恥ずかしさに悶死してしまいそうな文章なのですが、今、思い付く事と言ったら、これぐらいなもので、これでどうやって人の想像を超える文章が書けるんだよという話ですね。

けれど、むしろこれぐらいの文章の方が、あっちでは人気が出るのかなとも思ってもいますが、そんな事言ったってなぁ……。

extrameganeextramegane2009/01/30 12:10知らない人の書いたのを見る限り、ジャンルに何か意味があるとは思えませんでしたよ。っていうか「その他」の欄に枠を増やしちゃえばいいですのに。

hachi_gzkhachi_gzk2009/01/31 02:19まあ確かに。
別に好き勝手に欄を増やせば良いのにとは思われるのでしょうが、それはどうなのとか思いますなぁ。俺にも縛りが欲しいぜ。というか、もう『カレー』っていう縛りでいいや、って気がしました。これで参戦します。
携帯だと料金がかかりすぎるので、ブラウザで投稿が出来ると良いんですが。

hachi_gzkhachi_gzk2009/01/31 03:18やったよ。ついに俺もケータイ小説家だ!というわけで、宜しくお願いします。

2009-01-30

[]その空白に その空白に - 日常、器具類 iiiiii! を含むブックマーク はてなブックマーク - その空白に - 日常、器具類 iiiiii! その空白に - 日常、器具類 iiiiii! のブックマークコメント

『孤独のA』(ネット再掲載)

○○○、○○○○○○。

○○○○○○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○、○○○○○○○○。○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○、○○○○○○○。

○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○、○○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○、○○○○○。○○○○○、○○○○○、○○○○○○○○○、○○○○○○○○○○、○○○○○○○○○○。○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○、○○○○○、○○○○○○、○○○○○○、○○○○○○○○○○○○○。

○○○○○○○○○○、○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○○。○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○。○○○○○○○、○○○○○○。○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○○、○○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○○。○○、○○○○○○○○○○○○、○○○○○○○○○○、○○○○○○○○。○○○○○、○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○。○○○○○、○○○○○○○、○○○○○○○○○、○○○○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○、○○○○、○○○○○○○○○○○○、○○○○○○。

○○○○○○○○。○○○○○○○○○○○、○○○○○、○○○○○○○○。○○○○○○、○○○○○○○○○○○○。○○○○○、○○○○○○○、○○○○○○。

○○○○○○○、○○○○○○○○○、○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○○、○○○○○○○○○、○○○○○○○○○。○○○○、○○○○○○○○○○○○○○、○○○○。○○○、○○○○○○○○○○○○○、○○○○○○○、○○○○○○、○○○○○○○○○。○○○○○○○○。

アザミ、○○○○○○○○○、○○○○○○○○○。○○○○○○○○○。

○○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○○○、○○○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○。○○○○○○○○○。○○○○○○。○○○○○○○○、○○○○○○、○○○○○○○○。

○○○○○○、○○○○○○、○○○○○○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○、○○○○○○。○○○○○○○○○○○、○○○○○○○○。○○○○○○○○、○○○○○○、○○○○○○○○○○○。○○○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○○。

○○。○○○○○○○○○、○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○○、○○○○○○○、○○○○○○○○○○。

○○○○、○○○○○○、○○○○○○○○○○○○。

○○○○○○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○、○○○○○○○○。○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○、○○○○○○○。

○○。○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○、○○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○、○○○○○。○○○○○○○○○○○○、○○○○○○○、○○○○○○○○○○、○○○○○○○○○○。○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○、○○○○○、○○○○○○、○○○○○○、○○○○○○○○○○○○○。

○○○○○○○○○○、○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○○。○○○○○、○○○○○○○○○○○、○○○○○○○○。○○○○○○○○、○○○○○○○○○○○、○○○○○○○○○。

○○○○○○○、○○○○○○○○○○○○○、○○○○○○、○○○○○○○○。

○○○○○○、○○○○○○○○○○○○○○、○○○○○○○、○○○○○○○○○○○○○○○○○、○○○○○○○○○○。○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○、○○○○○○○、○○○○○○○○○○○○。

○○○○○○○○○○○○○。

○○○○○○○○○○、○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○、○○○○○○○○○○。○○○○○、○○○○○○○○。

○○○○○○○○、○○○○○○○○○、○○○○○○、○○○○○○○○○○。

2007-09-27 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

http://neo.g.hatena.ne.jp/objectO/20070926/p1

id:objectO様、そしてこのページをご覧になっている皆様、d:id:hachi_gzkさんから伝言を承っております。

いやぁ参りました。とはいえ、まだまだ『食人』という行為に纏わる様々な風景が有ると思いますので、参加しようとしている人たちはこれぐらいの事で諦めないでいただきたい。まだまだニッチ存在しています。

レギュレーションに関しては、人が人を食う事以外にも、人が捕食される事についても認めています。シンプル武田泰淳の『ひかりごけ』なモノでも、スティーブン・スピルバーグの『ジョーズ』的なモノでも一向に構いません。

先ほどまで『食人賞』に応募するために考えていたのは、ダチョウ倶楽部的なモノで、バリバリコント台本でしたからね。前例が見つかったので書くのを諦めましたが、自分で短編だって言っておいてそれは無いだろうと思います。「じゃあ、俺を喰ってくれ」「いや、むしろ俺を喰ってくれ」「俺が先に死にそうだから、俺を」「いやいや俺の方が美味しいって」「じゃあ、俺が」この上島の発言で、一斉に飛びかかるお笑い芸人

どうせだったら世界の中心で食人を叫ぶくらいの事はしていただきたい物です。というか、あいつは何で遺骨をエアーズロックにばらまく前にそれを食べてみるという事をしなかったのでしょうか? 今考えてみると何となく不思議だなぁと思いますね。あとふと墓地に存在する全ての墓石の下には、骨壺に収まった沢山の骨があるんだなと唐突に思いまして、只今戦慄しているところで御座います。

俺がこの食人に目覚めたキッカケになった本は、小学生の頃に読んだ鈴木悦夫の『幸せ家族 そしてその頃はやった唄』です。食人という行為は出てこなかったはずですが、あの本の中で使われていたの歌のせいで『目玉のプリンを食べる』という響きが頭から離れません。誰か、何とかして下さい。

最後に意外に需要のあった『食人賞』もそうですが、前回の賞『京都賞』とか一番最初に作った賞『狐面賞』も実は現在募集中ですので、これをキッカケにもっと沢山の作品が出てきて欲しいなぁと思っています。

ちなみに重きを置いて欲しい設定がそれぞれ違っているので、自分の好みにあった物を選んで書いてみると良いと思うよ。以下簡単にそれぞれのレギュレーションを書いてみます。

  • 狐面賞』……狐面を被った人間狐面」が出てくる話、人物描写や個性描写に重きを置いて書く。
  • 京都賞』……架空都市京都」を舞台にした話、風景描写や背景描写に重きを置いて書く。
  • 食人賞』……食人という行動に纏わる話、行為描写や意識描写に重きを置いて書く。

こうして3つの賞を並べてみると、それぞれの必要としている物が違うのが自分でも不思議なくらいです。その時その時、私が読みたいなと思う物を勝手に賞に仕立て上げていただけなのですが……。

とりあえずこの3つの賞によって私の『個人賞』はみごと三部作トリプルクラウンとなりましたので、これにて『個人賞』は文芸として一つの終わりを見る事になると思います。また新たに読みたい分野が出てきても、上の3賞の分野と被りそうな気がしますし。それでは、皆さん気の向くままに書いたらいいと思うよ。

P.S. 皆さんに質問なのですが、この賞に参加した方の作品群をデータベース化して一覧できるように、ファック文芸部キーワード化した方が良いのでしょうか? 単に自分が読みたいと思っている分野を取り上げているだけなので、一つの記録として残す事を考えていませんでした。もし必要なら作っておきますが……。

2007-09-26 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

はてなダイアリーからの出張版です。よって、d:id:hachi_gzkな感じで読んでいただけると有り難いです。

[気の迷い]新しい賞を思い付いた。

こんばんは。はてなアワードクリエイター(自分で書いてて、すげえ馬鹿だと思う)のhachi_gzkです。毎回毎回、特殊な賞を思い付くだけ思い付いて、はてな人力検索に出さずにエントリの文章にしてほったらかしにしてしまう事で一部の好事家の注目を得ていますが、今日は「狐面賞」「京都賞」に引き続き、また新しい賞を勝手に思い付いて設立しましたので、皆様にもお伝えいたします。

今回の賞はあまりおおっぴらに公表できないほど極北の賞ですので、まずは一つ言い訳めいた前口上を述べる時間を頂きたい。

元来、アンソロジーを編む人の事をアンソロジストと言いまして、実に多くの人がこの世に存在する無限とも言える作り物の中から、幾つかの物語を集めテーマという一本の紐に寄って一つの束に纏めて一冊の本などにしています。アンソロジーは作品に新しい光を与えると同時に、またテーマを深く掘り下げる事が出来る手法であり、もう少し注目されてもいいものでは無いかなと前々から思っています。

日本の名随筆』というアンソロジーの大全集

日本の名随筆』という随筆のアンソロジーがありまして、これは1文字の漢字テーマに、近現代の随筆を集めた本ですが、本巻だけで全100巻。さらには、漢字2文字の別巻も全100巻の合計200巻の壮大な随想集になっています。

http://www.tssplaza.co.jp/sakuhinsha/book/zui-hon-list.htm 本巻100巻リスト

http://www.tssplaza.co.jp/sakuhinsha/book/zui-bekan-list.htm 別巻100巻リスト

私も2冊ほど本を持っているのですが、それでもその2冊を選ぶ際にどの本を購入しようかと、それぞれの背表紙の筆者群をしばらく眺める時間が必要でした。それほど、多くの筆者を揃えている本です。

物語アンソロジー

また物語の分野でも、数多くのアンソロジスト達が、自らの立てたテーマを元に作品を集めています。井上雅彦(主に『異形コレクション』を手がける)、東雅夫(主に怪談に関する編纂多数)など、ホラー系のアンソロジストを挙げている点については後々説明しますが、つまりはあるテーマで無数の物語を寄り合わせ、一つの纏まりとして記録するというのがとても面白いと思います。作者で集めた物語ではなくて、あるテーマだけを集めた物語。これはもしかすると、萌理賞などに近いのではないでしょうか。

萌理賞などの規定テーマによる作品群

もちろん発起人も参加者アンソロジーを作っていると考えてこの賞を行っているとは思いませんが、それでもこの1年間で多くの「萌え」に関する短編が集まったのではないでしょうか。ここらで誰かが全投稿の中から特異な「萌え」の作品集を作れば、個人的には面白い読み物群が出来るのではないかと思うのですが、それは後続の人たちに任せるとします。しかし、このように過去の作品群から超然して存在する物語を見つける作業としてのアンソロジーではなくて、一つのテーマで募集をかけて良い作品を見つけ出す作業としてアンソロジーもあり得るのだと思います。ただそれが後々にまで残るアンソロジーとなるかどうかについては、やはり時流に流される事のない超然さを持った作品が必要なのですが、それが本当に超然さを持った作品なのかは、時間を経なければ分からないでしょう。

で、いい加減どんな賞なのよ

ここまで書けばもうウンザリして流し読みしている人も出てくる事でしょうから、とっとと書いてしまいますと、この間あるホラー映画を見ていたんです。それはゾンビ物の映画で、街の中をうろつくゾンビヒロインが近くにあったスコップでなぎ倒したりしながら逃げるんですが、その時に一緒に逃げていた男の人が運悪くゾンビに捕まってしまい、首筋を噛みつかれるんですね。頸動脈から鮮血を吹き出しながら次第にゾンビの群れの中に沈んでしまうのを、私はげらげら笑いながら見ていたのですが、その時にふと「ああ、次の賞はこれだな」と思ったのです。

はい、そうです『ゾンビ賞』……も、いいなとは思うのですがこれは意外にありふれているし、ゾンビ系のホラーはこのブログをご覧になった人はもう見慣れていると思うのです。分からないけど。だからもう少し踏み込んでいきます。ゾンビは何故か人間を襲います。そして何故か人間に噛みついたりします。大体においてホラー系の話には、そういった人間が襲われるという話が多いのですが、そこら辺には自然の猛威とか人間の奢りに反発する行為として残虐さが過度に描く事が……、ってなんでとっとと思い付いた賞を書くつもりがこんなに長い文章になってしまっているのだろう。まあいいや、つまり、今回の賞は人が食べられる事をテーマにした短編賞『食人賞』です。ああ長かった。

レギュレーション

  • 人間を食べる習慣、習性がある文明もしくは生物、またはそのような概念存在する世界観を持った短編であること。
  • 短編の文字数は問わない。が、出来るだけ簡潔に纏めた方が読む人に良い印象を与える。
  • 短編の中に食人の描写を入れるかについても問わない。が、『食人』という行為を元にした特殊な賞であるので出来るだけ考慮して欲しい。

最後に

はてな村孤独主義者を標榜している私ですから、こんな話に乗ってくる人がいるかどうか分からないのですが、もしこの賞を打ち上げた事によって『食人』に関する小説が出てくるのでしたら、やっぱりはてな村はどうかしているのだなと思います。

あまりにも内容が酷かったので、ここで公開したというお話。

KhinaylaKhinayla2012/05/23 13:51Wow I must confess you make some very trenchant piotns.

indcmrvolindcmrvol2012/05/24 13:13Gx6Kbl <a href="http://cxmndehddgju.com/">cxmndehddgju</a>

wlexukwlexuk2012/05/25 19:21vRYrC3 , [url=http://zcxhvepoxrxv.com/]zcxhvepoxrxv[/url], [link=http://xljcehipzoas.com/]xljcehipzoas[/link], http://cmhggpgaqydx.com/

umyljazoumyljazo2012/05/25 22:13At4tw4 <a href="http://dihdrxnjshxu.com/">dihdrxnjshxu</a>

aijsvxwwraijsvxwwr2012/05/26 21:20Uvt7YJ , [url=http://ralibyjqrpeb.com/]ralibyjqrpeb[/url], [link=http://smngzogsamtj.com/]smngzogsamtj[/link], http://ylnykjyzrgex.com/

SudaratSudarat2013/09/20 09:09Kick the tires and light the fires, problem offaliicly solved!

BiswajitBiswajit2013/09/22 02:37Heck of a job there, it <a href="http://ajsryaqt.com">abtelusoly</a> helps me out.

MarianMarian2013/09/23 12:14It's always a relief when someone with obvious <a href="http://kfnhgfuqeb.com">expterise</a> answers. Thanks!

MaiMai2013/09/25 04:37All things corddsenei, this is a first class post http://smlrclozrvo.com [url=http://exqdivpwlmd.com]exqdivpwlmd[/url] [link=http://olzcagiw.com]olzcagiw[/link]

2007-09-23 このエントリーを含むブックマーク このエントリーのブックマークコメント

闇に染みこんだ街中。通りを木造の建物が並び、それらが闇に濃い色を溶かし込む夜。獣、物の怪の類が、量子力学の助けを借りて、数多の状態として存在している丑三つ。

男が歩いて居る。見たところ20代~30代、いや40代~50代であろうか。男は着古したTシャツを着て、あせたジーンズを履き、文学的危機状態の街を歩いている。そう街は先ほど一切を諦めた! その諦念の黒の中、一人の男がしずしずと歩く。手に汁ソバの器を持ち。

その男の後を下駄の音が付いていく。既に憑いているのかも知れぬ、下駄の音。カラーン、コロー 汁ソバの男は気がついているのか? カラーーーーン、コローーーーン はたまた、元より耳が失せているのか。 カラーーーーン、コローーーーン  時折、器に箸を突き入れ、掴んだソバを啜り上げる。音。 カラー ずうずずうずずうずずずるコローずうずずうずずずうずずずずずる

街中が震えている。ソバを手繰る音で街を奮わして居る。イヤ、それは男の背後に忍び寄る下駄が作り出した、まやかし事。たかだかソバを手繰る音響によって世は変わらぬは常套。常に生きる者は畢竟、苦に屈して行くが所業。? だがくっきり浮く想像。そのハッキリした繰り言に、この背後に居る下駄の音も恐慌し、速攻で荒唐無稽な行為を後悔し。?? 明快に崩壊する実感。この算段が段々と、カウントダウンしていく事を、あの快男児が糾弾し。???

なんだこれは?

「ああ、やっぱり難しいな」汁ソバの男が振り返る。「というか、もう俺は部をやめたはずだったけど?」しかし、下駄の音は止まず、汁ソバの男に歩む。「つーか、一人称を三人称に偽装して騙るの止めたら?」下駄の音、更に威嚇的に鳴り。「もう俺は文芸的に死んでるんだから、抛ってくれよ」汁ソバの男の足下まで、下駄が鳴る。しかし姿は見えず、ただ暗澹が。

ずずずずっずずずずっずずう。

暗澹にランタンを掲げ、万端整わず待つ急患の情感だ。循環する思考、煌々と放つランタンの円光が、電脳炎上するブログの諸症状を解消、緩和。お前、規制緩和で理性なんか、ノーカンか? ノーコントロールで文章書くそうだが、思わぬエンドロールで各賞入賞だ。そんなしょうもないショートコント書いたんなら今度会うか。会って言ってやっか? 「そんな文で自分偽れる分際か? 何時バレるか時間の問題だ、そこで震えてろ爾来の門外漢」

これは文芸ではない! ガキの言葉遊びだ!

「そうだね。だから俺は部活動を止めた筈だったんだ。俺にはやっぱり文章の才能無かったからね。あ、これフリースタイルって言うんだってさ。執拗に韻を踏みながら、相手を挑発する文芸なんだ。面白いだろ?」

汁ソバの男は、下駄の音を見る。そう、私は目の前の男に見られている。汁ソバの器を持った男。目の中で揺れているのは、もはや狂気でしかなかった。

「やるってんなら、やろうか? 人とは違うフリースタイル文芸をさ」