Hatena::Groupneo

小説蛾螺倶璃砦

2006-04-21

[][] ファック文芸部の傾向  ファック文芸部の傾向 - 小説蛾螺倶璃砦 を含むブックマーク

 ファ文、通称ファック文芸部に集う人に、私は何かしらの悲哀を感じずにはいられない。 重力精神を引かれた、とかそういうタイプだろうか。

 いやむしろ、同病相憐れむの精神であろう。 私自身にも同じような悲哀を感じる。 ならば、私とファ文メンバーとの接点とは何か。

 まず、自分自身に感じるのは「自分の家では書けないような出鱈目が書ける」事への喜びであろう。 適当に書き連ねて、責任を放棄したような文章を平気で書ける快楽。 それはつまり逆説的に自分の家ではそれが出来ないという事でもある。 これはなんと言うのだろう。 「内弁慶」ならぬ「外弁慶」か。 正気によってのみ作られるblogへの意趣返しなのだろうか。

 それ以外で感じるものとしては、「他人との競い合い」というのがある。

 狭く狭隘で逼塞している中での、無言のコミュニケーションという名の意地の張り合い、とでもいうのか。 「べ、別にあんたのblogの内容なんて気にしてないんだから」というツンデレ精神の横溢が、ファ文にて書く事へのモチベーションとなっている感は否めない。

 それは自分の家たるblogでは徐々に薄れていくようなものである気がする。 テキストサイト時代の広いようで狭い世間は既に無く、広い代わりにひたすら平たいblog世界が目の前に広がっているような気がする。 そこでは自分は上手くしないと少しづつ薄くなっていくような、そんな気がするのである。 だから、ファ文に対しては積極的なのかもしれない。 濃度を高める事が出来る場所としての、ファ文。 そういう場所だから求めているのかもしれない。

 管を巻いてみたが、結局は良く分からなかった。 今はそれでいいのかもしれない。

 以上