Hatena::Groupneo

小説蛾螺倶璃砦

2006-07-31

[] 第二回萌理賞反省会 第二回萌理賞反省会。 - 小説蛾螺倶璃砦 を含むブックマーク

 始めに、賞としては1pでしたが、どなたかが投げポイントされたようで100p程頂きました。この場を借りてお礼申し上げます。何が良かったんですか。

 さておき。

 正直に話しましょう。書き終わった瞬間に「今回も没ネタにしようか」と考えました。一回全部「切り取り」して、どうしようか考えましたよ。もしかしたら怒られて削除されるかもしれないと思って保存しておきましたよ。

 だってありえないでしょう、萌え作品よこせっていうのに殺し合いですよ必殺ですよ。なので反則なのは一万とんで百も承知で投稿ボタンしましたが、自分でもどうしてこうなったのか、いまいち判然としません。

 というわけで、今回は応募作品「さした」がどう出来たかを思い出してみます。

  1. 第二回萌理賞認識する。
    1. 確か、ある事に気が付いたのは27~8日あたりであったと思います。この時はまだ「書く」という気分じゃなかったので、「追い詰められてからでいいや」と思いました。
  2. id:xx-internet大兄が書いたのに気が付く。
    1. 「ようやる…」と思いつつ、そろそろ書かねば、と考え始める。
    2. でも内容は白紙。
  3. 締め切りが少なくなったのを知る。
    1. 29日後半でしたか。ここで尻に火が突き始めます。
    2. でもその前に「マジカルゾンビ」を清書したり。
  4. 風呂に入る。
    1. 余裕のようですが、気分を転換しないとなにがなんだかわからない状態だったのです。
    2. この時にでたアイディアは「ヴォルカノ竹乃丞の兄にして姉!」でした。
      1. 元ネタは2年前の近代麻雀にあった「花引き」という漫画です。
      2. もうこの発想からして駄目です。
  5. 書き始める前に某動画サイト新必殺仕置人を見る。
    1. 今回のハイライト。明らかにここが悪い。
    2. というわけで、ここで「鉄だ!」ときました。
  6. 状況を考える。
    1. 「どれくらいの人数にするか」
      1. 最初に姉妹幼馴染全員、と考えた。一気に出すより流れて出てきた方がいいかなと思う。
      2. でも、いきなり殺し合いだとおかしいから、承前がいるな、と考える。
    2. 「展開」
      1. VS妹→妹、死ぬ前に幼馴染が狙っていると語る→去る。
  7. 書き始める。
    1. てらてらと最初の展開を書く。
      1. 文体は、古川日出男の真似のつもりで書いてみる。
  8. が、なんとなくさっくり殺してしまうのは面白くないと考える。
    1. よし主人公死のう。あっさり殺されよう。
  9. 最初の展開リテイク。
    1. 最初は回避した描写があったが削除
  10. 主人公死に描写、妹の描写書き。
    1. この瞬間に、「あ、妹殺そう」とアホ電球点灯。
    2. 殺っぽい描写と「こうする為さ」を書く。
      1. 続きを書こうとしたら文字数が限界に。
      2. よし、最後を題名にしよう。

 こうなりました。うむ、いきあたりばったり。書けば何か分かるかと思ったけれど、余計に分からなくなりました。その場その場のアホ電球点灯を重視して書いたりするようです。

 次回は今回の事を踏まえてちゃんと萌えを書く方向に向いていきたいと思います。出来そうに無い。

[] 萌理賞非応募作品リンク集  萌理賞非応募作品リンク集 - 小説蛾螺倶璃砦 を含むブックマーク

 わりかしあちこちに非応募や遅れたものがあるので、この際まとめてみました。主に自分の利便の為ですので、感想とかはつけない方針。順は見つけ次第書きまくってやるです。あと、敬称略です。

 それではいってみましょう。