Hatena::Groupneo

小説蛾螺倶璃砦

2006-09-20

[]「[提言][夢]「ジョジョ」を引用する殺人犯の話が読みたい」に寄せて 「[提言][夢]「ジョジョ」を引用する殺人犯の話が読みたい」に寄せて - 小説蛾螺倶璃砦 を含むブックマーク

 

 先日、S市杜王町にて、猟奇殺人犯緊急逮捕された。

 

 私「小説蛾等倶璃砦」特捜班(総員一名)は、逮捕された“ハンドコレクター”こと○○氏に独占インタビューを申し込むことに成功した。以下は、その全文である。

 

  • きょうはどうもよろしくお願いします。いつも事件は深い興味を持って調査しておりました。
    • よろしく。わたしもきみの記事は時々拝見させてもらっている。週刊誌を購読してあるんだ。
  • (目をむいて)ワオ。本当に? それは光栄だな。“ハンドコレクター”ことあなたが、わたしの記事を読んでくれているなんて。うちに帰ったら妻に自慢させてもらいますよ。妻はあなたの犯罪の大ファンなんだ。
    • それは、こちらこそ光栄だな。きみの記事には見るべきものがあると思っている。お世辞じゃなくね。まあ、もちろん、いくらか改善すべきポイントはあるよ。だが、それはわたしの犯罪だってそうだったさ。
  • ご謙遜を。
    • いや、本気だとも。そもそも殺人行為をするということは、わたしにとっては幸福に生き続けるつづけるということと同じなんだ。そうでなければその犯罪は単なる私怨と同じだよ。わたしは、この町で殺人をはじめて以来、ずっとその信念を貫いてきた。 
  • (深くうなずき)なるほど、さすがですね。それでは、早速ですが、今回の緊急逮捕について伺いたいと思います。今回、あなたは容疑者候補にとどまることがぎりぎりまで正式に決定していましたよね。それがこの緊急逮捕。いまのご実感をお聞かせねがえますか?
    • (ため息をついて)それは残念だよ。わたしは、わたしが容疑者に選ばれないと信じていたからね。客観的に見て、わたしにはその資格があるとも考えていた。なにしろ、わたしの殺人は片桐安十郎ほど有名ってわけじゃない。だが、質はおなじくらい高いはずだし、警察がその点で見過ごすものと思っていた。結果的には、うぬぼれだったわけだが。
  • 惜しいところでした。のこり五人の段階までしかあなたの名前があがってなかったのに。
    • そうだな。たしかに、そういう意味では惜しかった。だが、逮捕されたという事実に変わりはない。ノーベル殺人賞なら候補になっただけでも名誉だろうが、これはそういうわけにはいかない。まあ、爪でも噛んで忘れることにするよ。きみのうでもくれるかい?
  • 丁重にお断りさせてもらいますよ。二本しかありませんからね。ところで、ご存知かもしれませんが、容疑者の選出については、告発が行われたという噂があります。マフィアのD氏は、あなたに個人的な恨みを抱いていて、それであなたを容疑者リストにいれたって話です。これについては?
    • (眉をひそめて)ありえないことだ。わたしはD氏の手相をよく知っている。とても気の弱い男だよ。告発なんてものからもっとも縁遠い種類の人間だ。それに、わたしたちは同じ目的で結ばれた友人でもある。つまり、客と主人だが。
  • ですが、D氏は部下の反逆で命を落としましたね。かれはその件にかんするあなたの発言について、恨みを抱いていたともいわれています。
    • (深く嘆息して)あの台詞か。たしかにあれは大きな事件だった。あの某巨大掲示板でもスレがたったくらいだからね。それについて、わたしがかれを間接的に傷つける発言をしたも認めよう。だが、あれは事故だったんだ。たんなる不運な出来事だよ。荒木飛呂彦ストーリーテーリング上、しかたないことだったし、いまはかれもそれを防止する方策を永遠にとっている。死に続けているが。これについては、これ以上訊かれても答えることはないね。わたしとD氏を対立させて、おもしろおかしい発言を取ろうとしたって無駄だよ。 
  • わかりました。そんなつもりはありませんが、話を変えましょう。これもいまのところ噂話の域を出ませんが、あなたには片腕を失っているという疑惑があります。
    • 椅子から立ち上がりそうになりながら)おい、なんだって?
  • 片腕消失、です。あなたが「日本」で精巧な人体模型を購入しているところを見た、というひとがいるんです。その形が腕だったとか。 
    • 椅子に座りなおしながら)おいおい、きみもそんな噂を信じているひとりなのかい? まったくばかげた話だよ。こんな与太を本気にする奴がいるなんて信じられないね。おそらく、わたしに悪意をもっている奴が流した話だと思う。たしかにわたしは手を見るのは好きだが、それは道端で仕事をするパートナーとしてさ。わたしはあらゆる意味で完全体だ。もちろん、略奪派を差別するつもりはないがね。
  • 本当に?
    • 神に誓って(十字を切ってみせる)。
  • べネ。もちろん、わたしだってそんな話は信じたくありませんよ。あなたほどのひとが片腕消失だなんてね。ですが、世の中には口さがない連中もいますからね。 
    • わかっているとも。殺人を初めて以来、わたしはそういう連中に苦しめられてきたんだ。わかるかな。連中はそういうことを言いふらして、こちらが困惑するのを見て楽しんでいるんだよ。だが、唯一の真実は、わたしはコレクターだということだ。
  • わかりました。たしかにあなたの犯罪に対する観念はどちらかといえばコレクター寄りに見えます。とても略奪派とは思えない。 
    • そうさ。これは一個人の意見として聞いてほしいんだが、最近殺人はあまりに略奪な行為に直結しすぎている。殺人は本来、性的にするものだ。むろん、己の好奇心をそそる程度のほのかな略奪行為は許されるだろう。だが、いまの状況は度が過ぎていると思うね。略奪殺人ゲームが平然と普通ゲームの棚に混じっているんだから、まったくクレイジーな状況だよ。
  • それは、あなたの殺人観を反映したものと受け取ってもいいでしょうか? つまり、あなたは現在の略奪の氾濫を苦々しく思っていると?
    • おいおい、それは拡大解釈が過ぎるよ。わたしは確かに略奪を嫌っているが、他人のする事に口出しするほどではない。ただ、殺人が強盗の延長のようなものに堕落することは望んでいないということだ。
  • わかりました。ということは――おっと、ざんねんですがそろそろ時間が来たみたいだ。もっとお話を伺いたいところだけれど、しかたがない。退散するとしましょう。きょうは本当にありがとうございました。お話を伺うことができて、非常に有意義でしたよ。
    • こちらこそ、口頭弁論をまとめる参考になったよ。
  • 時計を見ながら)さいごにひとつだけ。ちょっとわたしの手相をみていただけませんか? 
    • もちろん。うんうん、素晴らしい太陽線だ。頭脳線もべネ。・・・ん!?あれ?・・・おかしいぞ・・・この手急におかしくなった・・・ この手生命線が・・・全然ないッ!はっ!!!! なるほどうわははははははは は、これは俺の手でしたァぁぁぁいつのまにかァァァ!!
  • (ニヤリとして)なるほど、あなたが片腕を失っていることは証明されましたよ。これで俺の復讐は達成された。だが、俺は、俺は!

うああああああーーーーーーーーーーッ!オレのそばに近寄るなああ ーーーーーーーーーッ!

 

 

 このインタビューはあくまでフィクションであり、実在の人物、団体、ブログホームページその他とは一切関係がありません。

 改変は筆者の独断で行われています。お叱りや抗議やお叱りや抗議やお叱りは私まで。

 こう言えば許されるとは思っていませんが、だって思いついたんだもん。

<参考文献Something Orange のこの記事

sasuke8sasuke82006/09/21 00:19ありがとうございます。夢はかなう、のですね。
あの方の名前が出てきて、D氏の正体が判明したときは、本当にブルブルときました。素晴らしい。

hanhanshanhans2006/09/21 15:27お褒め頂恐悦地獄。恥ずかし乙女です。
こちらも書くネタを閃かせていただきありがとうございました。
基本のインタヴューの出来が良かったのが勝因です。他力本願です。