Hatena::Groupneo

小説蛾螺倶璃砦

2006-08-26

[][] 第エイッ、ナイン、10回 ガガガ編集部・編「ライトノベルを書く! ―クリエイターが語る創作術」について書く!  第エイッ、ナイン、10回 ガガガ編集部・編「ライトノベルを書く! ―クリエイターが語る創作術」について書く! - 小説蛾螺倶璃砦 を含むブックマーク

 ガガガ賞!

 ファック文芸部杯

 萌理賞

 文学フリマのネタ出し!

 日々の徒然!

 あっちが立てばこっちが立たぬせいで精神論にすがりたくなるこの恍惚! そんな中で、これを書くのは頭皮遺骸の何者でも無い!

 さておき。

 とりあえず、対談はサイトにあるもののようである。面倒は後に回すのが私の指標なので後回し。

 最初にある短編は以後にある袋とじにてその完成までの経歴を書かれているようである。グロである。グロは私においては障害にならない所かむしろ「ばっちこい!」なのであるが、好きな物は後から食べる、を標榜する私としては、後でじっくり楽しみたいと思う。

 「創作のための読書案内」は、全部がライトノベルで構成される奇跡の展開。明らかなツッコミ待ちは冷静に流すのがたしなみ。

 そういうわけで、残るはインタヴューのみ。意図的に残ったんけど。

 まず、最初の紹介が若干褒め殺しに見えるのは私の邪念であろう。発言の要約が章題として書かれているのは好感触。ここだけ読んでも内容がわかるのはよろしい。

 大まかに使える使えないで見ると、具体的な書き方のような話はあるものの、書き手個人によって立つ話がおおい。これを使えると見るか見ないか、である。

 私の見解を述べると、人の方法論も使えそうなら使えばよいと思う。技術も方法も、何もひとつだけが良いとは限らないではないか。玄人でもその辺がぶれるだろう、況や素人をや。使えそうなものはなにんでもかんでもつかえばよかろうなのだーーっ!!

 荒木語を使うのはオタクの悪い癖のひとつである。

 では個人個人のインタヴューを見てみよう。

  • <作者名>
    • <インタヴュアーの発言の行:作者の発言の行>
    • <インタヴュアーの発言回数:作者の発言回数>
  • 発言内容の傾向など

 という形に書いておく。これから何か見えてくる気がしないことは無いとは言い切れないという可能性も無きにしも非ずんば虎児を得ず。

 

  • 賀東招二
    • 88:416
    • 20:22
  • 全体として自身の作品「フルメタルパニック」を紐解きながら、という構成。といってもインタビュアーの質問に対する受け答えが多く、自然とそうなったというのが正確な所。
  • 結と書きたいシーンさえ、ちゃんとしとけば、後は自分のバランス感覚でなんとかなる、というのが大まかな趣旨か?

 

  • 川上稔
    • 45:639
    • 15:19
  • インタビューされた作家の中でも断トツのしゃべり量。ページがほとんど字に埋まってた。内容としてはかなりの俺理論。「自分は自分、他人は他人」と言い切っているので使えるかどうかは人次第。
  • 「まずやりたいことありき」、「プロットや設定は書く時の安心感の為にある」あたりは、使い様であろうか。
  • 「作品の中といえど、俺が殺したのだから、作者としてしっかり責任を取ろう」、「今の読者にとって、俺たちが敵として存在できていることを願います」あたりのテンションの高さというか、熱量はすごいなぁ、と思う。

 

  • 桑島由一
    • 58:524
    • 22:22
  • 全体を要約すると「商業な事を忘れるな」だろうか。
  • ネット小説書く時は批評の質を見極めるべし、もか?
  • 経歴の話が長い(最終的に上記の要約にまとまるとはいえ)ので、読む所は少ないか。

 

  • 新庄カズマ
    • 56:478
    • 18:20
  • 自身の教本を手塚治虫「まんがの描き方」とするだけあって、キャラや話を記号的、構造的に考える、という話。
  • 小説は九割九分九厘技術
  • 文体は勝手に出てくる、「世界設定作り」と「お話」は相性が悪い、という経験則。
  • 小説家とは「小説を書き続ける人」」はけだし名言だねぇ、であろうか。

 

 

  • 山下卓
    • 53:509
    • 17:20
  • 「自分に人に語る言葉は無い」というスタンス。「あくまで自分は書かされている」。
  • 出てくるタイプなので、参考になるならないで言うとならないかもしれない。
  • 小説を書くというのは「嘘」をつくということ(中略)作りこんでいくと、「嘘をついている感覚」が消えていく瞬間がある」

 

 

  • 野村美月
    • 85:437
    • 32:34
  • 断トツの受け答え率。ここだけインタヴュアーもゆるく、他ではなかった「(笑)」を使う。
  • 会話が微妙に成り立っていない感があるのは気のせいか?
  • 少年向けレーベルなら逆にかわいい女の子がいくらでも書けるんじゃないか!」。確かに盲点だ。
  • 最近の作でミステリ的な書き方をしていたが、「作品を書いているうちに、構造から要請されて必然的に出てきてしまったもの」と言い出す。
  • 投稿者向けの話は実際に下読みをなされているそうなので参考に。
  • 「読みにくいのはダメ
  • 「『完成度が高いけど、類似作品がたくさんあるもの』よりも『粗があっても、そのひとならではの作品』の方が断然有利だと思います」、「自分に書けるものに合わせて賞を選ぶ」
  • 参考になる。

 長々と書いたが、結論としてはやっぱり「人による」以外なにものもないんじゃないだろうか。という感じのインタヴュー群だった。

 以上。

2006-06-21

[][] 第ミスターQ回 「白い…、ノートが真っ白だ…」  第ミスターQ回 「白い…、ノートが真っ白だ…」 - 小説蛾螺倶璃砦 を含むブックマーク

 古川日出男「ボディ・アンド・ソウル」を読んだ。凄まじい衝撃を受ける。超絶わけわららんハイテンション所によりローテンション所により創作所により幻想小説所により手記所により文学論な文章の中で古川日出男師の小説に対する思想マインドが爆裂炸裂四散しているのだ。アニマスピリチア!

 そそそそそそれがし一生の不覚。師匠! と唐突に精神的師弟関係を結ぶ。*1当然一方通行いわゆるストーカー精神。罪を憎んでフェチを憎まず。違う。

 ついでとばかりになかなか読めなかったガガガトークをぱにぽにだっしゅの曲に乗せながら一気読みする。まいふぇいばりっと「雪月花」のいかにも時代劇EDムードに合わせて読むこの悦楽!

 話が逸れている。ガガガトークの事だった。

 感想

 おまんら、そんな井戸端会議してる間には実践しる!パッション

 何様だ。

 古川日出男師のパッションに当てられた成果「おまえの言の葉がいちばんなまっちょろいぞーっ!!」という気分になる。偉大ナリ意味不明ハイテンション

 だがしかしここで問題発生。今書いている「実は強かった日本語」をいきなり全部破棄してしまいたくなったのだというかするつもり。書いていない時期が結構長かったのでこの際大幅に書き方を変えてみたくなったのだ。

 よからぬ!

 そうしたが最後設定から何からすべてまるっと違う物になってしまう気がする。ああでもその方がもちべーしょんがあがるしああああああ。

 今日のオーレン・イシイ調ツッコミ

 ライトノベルブームの真実と嘘を間近で見つめる評論家

 ウソツケ!

*1:一応題名&ワンフレーズから小説を駄々漏れさせたりする手法といのを私もやっているというかそれ以外で出てこないので精神的には師匠

2006-05-24

[][] 第みつばちハッチ回 ガガガのガチ、みせてやんよーーーっ!!  第みつばちハッチ回 ガガガのガチ、みせてやんよーーーっ!! - 小説蛾螺倶璃砦 を含むブックマーク

RATTA-NETや各所からの情報ですでげすぜ、ファック文芸部の皆の衆。病に臥せったMEにはこれらKOTODAMAは少々へびーぶろう。重すぎるぜい、だんな。

だんな、だんなよう。よりによって部ログですぜい。これはつまり、

「敵か」

兄者!」

「ふふふぅ、愚か者じゃ喃、ガガガ編集部。それが己の命を縮めん事を知らぬと見える」

「では、兄者!」

「おうともさ」

「ああ、兄者のあれが、ついに!」

「ふふふぅ、返す返すも愚か者じゃ喃、ガガガ編集部。我らが兄弟に睨まれて、己の命を縮めん事を知らぬと見える」

「では、兄者!」

「おうともさ」

「ああ、我らが兄弟のあれが、ついに!」

「ふふふぅふふふぅ、幾重に見えど愚か者じゃ喃、ガガガ編集部。我らが静河兄弟に睨まれて、己の命を縮めん事を知らぬと見える」

「では、兄者1、兄者2!」

「おうともさ」

「おうともさ」

「ああ、我らが静河兄弟のあれが、ついに!」

「ふふふぅふふふぅ、七転八倒の愚か者じゃ喃、ガガガ編集部。我らが静河十六兄弟に蛇のごとく睨まれて、己の命を縮めん事を知らぬと見える」

「ふふふぅふふふぅふふふぅ、五里霧中の愚か者じゃ喃、ガガガ編集部。我らが静河十七兄弟に蛇蝎のごとく睨まれて、己の命脈を縮めん事を少しも知らぬと見える」

「では、兄者1、兄者2、十把一絡げに兄者17まで!」

「おうともさ」

「おうともさ」

「「「「「「「「「「「「「「「「おうともさ」」」」」」」」」」」」」」」

「ああ、ああ、我らが静河18.5兄弟のあれが、ついに!」

「そうはいかぬ」

「何奴!」

<その後、静河兄弟の名を聞いた者は、いない>

2006-05-21

[][] 第しっくす回 文!盲!  第しっくす回 文!盲! - 小説蛾螺倶璃砦 を含むブックマーク

 クオリアいっぽんとられたな、とは確か唐沢俊一氏あたりが言った駄洒落であるが、今現在、わしからは文章の、正確には小説放出が無い。 ゆえに書けない。割と困っている。夜のほうがなんだか書ける気がするにだが、0時以降起きていてはいけないという了解での生命意地において、つまり生殺与奪権をがっちり握りこまれているにだから、起きて入られないと言うことになり結果書けない。

 いいわけだっ!

 書こうと思えば、いや書こうと思ったとき、その行動は既に完了してるんだ! それが無いということは、覚悟が、心からの覚悟が無いっ!ということにだ!

 野村美月「“文学少女”と死にたがりの道化」を読む。

 クオリアいっぽんとらにだな。

 負から正への変転が美しすぎて、見惚れる。特に負の加圧が見事。これでコメディって書かれちゃうんにだから、クオリアいっぽんとられたな。

 終わり途上で「書く」についてやんわりと触れられる。精神的に。

 書くとはなんだろう、書くのはなんだろう、書くをはなんだろう。

 少なくとも、ここに愚痴を書くのは、筋違いだろう。

 ああ、書けよ、俺。

追伸

 前回と今回とで数字が逆なのは内緒だ!

2006-05-17

[][] 第 7 ~モールモースの騎兵隊~回 その名は。  第 7 ~モールモースの騎兵隊~回 その名は。 - 小説蛾螺倶璃砦 を含むブックマーク

 地味に「本当は強かった日本語」が執筆中。展開に暴力が色鮮やかに彩られている。無意味暴力無意味暴力無意味暴力暴力

 話としては明るくしたい、という要望に元に、明と暗なら明、明とライトならライトライトサンライズイエローならサンライズイエローとひたすら明るくしようと、うんうんうんうん、うなる。吼える。

結果、出力される話はインチキVSいんちきの嵐。これだからスピンオフは信用できない。

 さておき。

 名前が思いつかない。「本当は強かった日本語」の正式名称すら思いつかない。名前をつけるのがこんなに難しい行為だったとはっ。困らせてちょっと困らせて。

 自分の生み出すペルソナとしてのキャラクターに、自動名称作成を使うのは忍びない。そんな事したら、おれの分身達が「自動的なんだ」「自動的だね」「自動的」「自動的って?」「自動の的」とかのたまいだすのだ。それは少々うざ。なので、うんうんうんうん、うなる。吼える。

 さて、それより一番問題なのは、未だにペンネームが決まらない事だ。なにかいいものは無いだろうか?「冥襦袢檎呑」思いつかない。

<今回の製作過程>

「次は、容赦なく首ですぜい」