Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2004-07-31

[] 竜宮 11:23  竜宮 - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  竜宮 - pour away

少し変な味のカクテルアルコール

網戸から入ってくる風が肌を撫でてく

出逢ったばかりの二人の時間

点けっ放しのテレビからは音楽の売り上げランク

交わす言葉もそんなになくて

沈黙を誤魔化すように手を取って抱き寄せた



慣れてないようで知らないようではなくてどこかぎこちない

吐息の合間から漏れる耳を澄まさないと聞き逃しそうな否定

サイズを計って合わせたようにしっくりと馴染んだ

天井が水に沈んで時計の針がゆっくりになる

大昔の海底の城での出来事みたいに

目を瞑ってしまったらあっという間に朝が来てしまう

とても穏やかに緩やかに流れて

現実との溝を残酷な程に拡げて行く


曖昧で簡単な始まり

それにならうように訪れる終わり

それもまた同じように曖昧で簡単で

離れた心だけがしゃぼん玉みたいに空に浮かんで消えた

なんでもないようなすれ違い

またなんでもないようなすれ違いで巡る

互いにずれた時計の針を合わせるように

言葉を紡げない様に口を塞いだ

心なんていらなくて愛なんて言葉だけで

恋人たちの儀式も何もかも必要なくて



ただただ二人がそこにいたから