Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2005-11-15

[] 秋夜月音 13:55  秋夜月音 - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  秋夜月音 - pour away

空を舞う月が

風と交じる紅葉を妖しく燈らせる



緋く染まった葉と

少し若い黄蘗の葉が擦れる



夜の闇を彩り

揺れて織り成す色彩

月の冷たく優しい粒子が妖しさを添う



その月の粒がグラスに注がれた琥珀の水面へ落ちる

自身の影を僅かに紋が震わす



幾つかの粒子が白い息をする氷に当たり



からん



と音を点てる



その音を鍵に釣られて

息を潜めていた音達が伴奏を始める



風が紅葉を鳴らし

黄金の裾野も撓みだす

秋夜の主が

流れる律に合わせて命の音を生む



壮大な歌劇にグラスを掲げる