Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2005-11-30

[] 鈍く虚ろな者達 14:59  鈍く虚ろな者達 - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  鈍く虚ろな者達 - pour away

映ろう

遷ろう

虚ろう



眠らされたまま堕ちた都

誰も気づかないまま忘れる事で続く



あの実の味はうっすらと舌に残っている

甘く痺れる様な



あの地の景色はうっすらと瞼に残っている

美しく滲む様な



あの人の感触はうっすらと肌に残っている

柔らかく溶ける様な



あの光る目はうっすらと心に感じられる

鋭く押し潰すような



追いつきたくて

戻りたくて

いろんなものを創り続ける

世界を近づけようと



遠くまだ見ぬあの景色に思いを馳せ

夜の闇の見えない視線に怯えながら



美味しいと感じるのはあの実を食べたから

美しいと感じるのはあの景色を覚えてるから

寂しいと思うのはあの人を感じているから

闇が恐ろしいのはあの眼が忘れられないから

善も罪も一緒に



映ろう

遷ろう

虚ろう



不変で普遍という蜃気楼を目指して方舟は行く