Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2006-02-01

[] 悲しい事 辛い事 それを失う方が残酷 17:37  悲しい事 辛い事 それを失う方が残酷 - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  悲しい事 辛い事 それを失う方が残酷 - pour away

どこか見覚えのある公園

夢の中の景色なんてそんなものだ

霧が掛かったように周りの景色は霞んでいる

目の前のマンションは遥か雲の彼方までのびている

その公園にはと同い年の女の子が

二人で一緒に遊んでいる

楽しそうに笑ったりしているが

一切の音は聞こえない

忘れそうになると見る夢

最後はいつも女の子が手をこちらに差し伸べる

そして何かを言って

ぼくは

子供のぼくは少し怖くなったのか

それともその強さに惹かれているのか

手を伸ばして掴もうとする

ここで掴めずに夢が終わる

いつもの夢だ



終わらない

顔は夕日が反射してよく見えない

いつもと違う

頬に流れる一筋

その小さな女の子の頬に涙が流れていた



いつもの朝

妙に鮮明に覚えている夢

鏡の中の顔には隈ができている



ここの所忙しかったからかな

気になるなあの女の子

虫の知らせとかじゃないよな



仕事を終えて帰宅すると一通のメールが

友達伝いに知り合いの女性が事故で亡くなった事を知る

そのメールに書かれた住所

目蓋の裏で火花が散る



この住所知っている・・・?

ぼくは一体・・・?

あれ・・・?

彼女は確か・・・?



日常が崩れる

違和感が襲いかかる

今という今が嘘になる

口にしてしまった事が現実になった

そんな自責の念に押しつぶされそうになる



夢に出てきていた公園

今ははっきりと思い出せる

次の日ぼくは急遽休みを取ってその公園へ向かう

今の自宅からは車で5時間程だった



そうだ

ここだ

あの子と遊んでた

どうして今まで思い出さなかったのか

公園のベンチには一人の男が座っている



頭がどうにかなりそうだった


愛しい


笑う時の白い歯


悲しい


淡い唇


怖い


流れる涙


逃げたい


柔らかい肌



お揃いのカップ


記憶


繋いだ手


自分


壊れた砂の城


時間


駆け上った階段


現実



頭が割れるように痛い


いろんなものが体を流れていく

制御ができない

それでも何かが出てこようとする

ますます混乱する

足りない



夕日を見ながら涙を流し続けるぼく

それをみてその男が声を掛けてきた



どうかしましたか?



いえ なんでもありません

すこし 悲しい事を思い出しまして



そうですか その悲しみを消したいですか?



?・・・

ええ まあ

なんで思い出したんだろうって



そうですか

もう分っていると思いますので

目を閉じてください



目の前を閃光が走る

確かこの男は

そうだ

ぼくは妹を愛してしまった

何もかもが罪になったあの日に

この公園で

悲しみを持っていって貰ったんだ

大事な想いと共に

そして夕日を背に消えていく彼女



目を覚ますいつもの朝

夢の中の公園にはもう誰も居ない