Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2006-02-15

[] 春を待つ夜 14:39  春を待つ夜 - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  春を待つ夜 - pour away

今日は朝から暖かかった

コートは必要ないかななんて迷った挙句着ていった

帰りは少し汗をかいた



部屋は昼間に暖められたい草の匂いでいっぱいだった

ふわっと香る緑

その後に来る穏やかな熱



思い立って棚から数本のリキュールを出す

荷物を置いてキッチンで手を洗いながら煙草に火をつける

そういや部屋で煙草を吸わなくなってどれ位経つのかな

今日みたいにい草の匂いがするとなんだか嬉しくなる



桜と杏と桃のリキュールを取り出す

それぞれをステンレスのボトルに氷と共に静かに入れる

軽く振って短めのグラスに

今日という夜の風をイメージした一杯

本当は桜の花びらの塩漬けなどを添えたいけれど

肴は特に作らずに

乾杯の相手が欲しいな

窓を全て開けて夜風を迎え入れる

吹き抜ける風がグラスの表面を揺らす

乾杯