Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2006-03-21

[] 今を逃げる 14:46  今を逃げる - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  今を逃げる - pour away

なんだか今日はおかしかった

強迫観念にも似たそれに駆られた

何も無いところへ行きたかった

正確には自分がなんでもない人になれる所へだ

何もかもが煩わしかった

いつまでも鳴り響く街の喧騒

幹線道路を行き交う車の音

携帯の着信音

自分を取り巻く人の繋がり

新しく生まれ変わりたいとかじゃなくて

全て脱ぎ捨てたかった

その後の事を何か考えているわけもなく



どこを通ってそこへ来たのかは思い出せなかった

灯りは自分の車のヘッドライトだけ

そこからは遠くの方に小さな小さな街の明かりが見える

その小さな街の灯りの一つ

その小さな灯りの中で

その小さな人間はその小さな心で

その小さな心の中の小さな悩みは

ここから見たら無に等しくて



風が穏やかに笑ってた

なんだか憑き物が落ちたみたいに肩の力が抜ける

ポケットの中の潰れた煙草に火を点ける

不恰好にも光る煙草は自分にも似ていて



皆が幸せになれたらいいな

皆幸せになりたいだけなのにな

楽園みたいな所まで後どの位なのかな

ねえ 神様