Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2006-11-07

[] 心海ダイバー 18:08  心海ダイバー - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  心海ダイバー - pour away

水しぶきを上げずにすっと落ちる

引かれる力に任せてカラダの力を抜く

水の中はいろんな魚の群れが泳いでいたり

または生き物の気配がまったくなかったりする

カラダを守るものなんてなにひとつ無い

何が起こるかわからないから

予備の酸素ボンベすら背負わない

自分の心以外のモノの何に警戒されるか

溶けるような感覚で滲んで馴染んで行く

すると今までは折々の水景色が収束する

遠くまで見渡せる透き通った生まれながらの色

それがごく自然な事のように何も無い深い海の底

足をつけるとサラリと周りの砂のようなものが舞い上がる

あとは目を凝らしながら周囲をくるっと回れば大抵見つかる

何かに怯えて硬い堅い貝殻に閉じこもっていたり

ぼーっと漂う海藻や差し込む光を見ていたり

流れに乗って泳いでいたりする

降りてきたダイバーに驚いて戸惑いながらこう聞く

「どうやって降りてきたの?」

って



理由なんて言えないしわからないから

ただ微笑み返すしかできないけど