Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2007-02-21

[] 家の中にある異空間 11:25  家の中にある異空間 - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  家の中にある異空間 - pour away

何も身に着けていない女の身体

大きな三面鏡

カーブを描く洗面台

自分の事をキライな私

正直この場所を好きになれない

今週は立て続けに無駄話会議があった

皮膚がうんざりしている

週末はゆっくり休ませよう

ふっと青い香水の匂い

オトコのカラダの匂いと交じった甘い甘い匂い

後ろから肩と腰に硬い手が包む

いつもの事なのに私は間の抜けた声を出してしまう

耳元から首筋をオトコの肌が触れる

触れるか触れないかという歯痒さに神経は集中する

濡れた感触

鏡にはてらてらと光る赤い舌が私を伝っている

鏡を通して視線がからまる

鏡越しのオトコの視線から逃れられなくなる

「ん 美味しい?」

オトコは少し笑って胸に触ってくる

呼吸の湿度が上がる



オトコの手の中で形を変えるオンナのカラダ

何も身に着けていないオンナのカラダ

オトコと絡まるとなぜこんなにもイヤラシイのだろう