Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2007-05-04

[] 水鏡 15:30  水鏡 - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  水鏡 - pour away

降り落ちた雨粒が巻き戻されてくみたいに

まあるい気泡が空へ吸い込まれてく

手元にまで届く太陽のやわらかさ

空と底を隔てる表層がゆるやかに捩れている

力の限り空の向こうへ向かって推進してみる

きっと透明な壁越えて

纏まり付いた君達も連れて

ねばねばした今までのしこりが離れて

やわらかい太陽は熱を放ちこの体を迎える

同時に生まれる僕の影

空へ向かう僕と同じように海底へ向かう僕

気配に気付き振り返ると寂しそうな顔が揺れて



どうして空には僕の影が浮かばないんだろう

穏やかな海の底を泳ぎながら考える