Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2008-05-29

[] 煙草の味 00:37  煙草の味 - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  煙草の味 - pour away

足元から伝わる地を這っている振動。硬いシート。

遠くから聴こえるロック。白いイヤホン

自分の体という殻に潜り込む。音が近くなる。実感。

ゆっくりと目を開ける。あと二駅。夢を見ていた。…気がする。わからない。

眠っていたのか。思い出に耽ってたのか。

目を閉じると、小さな小さな粒。燈る。

天道虫のような赤。消えそうに煌々と。

触れたら消えてしまいそうで、けれど火傷してしまいそうに熱い。

甘い声を絞られて上下する肩。二人の空気を飲み込む喉。真っ暗な部屋。目を開ける必要すらない。

カチンと金属の音。聞き慣れた澄んだ音。

目を閉じていても、どこにいるかわかる。その合図にどこかへ浮いていた体の感覚が戻ってくる。背中と首が痛む。

カチン。シュッ。カチン。口に出さないように唱える。反芻する。

ゆっくりと体に感覚が馴染んでいく。息をつく。

香ばしく焦げる匂い。焼きたてフォンダンショコラ

とろりとした甘いもの。期待して口を啜る。



苦っ。



煙草の味。

…匂いは好きなのに。







…苦い。