Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2008-06-09

[] 姉ログ 14:30  姉ログ - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  姉ログ - pour away

B型の姉。

Twitterサルベージと追記。



友人の結婚式の為に上京してきた姉と待ち合わせもののけ姫こだまみたいに口あけてぼかんとしているところを捕獲。

第一声は

「東京の人って足速いのね」



姉はフリーキップで都内を移動するらしく、

suica ばかりの改札に大層ご立腹でした。

「でれねえ!しかも前の人がぴこーんってなって蓋閉ってるのに!足速いから通れるの!私が引っ掛かるの!」

「…蓋?…ああなるほど」



駅で昼飯色鮮やかな夏野菜カレーののぼりを見て「ここ!」

「…あれ?いいけど?」

「私ナスとにんじんとブロッコリー嫌いだったよね?」

カレー運ばれてきてから気づくなよ…っておいwしかも乗せるな!人の皿に!」



「あんた好き嫌いなくてえらいわねー」

「好き嫌いがある人の気持ちがわからんめんどくさいじゃん」

「まーそなんだけど食べれないのよお昼これだけで足りるかなー」

「…そりゃメインの具をほとんどこっちに移したらな…」



サンリオショップ行くかジブリショップ行くかで口論になりキティちゃんのぬいぐるみをぶん投げられた。

結局別々にそれぞれのお店に行くことになり一時間後に待ち合わせ姉は大量の手荷物を抱えて戻ってきた。

「いくらつかったの?」

「…2まん6せんえん」

「…えー…」



「なんでついてくるの」

「泊めてくれるんでしょ?」

「ちょww宿は?」

「おまえんとこ」

「金取るからね」

「5円で十分だろ」



「ベッド貸さないよ」

「お前はどっか女のとこでもいけよ」

「そっちこそ男のとこにいけよ」

「はーこんな狭い男に育てた覚えは…」

「育てられた覚えもありません」



「パジャマ貸して~」

「ねーよそんなん」

「探せば女物の服出てくるんじゃねーの」

「ありません」

「 T シャツと Y シャツどっち派?」

「 Y シャツ」

「変態」

「ほんとに帰れよ」



口に何かを押し込められる違和感で起きる。

「…んなにこれ」

「トロピカーナパイナップルグレープフルーツだよ!おはよう!」

「…何時」

「7時半!」

「寝る…」

「起きろ!朝食を作って!」

「お願いだから空気読んで…」

「お前が読め!」

さらにトロピカーナを口に突っ込まれ降参。



「冷蔵庫に何もないのねー」

「あー家じゃ食べないから」

「モテるためには料理しなさいって教えたでしょ!」

「近所においしいパスタ屋さんあるよ」

「行く!一時間…いや三十分待って!」

「…その間寝てるね」



「パスター♪パスター♪おいしいパスター具はなんだろねー♪」

「またおかしな歌を…」

「どれくらい美味しいの!?」

「ど、どれくらい!?うーん…好きな人が作ってくれた料理くらい美味しい」

「まーじーでーそれは楽しみー」

「不味いパスタ屋なんて見つける方が大変だよ…」

「あたしが不味いなんて言ったら相当よ!」



結婚式に行ってそのまま帰ると言っていた姉。

深夜12時頃に自宅に戻ると例の如く口を開けてぽかんとしている。

「…あれ何してんの?」

「待ってるの」

「何を…」

「あんたが帰ってくるのを」

「なんで?近所の人が誤解するだろつーかちょっと怖いよ?」

「いまここで叫んでやろうか」

「やめい」



「シャンプーの匂い?お風呂行ってたの?」

「そうそう近くに銭湯あったからそこで~」

かしゅ。

「何勝手に冷蔵庫開けてるんだよww」

「はー風呂上がりのビールは格別だわ」



「んで?」

「なに?」

「なんでまだ居るの」

「席がなかった」

「帰りの?」

ビールをくわえたまま頷く。

「…お姉さま今年おいくつでしたっけ」

「女性に年齢を聞くとは男子の風上にもおけん」

「お姉さま?」

「えへへー?にじゅうとむっつー」

「それは僕の年齢だろ!」



「よし明日の電車を調べておくれ」

「ほい」

カタカタカタ…

「朝五時半にあるよ席も空いてる」

「今ここでPCに酔拳をしない私はよくできた姉だと思う」

「夜の八時半が最終です」

「さすがパソコンオタク!ありがとう!」