Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2008-11-13

[] 喧嘩の理由なんて下らなさ過ぎて忘れた 19:10  喧嘩の理由なんて下らなさ過ぎて忘れた - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  喧嘩の理由なんて下らなさ過ぎて忘れた - pour away

いつも、少しのすれ違いとか、そもそも話が噛み合って無かったりとかしてる。

仕事じゃもう少しうまく立ち回れるのに、なんでこうも上手くいかないんだろう。

声を張り上げて、詰って、やけに丁寧なメール送ったりして馬鹿みたいだ。



いつも、途方に暮れる、という言葉が正しいのかわからないけど、今の自分にはなんとなくぴったり吸い付く、その言葉。

空に申し訳なく思い、薄目を開けて見上げる。考える。どうやって仲直りしようかと。



いつも、甘い物じゃ芸がないよな。こないだはケーキ投げ返されて潰れちゃったし。

花は?柄じゃないよね。自分は女性に対して花を贈る、という行為がセックスより恥ずかしくて、できない。

花屋に一人で入るのは、アダルトビデオを借りるより恥ずかしい。例え、レンタルショップの店員が女性であっても。

一人で彼女の下着を買いに行くようなもんだとすら思える。



いつも、のドア。

結局、手持ち無沙汰。謝罪のメールも書いては消して繰り返して。

ぎいっと開くのを拒むようにドアが音を出している。

そんなに嫌がるなよ一応家主なんだとドアに申し訳ない気持ちになる。



いつも、の部屋はどこか寂しげで、数日誰も居なかったような、旅行から帰ってきたあの日のようだった。

そのときの彼女は確か窓を一杯に開けて、玄関も開けっ放しで。

吹き抜ける風が、淀んでいた部屋の枯れた空気を一掃してくれたっけ。

風に吹かれて顔を背けるのがとても可愛らしかった。髪が靡いて。

同じように玄関を開けたままにして靴を脱ぐ。ベランダの窓を開けてから気がつく。風が無いことに。