Hatena::Groupneo

pour away このページをアンテナに追加 RSSフィード

掴めそうで掴めない情景、淡く、うっすらと。

記憶の中にぼんやり灯る物語。

2007-09-22

[] 揺れる蛍の幻 - the chemical light 03:04  揺れる蛍の幻 - the chemical light - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  揺れる蛍の幻 - the chemical light - pour away

なんで今日という仕来りがあるのだろう
悲しいことは忘れたいはずなのに
楽しかったあなたとのあの日を想う

                揺れる蛍の幻

眠気覚ましに酸味のあるガムを噛みながらようやく辿り付いた



ボクは罪悪感に襲われる

あなたが怒るんじゃないかとそわそわする

あなたにあいにきてしまった

弱ったときにまた死んでしまったあなたを頼りにきてしまう



見晴らしの良い緑の丘の上



「死んだらそこで寝かせて」



そう言ってた



「そのときはなんでまたこんなところに?不便だよここは」



と半分冗談で返して



「それがいいのよ」



となんだかそんな返し方があなたらしくてボクは妙に納得してしまった

それが正しいような気になった

今ではそれが結局は正しかったんだろうなとも思う

あなただったあなたのいれものが静かに埋められたこの丘に一人

いや二人

ここに来ればいつだって二人っきりになれるのだから

まさかそんな事まで考えていたのかな

いやまさか・・・ね

でもボクには見えてしまうんだ

枯れ果て朽ちた光景が

まるであなたが全ての養分を吸い取っているのか様に

やっぱりここに来ると落ち込んでしまう

わかってはいた

ただ

どうしても



心が沈みきってしまい動けなくなる前に水筒の中身を飲み干す



昔ながらのコーラ



懐かしい味

そもそもそんな昔の味なんて知らないけど



一呼吸してボクはあなたが埋められている真上に寝転んだ

空が深くてボクは空に沈みこんでいった

いや空が落ちて来たのだった

粘度の高いその空はぼたぼたとボクの周りに落ちて

ああ空にヒビが入ったんだついにと思った

ばしゃばしゃと流れ落ちてくる空を浴びながら

あなたの血液の温度を感じた

口を開けると空は喜んで尻尾を振ってボクの中に飛び込んできた

無理やり咥えさせられ喉の奥を突付かれる女優のように

咳き込み涙を流しながら

ボクはひたすらにただひたすらにその喜んで流れ込んでくる空を飲み続けた

もう口を閉じる事もできないし喉が渇いて仕方なかったどこか生臭い味がした

さっきまで真っ青だった空はいつの間にか鮮やかな血の色になっていた

ボクの中一杯に入り込んだ空がボクの中で弾けた血の夕焼けだった空は昼と夜とが一緒になっていた

昼の月と夜の星が蛍みたいにぽわんぽわんと明滅しながらボクの中に飲み込まれて行ったそれらがぱちんぱちんとボクの中で炭酸のように弾けた



ぱしゃっ



小さい小さいとても小さい音がした

それはひとつの灯りもない田舎町の夜に離れた場所の川で魚が飛び跳ねる様な音で聞き逃しても差し支えの無いどこにも響くことのない音

どこにでもあるようでここにしか無い音

だけど何かが引っ掛かる音

虫の知らせ



空が溢れ出してボクとひとつになろうとしているのがわかった

ボクの中で弾けた空がボクの中から溢れ出していた皮膚が熱くて皮膚の下の肉が熱くてボクは全身を掻き毟って風に晒したいと思った

きっとアートみたいに綺麗に秋の風に晒されてきっとあなたはうっとりとそれを眺めながら言うんだありがとうとかって

そんな事を考えていたらボクはいつの間にか空にいた空になっていたボクが寝ていたあなたが埋まっている場所を空から見つめていた

狙いを定めるしなやかな筋肉を持つネコ科の肉食動物のような気分だった



どくんっ・・・



どくんっ・・・



どくんっ・・・



運動会の徒競走ではいつも緊張したけれどわくわくしたあの先生の握る銃が走れの合図を出すのを

その日のそれだけの為に犬のように訓練され犬のように走り犬のように喜ぶ為だけに



ぱあん!



合図がなったボクは力を込めた左手の指が溶けて空になっていたが感覚はあった同じように右足は感覚がなかったが右足があることだけは見えた空であり母なる大地である青を蹴ったハードにカクテルされた世界を蹴りつけたボクの中のそれが力を導いて引き摺りだしてくれていた一斉にボクはあなたが埋まっている丘を目指して飛び込んだ丘は口を大きく開けて涙を流し嗚咽するボクの喉だったそして夏の授業の学校のプールだった消毒液の匂いのする水しぶきをあげて丘が飛び散った赤く緋く紅くあなたまでもう少しもう少しもう少しもうすこしもうすこしもうすこしもうすこしもうすこしだボクの音が高く早く鳴っていくあなたに会えると思うと更に早くなった世界が加速していく鼓動が音楽を奏でるアフリカの灰色の月の下で踊る音だ緑の波が寄せては返す浜辺に魔法みたいにいつまでも燃えて人を誘う炎は強く強く響く太鼓の音だ加速されると共にその音はさらに激しくあなたへあなたへあなたへ届くかもしれないこの音ならぶつっと管が切れるどんっと音が響くぱんっと弾けるぶつっと管が切れるあなたが見えたぶつっと管が切れるどんっと音が響くぱんっと弾けるぶつっと管が切れるぶつっと管が切れるどんっと音が響くぱんっと弾けるぶつっと管が切れる激しく激しくはげしくあなたにあなたへあなたあなたあなたとあなたに響けあなたが見えた見えてみえて見えたぶつっと真っ暗になった




ボクは罪悪感に襲われる

あなたが怒るんじゃないかとそわそわする

あなたにあいにきてしまった

もう戻れないんだと



あらまだ起きてたの

もう眠りなさい眠ったままでいいのよ

何もしなくても時間があなたを変えてくれる

まっしろいせかいにおはよう

朽ちていくせかいにさようなら

2007-07-25

[] いまだに続く死という明日に染込んで行く毎日 01:53  いまだに続く死という明日に染込んで行く毎日 - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  いまだに続く死という明日に染込んで行く毎日 - pour away

眩暈がするほど眩しい日差し

ずっと続きそうなゆるい幸せに吐き気

息をするのもままならない夜に会いたくて

頭を抱えながら絶え絶えに送ったメール

数秒後の返信に涙がでるほど癒されて

柔らかい鉛筆で温かく塗り潰されて

色濃くなった目の縁に今日も風は鮮やか

アスファルトの鼓動に歩み重ねて

自らの影を焼き付けながら

2007-07-24

[] よくわかんないけど 02:00  よくわかんないけど - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  よくわかんないけど - pour away

階段を登っていくと見える景色が少しずつ変わっていってさ

あと一歩あと一歩だけって登りたくなるんじゃない?

学生の頃なりたくなかった大人に多分なっているんじゃないかな?

少なくともあの頃の自分が今の自分をみたらどう思うのかな?

それでも今の自分はまだ大人じゃないと思うし

そもそも大人ってなんだかよく解らないまま

きっと何かが見つかるまでもう少しだけ

もう少しだけ時間を

あと一歩登る時間を力を足を

それらを手に入れてそれを見つけてそれを見るまで

そう思って死んで行くんだ

少なくとも自分は

だから死ねない死にたくない死んでいられない

2007-06-28

[] ああ またかと思うと吐き気がした 01:57  ああ またかと思うと吐き気がした - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  ああ またかと思うと吐き気がした - pour away

この時期は眠りが浅くなる

ただでさえ悪い寝付きに拍車が掛かる

睡眠が二日に一回程度になる事も珍しくない

人生のうちに数える位しかない衝撃を自分の中に突き刺していったソレ

その全てと言わないまでもほとんどがこの時期に起きている

この時期の熱い湿った風がイヤでも思い出させるその記憶

降り続ける雨よりも流れ出してしまった涙

蒸し暑さが気にならないほど湿度の高かった感情

今も背中越しに彼らはあの時のあの姿勢のまま

中越しに感じる空気の塊や涙の色もそのまま



何を置いてきてしまったとか

何かを忘れてしまったとか

そんな事は到底もう思い出せないのだけれど

中越しの彼らは何よりも自分にとって哀しい程リアルで

滑稽過ぎて可笑しくて泣けてくるそれもまた冷笑を誘って

せめてその漏れた冷たく乾いた笑いで心を冷やしてみる

何をしてても

何をみても

何を聞いても

何を嗅いでも

まるでソレが当たり前のように

目の裏の水面に映りこむ

陽炎のようにうっすらと

遠くに聞こえるあの音が誘う

記憶の扉の前へと

あの香りが鍵になっている事も知っている

開いてしまう扉

吸い込まれる自分の影のような心

脳や心や皮膚の遥か下の細胞に埋もれたソレ

ソレに飲まれ沈んでいく全ての自分



何年経っても自分は自分のままなんだなと思い知らされる

繋いだ指

名前を呼ぶ声

さらさらの黒髪

重なった影

どれも大切な自分で忘れたくないと誓ったはずなのに

思い出せるものは不明確に揺れて浮かんで不安になる

これからも大切なものを失う怖さ

ならばせめて壊してしまえという囁き

崖の上で背中を押してくる過去からの自身の手

この悪夢は終わらない終わらせない

あなたとの幸せな今の為に

2007-04-20

[] 愚かにも気高い 17:01  愚かにも気高い - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  愚かにも気高い - pour away

心の隙間を埋めるように生きてきたのに

気が付いたら隙間の方が大きくなってた

どこからどこが自分の実なのか

2007-04-13

[] 自分を殺す事 11:19  自分を殺す事 - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  自分を殺す事 - pour away

ビルの屋上から飛び降りる

本当の自分とやらを隠して生きる

社会の歯車になる

誰かの為に尽くす




生きることを続ける事は自分を殺す事から始まり続く

ただ死ぬ事というのは取るに足らない事

けれど迫りくる運命を傍観している事は耐え難い

2007-03-25

[] 嵐の前の静けさ 01:52  嵐の前の静けさ - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  嵐の前の静けさ - pour away

窓をガタガタと揺らす強い風に気が付く

寝汗でじっとりとしたシャツが肌に不愉快にくっつく

だるい体を起こしてシャツを脱いで放り投げる

眼を閉じても開いても変わらない真っ暗

額に残る熱と開けっぱなしのりんごジュース

爽やかに甘い匂いに乾いた喉を潤す

空き缶の転がる音がカラカラと楽しそう

当たり前すぎる熱の上がった感覚に体温計で計る気にもなれない

不在着信と新着メールを知らせる光が点灯している

目障りな光を止めたくてケータイを裏返す

小さい頃から何かに一生懸命になったあとに熱を出すのは変わらない

なんだか子供のまんまなんだなって思えたら少し笑えた

ただあの頃はこういう嵐の前の夜が怖かった

何もかもを壊してしまいそうな風の音が怖かった

自分の存在を無視した圧倒的な風の音に自分が消されてしまいそうな感覚に

自分の無力感に踏み潰されて消し飛びそうな小さく弱い心に

今は風の音にびくびくする事もない

少しは成長したのかな

それともそれよりも怖い事を知っただけなのかな

2007-03-08

[] これからだ 14:09  これからだ - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  これからだ - pour away

と思いながらもこれからもかと思ってしまう

自分で作り上げた壁から逃げられない

なにやってんだお前

付き合いの長い友達から結婚の報告と一緒に告白された

どうしろと

幸せになれない星の下ってのはやっぱりあるんだよなんて笑いあってた

子供が欲しいから子種だけ頂戴と半分真剣に相談された

勘弁してくれ

見たくなかったことを明らかにしてしまったせいでその通りになった

滑稽すぎ

隣の家族の一人が誰も居ない昼間に倒れた

夕方過ぎに見つかったときには手遅れ

誰の話か

知り合いの夢で僕が倒れていたらしい気をつけてねって言われてもね



ようやく眠れる夜も夢に起こされる

見た事のない人相のおじいさんが立ってこっちを見ていた

何かを呟いているが聴こえない

誰?

そういうこと?

手元のおもちゃは壊れていって

人の後には何が残るんだろう

全てが繋がりすぎてて怖い

夜が苦しい逃げ出したい

ぎりぎりの状態で実感する眼の裏に映る色

自分が形を保とうとするように変わっていくのが解る

全ての物の性格や距離が少し前までと全然違うようになった

それとなくな話でも普通に笑って話せる様になった

抱えてた荷物は何処かに置き忘れてきたのか

近所の公園を何も考えないで散歩してみた

少しずつだけどざわつきが収まってきた

無音っていう音が聴こえそうな位に

流れる雲はどこへ行くのか

行き先がわかってたらきっとつまらないなんて

誰しもがそんなに強い訳じゃない

心の動と静の差が拡がった

余りに変わりすぎてマリオネットみたいだ

引き金を引くのは誰?

ちょっと前までは無駄と思っていたような事

例えば何もしないで一日を過ごすとか

今はまだもやもやが形にならない

いろんな人に会っていろんな事が変わっていく

陳腐な言い訳や使い古された言葉

ひっくるめてもそれを横目で眺める自分が常にいるようになった

言葉なんて大切な時には役に立たない

できることをできる以上に

目の前の薄ら笑いを浮かべている壁は壊す為に

2007-03-07

[] 神様なんて信じない僕らは 11:54  神様なんて信じない僕らは - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  神様なんて信じない僕らは - pour away

死んだら何処に行くのかな?

僕が信じてるのは君の形をした光

二人の行き着く先が奈落の底でも構わない

二人だけの約束の地へ

2007-03-04

[] 愚かな事をしているなんて 11:50  愚かな事をしているなんて - pour away を含むブックマーク はてなブックマーク -  愚かな事をしているなんて - pour away

言わないで

そんな顔しないで

自分が一番わかっているから

前を見ずにぶらぶらしている

そんな風に見えるかもしれない

切り立った崖の上をふらふらしている

そんな風に見えるかもしれない

遠く背中に届く懐かしい犬の鳴き声

よく一緒に駆け回ってた翡翠の芝生

戻ることはできないけれど新たに見つけることはできるはず

きっと