ファック編集部

ファック編集部

概要

動機

みんなが編集したらいい。

誰かの眼鏡で偏向したテキストを読みたいのだ。


執筆依頼

編集者は、執筆を依頼する権利を持つ。

「あの人にこういうのを書いてほしい」

あるいは、インタビューを設定できる。

「あの人からこういう話を聞きたい」

校正

編集者は、依頼した原稿をよりよいものにする義務を持つ。修正には執筆者との合意を要する。

編纂

編集者は、編集ミッションひとつひとつにつき、依頼原稿のエントリーをまとめて発表する義務がある。


編集ミッション

ひとつの雑誌のようなもの。編集者がイシューに沿って上記の作業を行う。作業工程の公開非公開は編集者に任される。

編集者

編集ミッションに名前をつけ、自分が編集者になることを宣言する。誰でも勝手になれる。

執筆者

編集者からの依頼を断る権利を持つ。頼まれたから仕方なく書くんですよーいやー困ったなーこんなエログロ、アハハ的な態度をとってもよし。

締め切り

編集者と執筆者の合意で設定される。

発表形態

なんでもあり。グループ内でもよし、外部Wikiのようなものでもよし、印刷物でもよし。

成果

編者題名
各自このファックがすごい!
extrameganeTamorization