熱あて

熱あて

体温が37度以上ある状態で書くこと、またはその状態で書かれた文章。

後日見直すと大抵恥ずかしい気持ちになるが、その時点での推敲や書き直しは好ましくない。

意識的に身体を発熱状態に持っていくことができる文芸家も存在するらしい。

同系統の技術に、アルコールあて、クスリあて等がある。