嫉妬する雑種犬 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2007-11-21

[]ファ文杯関連で思うこと2つ3つ ファ文杯関連で思うこと2つ3つ - 嫉妬する雑種犬 を含むブックマーク はてなブックマーク - ファ文杯関連で思うこと2つ3つ - 嫉妬する雑種犬 ファ文杯関連で思うこと2つ3つ - 嫉妬する雑種犬 のブックマークコメント

何か明日書くとか言ってて全然明日じゃなかった。

しかも連日仕事のし過ぎと飲み過ぎで脳細胞壊れてるから、結局何書きたかったのか忘れた。なのであまり気にしないで下さい。


●なぜ第二回ファ文杯に参加しなかったんですか?

特に理由はありません。


●匿名性について何か?

参加者全員がアノニマスなら天体図も存在しないわけで、そうなると反逆も下克上もあり得ないではないか。小学校の音楽祭のような内輪ものでもないし、八百長の存在するような草競馬でもないのだし。Webという場所自体バーチャルリアリティの体現なのだから(ひとつのリアリティではあるわけだが)、さらに内包された超匿名空間を利用する必要性は別にないのではないか。

いや増田のあのカオス具合は好きなんだけど、個人的には。


文芸に勝ち負けはあるのか?

ないと思う。

大衆受けするもの=勝ち だろうか?はてなで言うとブクマの数が多い=勝ち?結局そういうことになるわな。でもブクマの数が恒久的に価値を持つわけではない。ブログにうpした文章、というのはその時その時のテンポラリーなものだから、それに対する評価もテンポラリーなものであるはずだ。その評価の積み重ねで「読まれるブログ」「読まれないブログ」の差がつくのではないか。俺は統計学なんて興味ないけど、そこら辺を研究したりしたら面白そうだ。ある程度の数のブクマがついたら、雪だるま式に増えていくんだと思う。そうやって「読まれるブログ」と「読まれないブログ」の差がどんどん開いていってしまうのかもしれない。ブログって誰でも書けるというお手軽さの反面、そういう厳しさもあるんだな。

まあ、全然気にしないならそれでいいんだけど。ちなみに俺は(タイトルを見ればわかっていただけるだろうけど)ルサンチマンの塊のようなものだ。でも更新頻度が低いんだから仕方ないと思うところもあるし、ガチでxx-internetさんとかと戦って勝てる自信もない。だいたい戦うって何なんだ?それがピンと来ない。ブクマの数なんかで「オーソリティ」と「アンチオーソリティ」という階級制度ができてしまうのか。「ブクマの数などに私はだまされない!」という有名な警句もあるじゃないか。ファックオーソリティ!


●つまり何

ファ文杯って匿名でやる必要は別にないんじゃない?id晒せばそれが逆にハンディキャップになるし。オーソリティに対抗するアンチオーソリティたちにも自動的に目が行くんじゃないの。投票者にもオーソリティには逆に入れたくないという複雑な意思も働いたりしてカオス度も増すんじゃないか。

だめ?

カオス万歳!


●…

まあ、結局のところこれだけの反響があったということは第二回ファ文杯は成功ということで。

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/marcus-k/20071121