嫉妬する雑種犬 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2008-11-06

[]近未来奇想 - 少年のゆくえ (1) 近未来奇想 - 少年のゆくえ (1) - 嫉妬する雑種犬 を含むブックマーク はてなブックマーク - 近未来奇想 - 少年のゆくえ (1) - 嫉妬する雑種犬 近未来奇想 - 少年のゆくえ (1) - 嫉妬する雑種犬 のブックマークコメント

夜になってから「空の街」へ行くのは気が引けることだった。しかし僕は行かなければならなかった。

行かなければならないのを知っていた。

消えかけた「KEEP OUT」の貼り紙を横目で見ながら、錆びた鉄のらせん階段をのぼる。

頬に当たる冷やかな風が都会のにおいを運んでいるのが感じられた。裸のらせん構造の隙間からのぞくと、はるか下方でモノレールが通過するところだった。その光は、弱々しく点滅しながら幾重にも重なった鉄骨の向こうに見えなくなっていく。震動が伝わってきて、僕は慌てて手すりをつかむ。

僕は階段をのぼりきったところで足を止める。風は、いまや胸に通るような爽やかさを含んではいず、「空の街」のビールと煙草と汗のむっとするにおいを僕の方に押しやっていた。僕はゴミだらけの床を踏んで、廃材や強化パルプでつくられた「住宅」の間を進んだ。中にいる人を決して起こさないように、ゆっくり慎重に。

いざ来てみるととんでもない圧迫感と恐怖が押し寄せてくる。僕は、もっと小汚く見えるような服装をしてくればよかった、と後悔し始めた。そうしていれば、もしここの住人に姿を見られてもうまくごまかせるかもしれない。

でも、そんな小さな工作はあいつに言わせれば下らないことなのだろう。そんなことは、恐怖を紛らわせるための一種の防衛機構にすぎない。だから、どっちみち、どうやったって同じだ。

僕は吐瀉物の染みを幾度もまたがなければならなかった。

ここはもともとは、単なるビルの屋上だったらしい。だから、誰かが誤って飛び降りてしまったりしないように、街の境界には鉄の柵が設けられている。もっとも、それはちゃんと機能しているだろうか?

僕は死んだように静かな一連のテント群をことさら注意深く通り抜けると、ところどころ腐ってボロボロになった鉄柵を見た。そして、その時まで気づかなかったのだが、ひげをはやしひどく疲れた身なりをした老人が、ビール瓶を片手に柵によりかかり、こちらを見ていることに気がついた。

僕はくるりと振り返って走って逃げたい衝動に駆られたが、かろうじてこらえる。

僕はゆっくりと、その老人に近づいた。

彼は、何も言わない。死んでいるのだろうか、と最初思ったが、その薄青い眼は僕の動きを追って動いているようだ。

僕は立ち止った。

何か言おうと口を開いたが、言葉は出て来ない。「今晩は」と言う必要があるのだろうか、と僕は考えた。それとも「月がきれいですね」だろうか?…

いや、月は出ていない。

とにかく何か言おうと、僕は再び口をあけた。

「“夜は百年も寝かせたワインのように濃い。”」

言ったのは老人だった。「誰の言葉だったのか、おぼえてはいないがね。」

僕は返す言葉がない。

「何しに来た?」

老人は空になったビール瓶をうらめしそうに見やりながら言った。

「知っていますか?…ジェットを…。」

僕の声は夜の闇にささやくようだった。だが老人には聞こえたらしい。

「あの坊主か?」

「知ってるんですね?」

「…何が楽しいのか知らんが、あいつはよくここへやって来てしばらく時間を過ごしよる。あいつがどうかしたのかね?」

彼は疑い深そうに僕を見上げた。彼の鼻には赤黒い大きな染みがあった。

「つかまったんです。」

僕は必要以上に早口になっていた上に、言葉が続かない。

「誰にかね?」

「わかりません。」

「わからない?」

老人は微かに眉をひそめ、考え込むようにその冷たい色の目で僕を見つめた。

「…それで君をよこしたというのかね?」

彼は身なりにしてはずっとしらふだ。それに、もしかしたら、見かけよりずっと若いのかもしれない。

「よこしたというか、僕が自主的に来たんです。あいつが、ここに来たら何かわかるかもしれないって…。」

「何のためにかね?」

老人は今や、まるで僕の心のうちを見透かしているようだった。

「あいつを助けたい。拘束される理由なんて、ないんです。あきらかに不合理なんです。」

老人は、それを聞いてゆっくりと2,3度頷いてみせる。

「…なるほど。だが君は物事を論理的に考えすぎているぞ。」

僕にはそれは唐突な発言のように思えた。

「不合理だというのは理由にはならない。いいか。むしろ理由など要らないのだ。…私の言ってることが分かるかね?」

「ええ、多分…。」

僕は自信がなかった。

「あいつはそれを知っていたのだよ。だからここに来た。社会というものはいつも己に対して酷だということを知っていたからだ。…来たまえ。」

老人は硬いからだを起こして立ち上がると、自分の、三角形の木材の屋根をそなえた「家」へと、足を引きずりながら僕を案内した。

僕がおそるおそる中をのぞくと、老人は隅の方の何か暗がりでごそごそやっている。

ベッドらしいボロ布の傍らには、僕の知らない銘柄の煙草のカラ箱が散らばっていた。それから、古めかしいディスク状の記憶メディアが何枚か。

「あいつにもこれをやったんだ。」

老人が取り出したのは、彼には似合わない、ビジネスマン用みたいな黒い革の鞄。それを開けると、きらきら光る様々な色と形のナイフと、オート拳銃が数挺、きれいにおさまっていた。

僕の頭の中に、捕まる時のジェットの姿が数度、消えかけた蛍光灯みたいにひらめいた。

老人は刃をたたんだクロームのナイフと、拳銃を一丁、僕にさしだす。

「これを持っとけ。」

僕はためらった。

「僕には、…必要ない。できないよ。」

「使わなくても、持っておくんだ。たとえばここのガキどもは、だいたいそいつの刃が出る音を聞いただけで逃げてく。」

彼は諭すように言う。

「……。」

僕は彼の瞳と、差し出されたものを交互に見やった。…

不思議な気分だった。こんなにためらうとは。いやむしろ、

…どちらが正しいのだろうか?

僕は手を出して、それらを受け取った。

「…もしかしてジェットも手ぶらでここに?」

「まさか。」

老人は真剣な表情で僕を見返す。「あいつが持ってたのがあまりにも安物だったからいたたまれなくなったんだ。…度胸は認めるが、お前、ここに丸腰で来るなんて奴ァ、相当バカだよ。」

[][]た、ただいまー た、ただいまー - 嫉妬する雑種犬 を含むブックマーク はてなブックマーク - た、ただいまー - 嫉妬する雑種犬 た、ただいまー - 嫉妬する雑種犬 のブックマークコメント

復活しますた。

一年半ぶりに帰国したよー。

というわけで…また書きはじめます。前から言ってた、「プロレタリアSF」ってやつをやってみようかなと。

文章変で日本語間違っててもとりあえず書いたらうpするので、いろいろツッコミどころはあるかもしれないですがそこは大目に…。

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/marcus-k/20081106