嫉妬する雑種犬 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2010-02-26

[]部員数が天文学的な数にのぼっている件 部員数が天文学的な数にのぼっている件 - 嫉妬する雑種犬 を含むブックマーク はてなブックマーク - 部員数が天文学的な数にのぼっている件 - 嫉妬する雑種犬 部員数が天文学的な数にのぼっている件 - 嫉妬する雑種犬 のブックマークコメント

  • しかも更新スピードが明らかに落ちてないか?
  • 気のせい気のせい。
  • ツイッターってなに?食えるの?
  • つまり、部員数と更新頻度って反比例するんでしょうか。
  • つまり、部員数が増えれば増えるほどもといた部員はやる気をなくす?
  • それとも、単に時間が経つにつれて新鮮さがなくなってきたというだけのことか。
  • うーん…
  • まあいいか。

[]雨粒の上の瞑想 雨粒の上の瞑想 - 嫉妬する雑種犬 を含むブックマーク はてなブックマーク - 雨粒の上の瞑想 - 嫉妬する雑種犬 雨粒の上の瞑想 - 嫉妬する雑種犬 のブックマークコメント

雨が降っていたので、傘をさしていた。

いや、そうじゃなくて、正直にうちあけると、「傘をさしたかったので」傘をさしていた。

「もし、地球をまるごと茹でたら、どうなるだろう。」

と、考えていたのだ。

「海水のおかげで、ちょうどよい塩加減にゆであがるだろうな。」

ところで、誰かが茹で上がった地球を指先でつまんで、ひょいと食べてしまったら?

案外、地球というのは天体というより、巨大な枝豆といったほうがいいのかもしれない。

雨粒は、いったいどこで雨粒でなくなるのだろうか。水溜りは、いくたりかの雨粒でできているのだろうか。

誰かが、宇宙全体を食べてしまったとしたら、地球に住んでいる人間のうちで、「何かが変わった」と知ることのできる人はいるのだろうか。たとえば、ハワイにいる天文学者とか?

それとも、ニューエイジ思想家。ローマ教皇。タクシーの運転手。

観測できる範囲の外で起こったことは、どんなに重大なことでも、誰にも知られることがないのか。

雨粒は、ひとつひとつ、それぞれが、違ったメッセージを抱えているらしい。でも、そのメッセージを読むことができる人は誰もいない。

無限ループは、無限だったためしがない。なぜなら、この世に存在した無限ループは、どれも途中で強制終了させられたから。

だから、無限ループなんて、この世にない。

人間の脳みそは、有限の物体だ。でも、そこから、無限という観念が出てくる。

だから、人間の脳みそは無限だ。

どこかほかの世界で何かが起きたかもしれないといって、人は、病室の窓に手をのばす。

雨粒の数は、回転する運命の数だ。

それは有限なのだろうか?無限に多いように見えて、実は、有限なのだろうか。それとも、誰も経験しえないという意味で、無限なのだろうか。

祠の中に、きらきら光る小石がたくさん詰まっている。雨粒という小石が。

そこで、すべての謎がとけた、という錯覚をおぼえる。でも、すべての謎がとけると、「なぜ、とけない謎がないのか」という謎がうまれる。

だから、やっぱり、無限ループはある。でも、それは仮想的な無限だ。

雨は、降っている状態と止んでいる状態のふたつに分けられるのだろうか。その中間というのはないのだろうか。

無限に中間がないように?

それとも、無限には、中間が無限にあるのだろうか。

同情なるものが辺りにはねとばす水しぶきは、人間を本来の道から遠ざける。

世界中の電車がレールからはずれるとき、もはや、世界の中心はここにはないだろう。

雨粒は、仮想的無限の中を落ちてくる。

どこまでも。

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/marcus-k/20100226