Hatena::Groupneo

書くこととみつけたり。 このページをアンテナに追加 RSSフィード

07年11月30日 金曜日

[]第二回ファック文芸部杯です。 17:59 第二回ファック文芸部杯です。 - 書くこととみつけたり。 を含むブックマーク はてなブックマーク - 第二回ファック文芸部杯です。 - 書くこととみつけたり。 第二回ファック文芸部杯です。 - 書くこととみつけたり。 のブックマークコメント

結局部員としてもはてなーとしても新米のぼくは増田にも書いたことなかったし、なんか場の雰囲気がよくわからなかったのでとりあえず自分らしくとおもって、

まず初日から内角高めの大暴投

「おれたちはパンツの危険性について無自覚でありすぎた。」 25user

から入って同日外角に一球外したスローカーブ

「もう、ばあちゃんの面倒はみなくていい」 4user

を放り込んだところでこれはなんかちゃうな、ということに気がついて様子見に入ったんですが。


見ているうちに、結局ファック文芸部vs増田なのではなくて はてなアカウント持っているひと全てのうち増田に書き込んだり見たりしているひとびと その中の一員として含まれるファック文芸部員ははたしてここでどんな役割があるのだろうか的な方向に気が散って、それはやはり増田の対話の流れの中で文芸部員的に生産的な議論にかかわっていくという姿が自分の目指す文芸と社会のありかたかなあ、ということに気がつくに至り

「増田の代償(1)」 11user

を書きました。ブクマこそ11userですがまぁこれが今回の自分のちゃんとした参加作品かなーとおもいます。流れを受けて旬が去ってしまうまでに間に合うようにライブ的に書く。たのしかったです。あと最後オチは「どうぞご利用ください。」で締めればよかったかなぁとかあとになってずっと悔やんでた。


しかし今回、納得いく流れの中で書いたものでも、自分の中の劣化コピー版幻影のオーシマさんにすら勝てなかった。悔しい。悔しくて嬉しい。自分みたいな新参の再現度低い劣化コピーでも、それでもオーシマさんが築き上げてきた文体というか、雰囲気というか、息遣いというのはすげー存在感なのだなぁ、と思って。

反則なのは重々承知の初球ビーンボールなので苦情オールオッケーで帽子を脱いでマウンドから謝るしかないのですが、それでも b:id:legnum 様の「オーシマさんはパンツをガジェット扱いしない!」にはしびれた。

ああ、負けた。泣いた。その通りとしかいいようがありません。それっぽいワードを増やそうとして組み合わせてはいけないところに配置してしまった。蛇足すぎた。悔しい。

あなた、本当に彼のこと……(身を引いて立ち去るの図)、です。 


あと昨日の珍名に関するアレは増田に出したかったけど珍名話題があんまり盛り上がらなかったのでスタンドアロン版に書き直してこっちに放流したのでした。大きくなれよ。


あんまり今後増田に書くことはないとおもいますが、理論の議論を感性の創作として一旦俯瞰するという流れはたのしいあそびだと思いますので、というよりも現実問題をフィクションから切り込むのが創作の本来の役目だったような気もしますね。原点に立ち返ったきもち。

欲を言えばもっと流れに乗りたかったなぁ。みんなと遊びたかった。創作という手法で問題提起したり答案提出したり結論を出したりしたかった。そういう意味ではオセロ強かったなぁ。あれは最初の一手から仕込みが始まってたんだと思い込んでました。大きく育って帰ってきたなと。どうも違うそうですが。


土日はもう動けないとおもうので今日公開しておきます。増田側からのリターンリンクもいるんでしたっけか。まあいいか。


ありがとうございました。


あとどんな衝撃のエンディングが待っているのか楽しみにしています

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/masapguin/20071130

07年09月18日 火曜日

[]入部しました。 13:23 入部しました。 - 書くこととみつけたり。 を含むブックマーク はてなブックマーク - 入部しました。 - 書くこととみつけたり。 入部しました。 - 書くこととみつけたり。 のブックマークコメント

わーなんかグループだーすげー がんばるぞー

と思っていたんですがあんまり気張ると何もできないタチですので気楽にほにゃほにゃします。

自分でもなにを書いているんだかわからないようなギリギリのラインを攻めていきたいです。どうぞよろしくです。