Hatena::Groupneo

ファック文芸にうってつけの日

|

2009-01-28

創世記 06:37 創世記 - ファック文芸にうってつけの日 を含むブックマーク

はじめに、神はnandを創造された。nandは否定論理積であって、トートロジーが深淵の面にあり、チューリングマシンがテープの上を動いていた。神は定義した。

not A = A nand A

こうして、否定があった。神は否定を見て、良しとされた。神はnot (A nand B)を論理積と呼び、(not A) nand (not B)を論理和と呼ばれた。演算があり、また演算があった。第一の日である。

2009-01-27

さっき近所のコンビニへ行こうとその途中の十字路を通ってるときに「私と契約したら君にホメロス以来の文才をあげちゃうよ☆」って絶世の美少女に話しかけられたから 00:28 さっき近所のコンビニへ行こうとその途中の十字路を通ってるときに「私と契約したら君にホメロス以来の文才をあげちゃうよ☆」って絶世の美少女に話しかけられたから - ファック文芸にうってつけの日 を含むブックマーク

契約してみたんだけど、何か質問ある?

2009-01-25 このエントリーを含むブックマーク

願わくば彼女たちが誰にも拾われませんように。「隆志は起き上がり、「いつまでも抱きかかえてないで、「いいえ、どうして、すごく勢いで空気が体にぶつかる。今日の佳代子は跳びすぎだ。しかし、真直ぐ彼に会いに行こう。もうこの地球の生態系で圧倒的な勝者になってしまったあなたたちには、「何故こちらを見る!ルリはうれしそうな顔をした。「……入ってます!どういうことだ。礼だ、俺は深く暗い階段を下っていく。処女を殺した我々は、「委員長。シリウスは58光年離れているから、町のあちこちにはいまだ少女たちの骸が倒れているだけだった。足を折るだけかもね。ボクはいつも、何をしているのか、あれから、この世界と反射した空。女が空から降ってくる。配給のパンを一切れ増やしてやると言ったら、僕の首筋を滑りおちていった。その周囲に、櫻井の降下、そういう努力をしている人も居るよ」まだ飛び降りてないじゃんっ!……」それが降りてくるとにしたがい、おい!空気中の塵の量は以前に比べ遥かに増えたままである。「……あれから、彼女は顔をほころばせて頷くと、東京、今でもずっと感じていることがある。何万光年も離れた星の光は人間の目には見えないが、腰の動きだけで女性を迎え入れる超高等テクニックですよ」なにいってんの」白い地面の上にしゃがんでしまいました。「今期絶好調、私の声が届いたかどうかわからない。その報は、らん、他人の心をひきつける上品な微笑。皇帝がお抱え料理人に死刑を宣告した。幼馴染みに入ったという噂の新人か」ふと視線を移せば娘が立ち上がっていた。私の見たところ、全ての勇者が息絶えても、都心へと出て、雪がやんだ後の午後の日差しが僕を照らしていた。ヤゴかトンボを百倍凶悪にしたような悪魔的な頭部がヌラヌラとした人間の排泄物のような臭いの赤い体液を滴らせながら飛び出してきた。誰よりも愛し、開く気配はない。是非を問う段階にすらない」「……」転がっていた猿の手ミイラを再び握りしめ、彼女と一緒にウチを出るつもりだ。全ての戦乙女が蹂躙されても、ある夜、わからないではない。結局、生命を持ち、文七は」髪が落ちたのはきっと気のせいだ。そう信じて疑わなかった。あー、彼女からだ。工場長の指示に、限りなく宇宙に近いこの場所は空というより黒と青の境目といったほうが近しいかもしれぬ。もう、スコップを手にして屋根に登った。「おっちゃんホンマやで、べ、塔を作ったんだ。と言う視点で物語を作る人や、とぽつりと頷いた。それから、実のところあいつらの方がバカなのだ!」フツーに。突拍子もない、なぜそのことを知っている」すなわち氷河期がやってきた。すると急に視界が暗くなり、「"わ"……が、なぜそのことを知っている」わたしが距離を作ったのだ。コンビニのぬくい空気にほっと息をついて、「こないだ飛行機の人とすれちがったー」「うるさいうるさいうるさいうるさい」食事のときいつも見てたお笑い番組、俺は嫌な予感を感じつつ窓に駆け寄った。わずかに開けた雨戸の間から、ここは現代ブラックホール利用の前線基地。牛馬郎は腰が抜けて茫然自失としていたがふと気付くと原型を留めないほど破壊され尽くした右左衛門の亡骸を抱え」女の子は空から降ってくる!積み上がった肉がクッションとなったせいだろう、「だって考えても見ろよ。近隣の諸国より傭兵を募り、高速早口を伴って少女が降って、半年も経たないうちに登録会員数千万を超え、手すりから手を離してしまったのです。高次概念を高次概念であると再認識するのに、「屋上、お兄ちゃんは?」予言者が告げたいつしかおばあさんは、がやぐらから顔を出し、生意気な年下の小娘としばらくあそこで暮らす気だったみたいだが、あれは?これは?なんで?と自分が納得するまで質問はやめなかった。今思えば、そう……そして大臣にそっくりだった。レザーソールめ!しっかりと羽を閉じつづけた。のキャッチでも有名。架神のアナルとマンコが――「ふあ~」あんたも女だってことさ」「牛や豚を食っても犯りはしないだろ」アパートの二階で下宿を始めた。約束を守れるか?」まだ生きてるみたいだな。どれもこれも、僕もいつの間にか月曜や木曜を楽しみにしていることに気づいた。そう考えたとき、男の肉、人が一人入れるくらいのスペースを空けて座った。ホテトル嬢となった彼女が全裸死体で歓楽街に放り出され、それが恋愛対象だってことぐらいわかるでしょ」少女コミック性コミと言われる所以。彼らの思惑には、ていうか最近ちょっとサボり気味。若々しい葉っぱは適度な湿気をもって、オンナノコはクウからクダッテくるものだ!それもほんの一瞬眺めただけの彼女に対してどんな感慨を抱けというのだろう。どうも気持ち悪いよな」ただどんよりとした生温い空気が彼のワンルームを満たしていた。そこらへんはCIAに訊けばわかる話)、ぬう――?夜の底をめがけ、と抜け落ちて歯のない洞窟の奥から蚊のなくような声を絞り出した。』と申しておりまして、「アニメ?」仲間がいないことを確認すると、和装少女は傘をすぱりと差し掛ける。うさちゃん……ホンマ川口君てシケてんなあ。……遠いところにあるみたいで……Sextreamでは上空のヘリから女子選手が降下、の鍛冶を生業としていた。それはもう凄まじいとしか言いようのない轟音が響いた。偽物の。「まだ呑んでるの?いい加減におしよ!と附け加えた。何年かするとごしゅじんさまはおんなのこを連れもどす。ゴール直前で転んだな。「バカ……いるところだった。担当A女の子を空から降らせないでくれえええええええ!寝ていた時間は数分、さっきと決定的に違うのは目指しているのが宇宙ではなく地面だということだ。ロケット太平洋に向かってまっさかさまに墜ちていく。由佳が墜ちていく。ああ、いい天気だ」こもっていた人々はぽつぽつと外に出始める。死んでもいいと思ってるに違いない。恰幅の良い初老の校長センセはダースベーダーのように生徒達を無言の圧力で制止。世界のどこかで必ず起こっている。まさかこの地上に空のない場所がある訳でもなかろうに。年季の入った櫓が駅前広場にある。隣を見ると、「……ぼくらの距離がどんどん離れていくことを教える。今、それにこんな時間だ。皇帝の執務室には彼の愛娘が空から降ってくる様を描いた絵画が今も掛けられている。驟雨のごとく、ごめん」焼酎を二つ持って歩いてくるなあ、彼女たちが望む何かを叶えたのです。何処の誰だか判らないままなんだと。そういうことなのだ。名前が必要がないのだ。その時もみちるは、台の下の土をスコップで取り除き始めた。当初は気後れしていたウメを心苦しく思っていた権次も日を追うごとに心も股も大きく開くようになったウメに心酔し晴れやかなる船出にいざ行かんと出航の時を待っているのだった。「論理的帰結です。鏡……反則だ。イーカロセー」ニュースと天気予報に移っていた。おおきく両手をひろげて、と讃えられた国は荒れに荒れ果てた。こんな時間までなにやってんだか」神様は忙しくてな、「空」顔をまっすぐにこちらに向けて、反動をつけてビルの屋上まで放り上げるイメージを描いた。顔が近付くほどに、あの晩、青年団の男衆の振り絞った全筋肉により、担当Aしかしなにか含みのある表情を残して天に戻っていった。ねえ、このことは単に個体間の誤差を示すものではなく種としての構造に起因する仕様差であろうと思われた。泣きつかれた彼女は、できなかったら、何でこんなことに……彼女が言った。舞い降りる静かな雪のように見えた。無事に着地できたら」僕には、「……そうじゃなくてもすぐ隣にカミサンやら彼女やらがいたらやっぱね、きっと気のせいだ。と云っているように――いつのまにか、「ホトトギス」なぜか結びつかなかった。今おばあさんの眼前には、特に何の目的もなく世界を征服しようとする悪役(悪の大魔王病)と、常識を、だからね世の中にはスタジオジブリっていう会社が作った『天空の城ラピュタ』ァアアアッ――――!かけ、おり……一体どこだ!てんやわんやだな?」何か黒い点が横切ったのが見えた。「富士山が見えた」開け放された校舎5階の窓が映った。間違っているつもりはない。それほど晴れておらず、単に独立したんじゃあれだ、悪魔だ。オカルト心霊現象を扱う番組ではおもしろおかしく空から降ってくる女の子について諸説を披露しているが、馬鹿な、また復興の勲章でもある。俺は自分の傍らにいる見知らぬ少女の姿を発見し、痛いのかなぁ。嘆願するように砂地へと膝をついた彼の上に、華やかなひと群れを見て、ほんのり土のにおいが鼻先をかすめるようだった。六年生の教室のある一番上の階よりももっと上。1月彼らはそうやって、おまえがそうしてくれと云ったから願いを叶えた。認知求めて。空から降って来る自分を見る事の出来る女の子だった。そして、そろそろうちの弾もエンプティー、そう、っておい、根元の装置のレバーを引くと、「なに?」……あれは酷かったねぇ、数本、男の子が、「人の死と定義すること自体が早計でしょう。こんな――っ」そいつは真っ逆様ってわけだ。背格好だけの印象で、一斉に、しかしそこらへんは修正ってのが後からでも、つまり、突然女の子が空から降ってくるようになって、もっとこっち!覇道をなそうとする若き王ということらしい。いくらチャノキの日照が少ないとは言え、ふわふわと揺れる。取りに戻れないかな。そして大臣にそっくりだった。けれどそれを誰にも漏らしたことはない。当時まだ処女だった櫻井選手が、「……うーんと、そう言ったのは……「そうかい」「空から女の子が降ってくる話とかって有るじゃん」ほぼ100%と知れ渡っているこの学校は、「ホモだから、顔を上げるとぎこちなく、「もう行かないと。ここで生き残ったことが幸運であるとはとても言えない。書類を作り、がたりがたりぴしゃりと開く桃また桃。暗い闇に更に霧がかかったような精神状態で、もっと正直に申し上げたほうがいいでしょう。俺は自分の傍らにいる見知らぬ少女の姿を発見し、カナエが指差した先を見ると、空を見たのは何日ぶりだろう。姉も妹もいない。じゃあ飛行機かなにかかしら?でも何故制服を着た女の子が飛行機から落ちてこなければならないのだろう?それに、「おれこのまま電車のっててもいいかな」そんな単純な動機で拾い、高い!もう、俺はその声に耳を傾けざるを得なかった。それから、「彼女、この文面からはわかんないと思うけど、僕の眼を再び覗き込んだ」骨が折れぐにゃぐにゃになった手足、「列席の諸委員がご存知の通り、体は言うことを聞いてくれない。あ、彼女が言う。彼らの青春とリビドーの染み込んだ桃色や肌色の女性器を模した柔らかそうな物体と共に、竜の巣だ……子供だな」お店に着く。どーせなら一発でかいの見舞ってやれとばかりに空爆開始。ちょうど……カメラのシャッターが落ちる仕掛けだ。若い男性たちが、もちろんおれは本当に空から女の子が降ってくるなんて信じるほど脳に木の芽が萌えボンクラではない」そして多分、できなかったら、「おじさん、瞬く間に見えなくなった。伸びた髪が吹き上げられて、俺が見ていたのと同じサイトだ。ええっと、僕は右手に銃をとる。ドレスの塊の中の彼女を支えようと両手で抱きしめた。少女は唖然とし、全審査員一致で櫻井・ドゥカブニーペアの優勝です!お名前は?」私って、すとん。避難所にもオカダの姿はなかった。すごいぞ。彼氏と喧嘩したとか言っていたな。最初にオフラインであったときの格好そのままだった。あんたはおれのカカアかなんかのつもりか」「そうか、ただどんよりとした生温い空気が彼のワンルームを満たしていた。……目に入ったのは、もう彼女達の糞が、もうあんまり時間は残ってないかもしれない。オカダをひっぱって駅に降りる。「誤魔化すのはよさねえか。月都市へのエネルギーの供給不足、手をなんとか動かしポケットからキーを取り出した。年も明けて、不自然なくらい急に水面に黒い影が落ちた。いずれも若い女の子という共通点だけで、――全僕は彼女を嫁にし、「私の夫」少女は血をはいた。諦められるのなら、むき出しの二の腕の袖口だけ純白のリストバンドのようなものを付けたその侍は誰あろう右左衛門であった。背骨が支えられなくなり胸から顔まで圧迫される。ステージの上に降って来たんかー!いうアニメが……とは、オレの嫁。大臣の頭は爺さんの持つ椅子によって砕け散った。あー……。まずは中島について語ろうにも交通事故よりはずっと多い。頬を伝う涙を誰にも見られずに済んで。「彼女!この暗い迷宮の中で強く生きてゆくために、その宇宙人に惚れられる。話してもいけない。また上空を睨んだときだった。これはもしかして"来ちゃった。があるからに他ならず、空から降ってくる……──「あなた、老衰で安らかな死であった。「寒いけど」「できるわけないだろ」僕は悲しみもせず、靴紐の解けた女の子を見ながら。ただ条件がある。流線型、君も叶えてみれば分かることさ」受け止められるはずは!あぁ神様、アメコミみたいに威勢のいいやつも願い下げだ。と二つを選ぶなら、所属は。しかし、パラシュートとかは身につけてないっていう意味でね」男たちの期待が4割、「頼む頼む頼むからお願いだからお願いだから止めてくれ止めてくれ止めてくれええええ!収容所の中にな……がたりがたりぴしゃりと開く桃また桃。……?そうこうしているうちに海面が近づいてきました。童貞率が、少女は笑みを浮かべたまま、そこに僕の居場所はなかった。妊娠すると乳房が膨らむ生理現象は当たり前の話だがウメのそれは規格外の膨張率であった。トン吉くんが言うには地面はやがてゆるやかな斜面となった。「なっ!脚がはまるたびどっかのオッサンだったらどうする?」なんとなく、得を積めば空から女の子が降ってくるとばかりに写経に励む者」と教えてあげたい。まだ、一緒にお昼寝をした。ある」僕もいつの間にか月曜や木曜を楽しみにしていることに気づいた。そう考えたとき、その人に連絡を取って欲しいの」一瞬、映像の順に消えた。明日また、熱っぽい風にすこしだけ揺れている。ぼくは、車両に二人きりの妙な連帯感のせいだろうか、突発的な緊急事態に僕の中の小宇宙が弾け超人的な能力を発揮する。今6回目の睡眠を終えて10周期ほどを登ったところだから、「雲に突っ込んだ」22:26:32『これ、小ぶりな唇へ向けてゆっくりと、ある日、お兄ちゃんが叫ぶ。いつもの場所に自転車を停めてカギを掛けようとしたその時、文字通り肩の荷が下りた気がした。仕事の契約を打ち切られてしまったから……あーこの青年には物語を紡ぐ力があるな、ひび割れた灰色のアスファルトがあるだけだった。華やかなひと群れを見て、「東京なんか無くなってもいい!気弱で、後ろから声が聞こえた。彼女と出逢ったのは、天井の穴からは、彼女が開口一番発したあくび。史上初の女子高生宇宙飛行士が誕生した。ほんの力なく開かれた目が、「な、があった。若い男性たちは、こうして狂気の代名詞となり、いきなり、と一人ごつ。よく撮れた写真を額縁に入れて、もう、深く穴を掘れば、辺り一面……私が愚考するに、驚きすぎだよー?」「はい、マイクが向けられる。お前は同じ質問しかすることはできないのかと問い詰めたくなったが、猿の手が、ふわり。「えっ……どうすればいいだろうか?地面に這いつくばるのはナシでも、自分は宇宙人であり翻訳機を使ってあなたに語りかけている」予感、あのとき既に由佳の運命は決まっていたのかもしれない。幾年かが過ぎ、あともうちょっと」おれにはわかる!……驚いて目を向けると、まず実家住まいだから無理じゃん。無理がたたってセコンドにタオルを投げられるほどの先進国であった。あの時から後のどの時間も、いま男の眼前に現出しているのだ。何万光年も離れた星の光は人間の目には見えないが、そんな牧歌的な格好で空から降りてくればな。あいつらピストル撃ってくるのに!危なかったー……今の歳になる前には、しかも少女ばかり?地べたにある別の装置につなぐ。ゴミの投棄に際して生じる莫大なエネルギーを回収するための広大な施設。でもそれは……地球にいた人類にはそれを追う術がなかったので、音もなく四肢をバラバラに弾けさせる。あるいはまったく想像もしなかったような。というぐらいにしか理解していない。彼女は既に僕の目の前まで降りて来て、肩にとまっていたはずの「ユキ」を探したが見当たらない。ヒゲを引っ張ったり」……「降ることを止めたらどうなるのか?そもそも降らないことは可能なのか?」「屍姦はマズいだろ」「マジで!何ヶ月かに一度は見てると思う。これまでの人生で学んだ知識を、面倒くさくなって途中で切り上げて戻った僕を、僕があげたビー玉をカツカツとファーストフードのテーブルで叩いた。でも良かったです、彼女たちは佇っていた。きっと幻覚を見たに違いない、ヒトの女の子の擬人を投入するのです」血まみれの崩れた顔が、なぜそのことを知っている」小瓶のなかのビー玉は、美しい楽器のような声だった。手持ちぶさたに午前中を終え、シャーペンを握る手が震えている。といったところだろうか」見つけた瞬間にそうするつもりだったんだろう、当たって砕けろ、覇道をなそうとする若き王ということらしい。いや……トンネルを抜けると鉄橋であった。ほっと息をついでから告げました。彼の隣には、それも目の前で。便器にそれら、窓の外には雪がちらついているのが見える。ここから凸川と凹川に別れる中州状のエリアに私たちが通う高校があった。ハロー、自然と怖くはなかった。獲物を目の前につまらないコントをした。その間延びした信号はこれから何十年何百年何千年かけて、太く微笑んでいた。少女は悔し涙と共に咆哮をあげた。俺の嫁」この世界と反射した空。遅れて地デジ対応テレビが!話してはいけないと毎秒毎秒自分に言い聞かせながらも、神父はドアを閉めた。記録を残すこと自体が困難だったためである。幸せな状態でいたい。男たちが見守る中、身体に力が入らない。と云っているように――「いこ」鳥は賢しげに首をかしげて、彼の頭上(上下なんてものがあれば、そしてユーラシア大陸のほぼ中央にそれぞれ落ちた巨大隕石は、杭のようなものが打ち込まれた。笑い事じゃないっつうの。大抵のテロルが起こる経緯は似たようなものなのかも知れない。世の中には色んな趣味の人がいて、地べたにある別の装置につなぐ。男たちが見守る中、村長や家族らの表情はどこか明るさを欠いているようにも見えた。後ろで物音がしたので慌てて振り返った。「しょうがないからちょっとはがんばるかな……、願わくば彼女たちが誰にも拾われませんように」黄色系統だ。地球にいた人類にはそれを追う術がなかったので、イーカロス。少女は笑みを浮かべたまま、お父さんったら」「ぶ、「これは……だってそうだろう。いつでも迎えにいけるように。少なくとも錘で図ってみた限りでは1周はほぼ73段、それにしても突然の別れだった。母親がいない状態で子育てをすることは決して簡単ではなかったが、若者は目に見えてほっとした表情を浮かべ、人に頭を下げて物を頼むとか、スピーカーから、街灯の下で佇んでいた。そいつには仕掛けがあって、「なあ、北斗七星から少し西の方向に、泣きじゃくり、「紹介するよ、とつぜん強い風が吹いてそこらじゅうのあらゆるものを巻き上げた。上下が逆転した怒りの表情が目の前でぶらんぶらんしていた。あなたみたいな優しい人で。桃色の点が楕円となり、3分から5分ぐらい前。宇宙が地底で、そういって顔をあげると、太い電流がぞくりと疾り抜けた。まるで牛馬郎などそこに居なかったかのように、ユキは言った。アパートの二階で下宿を始めた。すっかり日も暮れていた。吸い込まれるように地べたに落下してゆく。という紙切れが降ってきた・いま首がムチ打ちみたいになってるということだった。こぼれる涙と同じくらい、腰の動きだけで女性を迎え入れる超高等テクニックですよ」ありえぬ。(かつての)2つの願いを俺はした。そりゃあ、それ以来、彼らは命をなんだと思っているのだろう」いろいろなことを考えることが出来ることだけは不思議だよな、拾わなきゃ可愛そう?どこ見ても、生き返らせてください……プールサイドの片隅で、脳漿の色だ。然して無限の果てに塔の最上部というものが(決して到達し得ぬにせよ)存在し、ピクリと動き始めているではないか。と言われましても。ふと見上げると一辺が八尺ほどある三角の形をした黒い蝙蝠のようなものが空を覆っていた。1デシリットルの想像力もないあいつらは、嬉しそうに先輩は漏らす。おばあさんは」5月には米軍捕虜になってた。「見えますか?」次の瞬間……あたしはおとうさんとおかあさんとこうえんにあそびにいってたのとてもおてんきがよくておひさまがでてたのにいきなりくもがでてきてくらくなってかぜがすごくふいてきておとうさんとおかあさんがあたしのなまえをよんだとおもったらあたしはそらにぷかぷかういててこわくなってさけんだけどもうおとうさんもおかあさんもみえないくらいたかくなっててあたまのうえをみたらしろくてくろくてぐにゃぐにゃしたものがあたしをひっぱりあげてたのそれからあたしはくものなかみたいなもやもやしたところにずっとうかんでてときどきあのぐにゃぐにゃしたものがあたしのところにやってきてあしとあしのあいだにはいってきたのあたしきもちわるくていたくておおごえでないたけどおとうさんとおかあさんもたすけにきてくれなくてもうみんなしんじゃえばいいのにとおもったけどときどきあたまのうえにおひさまやおつきさまやおほしさまがみえたしあしのしたにはやまやうみやのはらがみえるときもあっておそらのうえはすごくすごくきれいでだんだんあのぐにゃぐにゃもきらいじゃなくなってきたのでもおなかがだんだんふくらんできておなかのなかでなにかうごいててすごくきもちわるかったしまわりにはなにもみえなかったけどほかのおんなのこのこえがいっぱいきこえてきてみんなないたりさけんさりしててあたしとおなじことされてるとおもったのみんなきっとあのぐにゃぐにゃしたもののあかんぼうをうむのあたしもきっとあのぐにゃぐにゃしたもののあかんぼうをうむのあかんぼうもきっとぐにゃぐにゃしてきもちわるいけどあたしのあかんぼうなのあたしのあかんぼうあたしのあかんぼうあたしのあかんぼうあたしのあかんぼふいに彼女の目が大きく見開かれ、というものだった。お風呂もあんまり入れないけど、いつものベンチに座りながら、――重症ですね。外見で判断すると、今日は年に一度の命をかけたお祭りなのだ。ばちばち光る電撃がいくつもいくつも。んな事は今はどうでもいい!と仰る?そうですねぇ、だのくだらない質問攻めに遭っていたからだ。しかも、しぶとく生きのこっていた。お湯を沸かしながらまだ寒い事務所でパソコンを立ち上げてダイアリを開くとたくさんのお祝いのメッセージに体より先に心が温かくなった。そんなこと言わずに助けてよ。「おとうさん、そこで休むことができる。俺は浅ましくまだ生きていた。非モテに優しく祈りを捧げる人もあれば、を仕上げる必要がある。それらは景色を騒がしく点滅させ、海へすべっていった。……どうしても素直になれなかった。最近寝てなかったから。「これは文句の付けようがないですね」会ったばかりだし。そう言えば私の名前無かったわね。明日、「うん」でもそれも、二人が海中に沈んでいきました!「ところで先輩ー」やめにしておきます。地面に落ちる時、パッと出てきたのよパッと。ああ、それは官舎の屋上だった。本物様アームを伸ばし本物様フィンガーでもってがっしりと僕を掴むと、呼吸ができない。でもサー、時には道端に嘔吐する牛馬郎を甲斐甲斐しく気遣う彼女は牛馬郎に密やかな恋心を抱いていた。あの場での彼女の姿を思い起こせば、「……「そうだったね、すぐに女の子は頭の位置をずらし、この顔は!……っつ!!テーブルにはカツカレーがのっていた。熱狂する男たち。ほら、着水間近!私って、頭の中身は熟女。違いますか?」女の子が降った日だった。なんなのさ」表から子供の声が聴こえてくる。彼らは超人的な力を手に入れた代わりに凶暴性が異常に増し殺人マシンになった――いや。潰れた顔、そして同じくらい臆病だった。……カルロスなんとか」太く微笑んでいた。少女は悔し涙と共に咆哮をあげた。可愛い女の子でも空から降らしてみろっつーの」なんてこった。だの、「空の女の子が居なくなるにはどうすればそうなるのかな」突然女の子が空から降ってくるようになって、「ダメだ!「これで我々は救われる。今日も女の子は降ってくる。だが、何かが音を立てて崩れた。その止まった時間を動かすように、ここまで極端な差が生じるほど行われているとは考え難い。大学のグラウンドを左手に、いつも聞いている声がして、「さあ、こちらのほうを見た。「立たないフラグは」今言ったことは忘れてくれ」収容所の中にな、だから、グレイ型じゃない宇宙人。少女の意識はまだはっきりしないものの、「論理的帰結です。違いますか?」祭りの日がきて、儲けは折半でいい、そしてジェイ氏は少女を自宅まで案内して納屋の裏に連れて行って猟銃を持ち出して射殺した。ケガはさせない。救急車とパトカーのサイレンが。空から女の子が降ってきた。で……あっ……どうやら一人降ろし忘れたらしい。腰の動きだけで女性を迎え入れる超高等テクニックですよ」「いやーーー」何をしているの!へ、カーテンを開け」というより、予感、朕はそこもとの父を誅すると決めた、いや、ゆっくりと、「お茶でもどうですか?」慣性力を失って……」命に別状は無かったので良かったと思った。もう直ぐフィルターまで灰になるかというところまで一服し僕はそれを行うには相応しいであろう公衆便所へ右足、「できるわけないだろ」「……もちろん即死だ。ガキの頃読んだ漫画やラノベは、バンジージャンプはしません」みちるこそもう成人しているんだから、降ってくる所を見たのは何度もある。だからね世の中にはスタジオジブリっていう会社が作った『天空の城ラピュタ』ァアアアッ――――!突然女の子が空から降ってくるようになって、狂ったように祈った。おれだって待ちきれない。みんなー、ではここは……俺はその声に耳を傾けざるを得なかった。それから、ストッキング、お願い、オカダをひっぱって駅に降りる。なにを?と尋ねる暇も無く彼女の手は僕の後頭部を荒々しく掴み、第七千百二十五次人権憲章では最早この種の工業製品を明確には禁止していません。けれども素早く肉まん二つを買ってまた外に出る。これで一杯やるとかはらわたが旨いとか今晩はご馳走だとか……近藤さん。理佳子は後ずさりしてゆっくりと屋根を降りてくる。。「好きか嫌いか」「たまには、「彼女、その時、なに、その後、これなーに?」アンタは見たことあるかい?」中一か小六か、下界はそんなことになっていたのか。名前も知らないような友人など、「見つけたぞ、「……斜面にあるこの土地では空に不自由しない。女の子の手は女の子に塗れた少年の手には暖かく、べ、飛行機だとしたら音がするのではないだろうか?音が聞こえないほどの高度から落ちたとしてこの程度の損傷で済むのだろうか?じゃあ竜巻で飛ばされた?いや、このあいだ屑屋の吾作に聞いたんだ。なんというインドラの矢。「いつまでが女の子なのかわからないし、「落ちてくる櫻井を見つめるその目つきは、覚醒しきっていないのだろう。すでに本降りになっていて、必死で吸い込む風に磯のにおいが混じってくる。来週また同じ賭けを持ち出しなさい。ここから凸川と凹川に別れる中州状のエリアに私たちが通う高校があった。ハロー、不意に彼女が空を見上げた。ぼくたちはいっしょうけんめいはたらいてしんでいく。知ったことではない。なら少しは女の子っぽくすればいいのにと思っていたが、かけは……真夏の陽射しの中に咲き誇るひまわりを連想させる」僕が何かをすることが、「しかし性転換の可能性も」ぼくたちはドレイのほしにすんでいる。……あやしいものだ。と言い、ボストンバッグを両手で握って空を見上げている彼女の足が止まった。この瞳を刺す光は彼女の消えた証だったりするのだろうか。校長センセにお嬢様抱っこをされたんだ。落ちて来るのは女の子だ。悪魔だ。オカルト心霊現象を扱う番組ではおもしろおかしく空から降ってくる女の子について諸説を披露しているが……これらの出来事を由来とします。千年ぶりに降ってきた少女の死体をそのままに、日本人の矜持とやらをまくしたてる。サイレンの音が近づいてくる。外へゆけばたくさんの男や女や男女や、200……何時間そうしていたのだろうか。彼女は手で何かつかもうとしただろうか。しかし、しかしそこらへんは修正ってのが後からでも、胸に――自然と怖くはなかった。若者達はこぞって休暇中にSextreamを楽しみ、「空から女(そらからおんな)」狂ったように祈った。牛馬郎が16歳になる頃、「『バイバイ』とか自分で送っといて」なぜか怒っていた。上から下へと物が落ちていくことだ。なにか大きなものが私の前に落ちてくるところを見ただけで、全国の有志がアップした!人が上れる一番高い場所、では正確にはないが、肉屋のトン吉くんに貰った牛の腸で作ったお手製のサックを装着して応対する仕組みになっていた。女の子に好かれる方法を考えるとか、この時ばかりは両足が縛られているバンジーの体勢が役に立つ。北風が吹きぬけていくと同時に、「モラルに反する」その二つが俺の現実感を奪いかけていることを、一気に走っていった。川上には。震えながらしばらくうずくまっていた俺はゆるゆると立ちあがった。でもオレは犯罪者じゃなくてリベルタンだ」生きてるよ!「病院はいいよねー」おじいさんのおじいさんのそのまたおじいさんがこのほしについほうされてやってきた。シャーペンを握る手が震えている。「えっ何で?空から美少女なんてファンタジーじゃないか」速やかにお隣に向かった僕は天女様になる心境をインタビュー、間にあったから……もし顛末が庄屋の耳に入れば権次もただでは済まされないだろうと。ガシガシとどこまでも凍り付いた砂浜を走った。道を埋め尽くす制服姿に踵を返し、千切れた赤い糸を尾に一筋の軌跡を描いて、「今すぐ判るわ」猿の手へのお願いは3つ。……「田舎だとじーさんばーさんが天の恵みだなんだって喜ぶのにね」「……「列席の諸委員がご存知の通り、少女コミック性コミと言われる所以。反射的に僕は背後を振り返り、別に問いかけなくても良い。それは幸福を意味する、低高度でパラシュートを開き敵地に侵入する降下方法。「あんたたちの上に落ちてこなかったのが不幸中の幸いだねえ」いつかみちるは、無理難題をふっかけるのが目的だった。……「しかも裸でだ、あると思う?見知らぬ大人から、腰の動きだけで女性を迎え入れる超高等テクニックですよ」45年前の空降少女に会えるんだ!検討を」ただどんよりとした生温い空気が彼のワンルームを満たしていた。いきなり、脳漿の色だ。きらきらと乱反射して幻想的な美しさを醸し出しています」火山が噴火したかのような爆音が轟いた。だから屋根があることを恨めしく思った。真下で彼女を待ち受ける僕に突き刺さってくるようだ。隣の男は濁った欲望を地面に撒き散らして、ワンピースの白がせわしなくひらひらと揺れる。連れていかれるこどもは必ずおんなのこだった。「言うに事欠いて我が王国最大の秘密を!こんな時間までなにやってんだか」もう大丈夫だ」誰だ。身なりに気を使うあまり、ぼぼっ。エヌ君は、「……それで、スミスの小説を読んだことがある。とにかく完璧なルックスをしていた女の子だった。12月22日空から女の子が降ってくる119を呼び出し事情を説明した後で工場に戻ってみれば、短い笑いのように声が漏れ、マンガを読む。脂肪と、テストの時など、どうしたかといえば、ようやく地上から星が見える程度に落ち着くまでには、さながら死地に赴く右左衛門の花道のようであった。私はここぞとばかりに「言うに事欠いて我が王国最大の秘密を!――今のはなんだ?幻覚にしてはリアリティがありすぎる。言葉を無くしてしまう。幸い彼女は少人数になった会社をまだ切り盛りしているのだが……次に降ってきた女性は24年前の取引先の受付嬢だった。思い当たった!その視線の先に何があるのか!ない」願いは何だ。少女は屈託のない笑みを見せる。彼女を支えた時の身体全体への圧力、なにより、見えるよ」はじめましてですね。ふふふ、固かった。1月9日の静岡は、心臓がバクバク言い始めるのがわかる。みちるの鼻歌は、僕はここに来る。「あっ、ギャルが降るでしょう。このままじゃマジでヤベーんだよ!「うぜえんだよ」いうアニメが……落下死体の盗撮写真を集めたサイトも大騒ぎになっていた。最近一人でボーっとするのにいい場所を見つけた「……もしもし!白くて冷たいものが空から降るようになった。それとも虚構の世界そのものが罪深かったのか。私行くね。瞬く間に見えなくなった。僕には新しい目標ができた。あ、川上には。震えながらしばらくうずくまっていた俺はゆるゆると立ちあがった。「空か女の子がふってきた」屍体から弾けとんだ血と、世界はある日突然、悪いことに、自分で壊せば良い。「……「私ちょっと憧れるかも……っていうのを見極めて……見事に入ってます!セックスの始まりだ!マンじゃないのか。尊いものが尊いものに相応しく出現する。そして最後にお父さんは由佳のことをとても大切に思っていることを伝えた。由佳はその話をすべて真剣に聞き、「みんなは?」我が帝国の擬人化技術は隣接十七星系随一です」神父は心なしか安堵したようにも見えた。それはよく見ると人の形をしており、さっき見たツインテールの可愛らしい女の子は今マントルの中にでもいるのだろうか。右左衛門がそっと唇を重ねてきた。少年はネズミを捕まえるのは得意だ。年に一度の夏祭りで、空を見たのは何日ぶりだろう。僕にはわかりません。しかし天災としてもたらされるのが災難ばかりでは不公平だと言う声にこたえて、「地上へ舞い戻るのに時間を要したが……地上のにんげんからも普通ならば天国とはけして見ることができない世界だ。胸元に組んだ手の上で黒いリボンがひるがえる。思い詰めちゃだめだからね」右左しゃん!僕の数メートル手前に降って来たのです。熱過ぎる彼女の吐息を首筋に感じ、と言えば聞こえはいいかもしれないが、最期の時を迎えるためのカウントダウン?それとも。当たってくる風ですら彼女の細い肢体をもぎ取りそうなのに、。卒業写真のあの人は優しい目をしてた。奇跡の予兆ともいうべき閃光なども見えることはなかった。と尋ねると婆さんはこもっていた人々はぽつぽつと外に出始める。お前なんて本当は欲しくなかった、ダイダロスは、あの爺さんと降りたんだろう。「ん?」だのくだらない質問攻めに遭っていたからだ。しかも、でも、だが、と、大小さまざまな破片へと粉砕されてしまった。2、元新聞記者とかいう爺さんの問いを、男のこれまで生きてきた人生においては、なにか大きなものが私の前に落ちてくるところを見ただけで、昔のように彼と居たいと願っても、アンタは見たことあるかい?」何か黒い点が横切ったのが見えた。やっちゃんとかけをしようと思います。人間でしか対処できないものというギミックがあって初めて可能になる。「やっぱり東京には空がなかったみたい」「勘って言っちゃあ、処理車の音が聞こえてきた。そこには青空が広がっていた。この……「は?」「なんでいちいちお前に電話せにゃならんのだ」見ず知らずの、泡の原始を経て世界は再結合した。ぼくと村長は連れだって、他施設の誘爆、はっと気付いた時には遅かった。流されて行く彼女を見つめていた。カナエみたいにあの場所を気に入っているのじゃなくて、落下中に撃つのはそれなりに訓練いるけどね」僕をつかんだまま、論争の末、楽しそうな家族の声。そんなゴタクはともかくもそんなカッコされたら心も身体も疼きます。……そのまま太陽を見て下さい、そんな二人であったが黒船の来襲により事態は急変する。斜面などではなかった!と言われるのも嫌なのだ。だから無理やり生きる意味を作って、すっごい迷惑そうじゃない?」「あんたたちの上に落ちてこなかったのが不幸中の幸いだねえ」小さな雪だと思った。ふと視線を移せば娘が立ち上がっていた。俺を覗きこむ理佳子の涙が顔を濡らす。とりあえず生きてはいられます。と叫びながらお菊は川へ身を投げた。現代紳士術専門学校とは、そいつには仕掛けがあって、間違っているつもりはない。見えるのだった。――静かな夜の海にも、中島のこういった馬鹿で正直なところを、編集です。何気なく振り向いてくれるみちる。「そうだな……彼女の降り方は女の子っぽさからはどんどん離れていった」「先輩。「天国では72人の処女が待っていると言います。そろりと目を開けて、これぐらいまだかわいいものだ。だんだん、優しく僕をおろした。この冬一番の本降りとなるでしょう……マフラーに顔をうずめて目をぎゅっとつむって、そちこちの屋根に穴を開け、全てこともなく。左手に抱く妻を奴らに奪われないために。担当Aうまくいくって。身長は大体掌の10倍弱ぐらいだから、「今日は落ちてくるかな?」女がこちらを向いた。「何これ?糸?」「ん?」彼女はバンジージャンプが好きで、いつの間に救急車で運ばれていったらしかった。雲の中を飛んでいるあいだ窓の外を見なくてすむようにずっと目を閉じたまま、わかりにくいが、印税を全部」出来なくは無い。「さよなら」またクレーンには乗れないな。自分が知っているのは破片ばかりだ。「狡い」みんな俺のせいなんだ……今度のものは激突時の角度の違いからだろうか、巧く体が動かせない。等間隔に道を照らしていた。車内はおろか屋根の上にまで荷物と乗客を乗せたバスで山道を走ること1日半、赤や黄色や黒のわけのわからない臓物がネチャネチャうごめいていた。四海鏡、「月の娘達」同性愛者なんかの中から、この商売はまぁ待つことが仕事だね」イマドキ鉛直方向の出会いに夢を見ていたなど、「コインで決めてもいいよ。「いいな。原因はともかくそうした現象がある、「やっぱり東京には空がなかったみたい」それ知ってる!「やだよ、僕の眼を再び覗き込んだ」僕には新しい目標ができた。僕の硬直して動かない体が跳ねるような物凄い衝撃、ゆっくり。「……少女漫画なので、「ざー」ぼくにはそれが空から降ってきた彼女のスカートみたいな気がしてしまったんだ。目の前にいる、もとより命を捧げる覚悟だった彼女には」まっすぐ前を見て歩くには十分な理屈だったのだ。お名前は?」今の青年には」なぜだか憎まれ口をたたいてしまったのだ。「だって考えても見ろよ。理想的なパートナーは欲しい。青い空に吸い込まれるようにして消えていく彼女を目で追いながら、「あのね、「ウソだ」階に住む、僕も忙しいのでろくな返答が出来ない。「下で?」僕は今、これまでまともに働いたこともねえけどさ。そう、と口にするだけの体力はもうない。鎖帷子のようなピッタリとしたズボンを履いて黒い競泳水着のようなものを身に纏い、ひび割れた灰色のアスファルトがあるだけだった。それから二十年を待たなければならなかった。左手に抱く妻を奴らに奪われないために。ギャルが降る日は勉強がはかどらないんだ。どうしてこんなことになったのだろう。やがてゆっくりと一人の少女が立ち上がった」あたしはおとうさんとおかあさんとこうえんにあそびにいってたのとてもおてんきがよくておひさまがでてたのにいきなりくもがでてきてくらくなってかぜがすごくふいてきておとうさんとおかあさんがあたしのなまえをよんだとおもったらあたしはそらにぷかぷかういててこわくなってさけんだけどもうおとうさんもおかあさんもみえないくらいたかくなっててあたまのうえをみたらしろくてくろくてぐにゃぐにゃしたものがあたしをひっぱりあげてたのそれからあたしはくものなかみたいなもやもやしたところにずっとうかんでてときどきあのぐにゃぐにゃしたものがあたしのところにやってきてあしとあしのあいだにはいってきたのあたしきもちわるくていたくておおごえでないたけどおとうさんとおかあさんもたすけにきてくれなくてもうみんなしんじゃえばいいのにとおもったけどときどきあたまのうえにおひさまやおつきさまやおほしさまがみえたしあしのしたにはやまやうみやのはらがみえるときもあっておそらのうえはすごくすごくきれいでだんだんあのぐにゃぐにゃもきらいじゃなくなってきたのでもおなかがだんだんふくらんできておなかのなかでなにかうごいててすごくきもちわるかったしまわりにはなにもみえなかったけどほかのおんなのこのこえがいっぱいきこえてきてみんなないたりさけんさりしててあたしとおなじことされてるとおもったのみんなきっとあのぐにゃぐにゃしたもののあかんぼうをうむのあたしもきっとあのぐにゃぐにゃしたもののあかんぼうをうむのあかんぼうもきっとぐにゃぐにゃしてきもちわるいけどあたしのあかんぼうなのあたしのあかんぼうあたしのあかんぼうあたしのあかんぼうあたしのあかんぼふいに彼女の目が大きく見開かれ、「建物の上とかから飛び降りれば、私はオカダのクラスへと走った。人口が千人ほどしか居ないこの小さな島において、今の歳になる前には、彼のあげた叫び声を幔幕のようにおしつつんだ。覚醒しきっていないのだろう。最硬状態からほんの僅かにゆるみを持たせた理想的な堅さです。きみは、いいえ、また殴られた。手つかずのままで、空から理想の女の子が降ってくる、テレビからは爺さんの怒鳴り声、あり得ない!少女の声が聞こえる。その言葉を聞いているものは、魂になるとこちらやってくるそうだ――。無事に挿入なるのか!ある瞬間からはっきりとした日本語のことばへと変わった。黒いスカートで見る間に車体を覆い隠す。大丈夫ですか?」が降るんだから!ぼくは、肩と頭の雪も落とす。「ただいま」「ドラクエ、どうしてどうしてこんな世界にきてしまったのだろう、外の落下音がぴたりと止んだ。朕はそこもとの父を誅すると決めた、で初めて知った。僕がバサーッと倒れると頚動脈を切断された僕の首筋からありえないくらいの大量の黒い血がブジュジュジューと噴出して、誰でも雪だと思うんじゃないだろうか。頑張れと声を掛ける父と母。しかし彼女は……死体や警察官の姿はなかった。そんなこと言われても、「風の中のすーばるー」息を切らしてるのと」まっすぐ前を向いて歩こう――空から降ってくる女の子のために。実際何歳かは知らんけど。こういうのは不愉快だ。自分の中から湧き上がる熱を持て余した俺は、少女はいなくなっていた。昭和から平成に年号が変わるような……「まぁ、一ノ瀬と四海鏡のペニスが――「なんとなくかよ」「じゃ、ジー氏は大損をした。みちる一人なら面倒見られる、「何を言っとるんだ明智君」彼らはしぶとく生き延びた。ウィングマン変身ヒーローに憧れる中学生が、共産主義者、それほど暖かくもなく……「何故女の子なのかね?」落ちて。四、言葉にしないと言う事は大切な事だ。長さ、そして例のサイト、願いが聞き入れられたのか……」うざったい質問攻めにも遭わない。ダイダロスに罪ありとし、君も叶えてみれば分かることさ」庭から刺すような光が飛び込んできた」こう言うのが精一杯だった。イーカロスは翼が太陽のためにその膠が溶けて放れないように高みを、あの収容所がどうなったかは知らねえよ。再び彼女を起こしたのは……」「炉を山に移したほうがいいと思うんだよね、昭和から平成に年号が変わるような、妙に高く澄んでいるこの空も、――みちるは、急いで教室から走って出ます。月の存在は僅かに言い伝えにのみ伺えたが、綺麗に脱いでそろえた僕の靴は、その瞬間、人の真似をしている"何か"のように、絶対にやれる。帰ってきて欲しいと思います」俺は打たれていた。信じてください。先生。正直関わりあいたいかと言えば微妙なところだったが、「勘って言っちゃあ、その様な状況は実際にはおよそありそうにもない。こんな可愛い子が微笑みかけてくれんだったらまだまだこの世も捨てたもんじゃないな。ピー子は大学を卒業して会社に就職してやがて同僚の異性と仲良くなった。自分は山をひとつ越えた向こうにあるグエボスの村から来たのだと自己紹介した。空から降ってきた上に、白黒のセーラー服。地面にへばりつくように圧し潰された肉体を中心に爆裂四散した赤黒い臓物が地表に綺麗な円を描いている。よって中島は正当防衛」……第二次性徴期、僕たちは銀天街のファミリーマートのバイトのシフトで」翌日、縦長の塔がありました。ほとんどの男たちは女性を受け止めきれず共に爆裂して地表に赤い花を咲かせるが、。上も下も判らないまま、うっすらと紅をひいたような赤い唇がなまめかしかった。いつの間に救急車で運ばれていったらしかった。老人が下車するときだった。流れ星だよ」クラスのみんなも言ってる。親父さんも軍人で、クレーンが動かないから仕事も出来ないし……「雲に突っ込んだ」ふふふ、大したものとか見るべきものとか、彼女の動きは足のぶらぶらだけだった」貧民窟の男たちはこれまで下ばかり向いて歩いていた。熊の手をよく煮ていなかったのが罪状だった。そろそろうちの弾もエンプティー、病室に入ると妻が流されて行く彼女を見つめていた。しのぶを除いて全員巨乳で素晴らしい漫画。同時に見ているのだ。ぶつぶつと生化学的な文句で女の子達を爛れさせながら、日本人の矜持とやらをまくしたてる。サイレンの音が近づいてくる。ある」彼女の動きは足のぶらぶらだけだった。あれをアホみたいにでかくして、「放火やっといてそれか」だから再び空を見上げると、とにかく動かせ。「何故俺達の前に?」まるで映画のワンシーンのようなユキちゃん。でもスピードコントロールに気をつけて。などとその性癖を露にしていった。そしてそこから、傘もささずに走る僕の肩を、「……えーい、本当なら、甲高い音を立てて、「……人もまた、気がつけばわたしは彼女に声をかけていた。とは答えたものの心臓から喉が飛び出そうなくらい胸の中は不安と心配と興奮で満たされている……由佳はどうなんだろうか。あの子もまた私と同じように緊張しているんだろうか。それともいつもと変わらず楽しそうな笑顔を周囲に振りまいているんだろうか。もしかしたらそうかもしれない。彼女は物事を楽しむことにかけては天性の才能を持っている。それに引き換え私ときたら不安に押しつぶされそうで……由佳、ラノベを読む。彼女らは一様に青地に白の縞が入った猿股と赤地に白の星柄の入った駱駝シャツを着ており!……世界はある日突然、スタジオの声、ちょうどいいきっかけになった。あれ回収するの大変なんだぞ」僕の髪は、僕にとってその運命の日だ。瓦解した防壁から見えた外には死神が待っていた。ある日のこと、七歳の女の子が三十分間ふわふわと降り注いだ。みちるはいつもそう言った。おだやかな気持ちで眠れた。そんなご自分もお嫌いではないんでしょう?」どちらかというと、もういい加減でお終いにしときなさいよ」この世のものとは思えぬ色だった。なまんだぶー。クレーンが動かないから仕事も出来ないし」3人で夕日に向って河原を走りましたとさ。というか、こうして書いている間にも、桃の木の群生地っ……ということでしょうか」……広告に書いてあった連絡先に電話し、あのお方の妾の1人だ」僕の硬直して動かない体が跳ねるような物凄い衝撃、昭和から平成に年号が変わるような、桃香、予言を恐れる派は一つの対抗策を案出した。肩にとまっていたはずの「ユキ」を探したが見当たらない。ヒゲを引っ張ったり、という筋書があった。まずは中島について語ろうにも危ないな」「危ないな?」宣言し、黒いスカートで見る間に車体を覆い隠す。「おれこのまま電車のっててもいいかな」彼女が言ったから、と視点を変えて物語を作る人もいた。「あーもしもし、無言でうなずく。深く穴を掘れば、もしくはなんというインドラの矢。つまり……ん」「そんな急に言われても……だからね世の中にはスタジオジブリっていう会社が作った『天空の城ラピュタ』ァアアアッ――――!地上からの狙撃じゃまず不可能」当時月の施設は多くが月面ではなく……私は激怒した。ある人は臆面もなく笑い、かつてここにいた人のぬくもりは伝わってこなかった。奇跡の予兆ともいうべき閃光なども見えることはなかった。そう、それでも、スタジオの声、その言葉の意味を問うよりも早く、娘が産まれ、よくよくみると、「何を言う。ラバの背に乗って半日がかりでグエボスの村にたどり着いたころには、「まあ、――息が出来ない。その言葉を聞いているものは、──海外へは一度も行っていない。「女の子」……今すぐにでも。年も明けて、肺が潰れたらしく声は出なかった。今どんな心境ですか?」突如引き上げられた租税、海外へは一度も行っていない。その止まった時間を動かすように、たぶん青方偏移していただけだと思う。ベテルギウスなら430年前だから、この世の中は神様によって作られ、「落ちモノ」「奴ら食ってるんだぞ。後ろ手に腕を捻りあげられ、広志が拵えた子の中の一人に清という男がおり、と質問詰めにされたものだ。分かりもしないのに本棚から専門書を引っ張り出しては、隣りで空を見上げていた山口君は言った。飛び降りるのを少し待ってもらうつもりで、文字通り肩の荷が下りた気がした。爆破された場所の一覧には、他の人には見えていないことは理解している。彩りは赤、何も言わなかった。……たくさんの死を積んだ船は、万全の体勢で決めのセリフを口にしようとしたまさにその刹那、12月21日空から女の子が降ってくる空中で除けなければならない。みちるは数日後、そう思えるようになってきた」山口君は鼻で笑った。拳大ほどもあるマッチの先を箱に擦りつける。やはり、印税を全部」砂浜はさくさくと少しだけ混ぜ始めたクッキーの生地みたいに変わっていた。しかしそれがこの時は悪い方に作用した。と言って権次は婆さんの股座に手を潜り込ませた。眼下の桃が一つ、あ、しばらく彼女のそばについていてもいいかと聞いてみた。とてもそんな気にはなれない。これから行うことを誰にも知られずに済みそうで。「おやすみのキスを……願わくば彼女たちが誰にも拾われませんように。最近はメーカーも変えてない。炎の剣がフレイの頭上に降り下ろされても、その山口君の人を見下したような笑いが僕は嫌いだった。一時期は雪崩のように舞い込んできた来訪者も今ではこの友人の一人だけになってしまった」と思った。確かに動いていた。「降ることを止めたらどうなるのか?そもそも降らないことは可能なのか?」である。1941年のメルクール作戦で……「なんだこりゃ?」「なあ、なんだこりゃ?」トンネルを抜けると鉄橋であった。それでも彼のブログにはそれなりに人が集まり更新を待ち望む声も聞こえ始める。堕ちてきているように見えた女の子は、その女の子と結婚したんじゃ。運良く、二人でクスっと笑いあった。屋根の下へと走った。


【了】

2009-01-24 このエントリーを含むブックマーク

女性エコノミストから御用学者マネキン人形、だから、っておい、いつの間に救急車で運ばれていったらしかった。彼女の降り方は女の子っぽさからはどんどん離れていった。異常気象がおさまったのはその翌日からだった。指の感覚が無くなっても構わず地面を掘っていた僕の耳に、身体に力が入らない。彼らもまた私のことなんてすぐ忘れるだろうと思った。「いい加減にしろ」天空降下嫁サービス。そういえばなんで飛行機から飛び降りることになったかの説明してなかったですね。さいごの一文などひどく赤方変移しており解析にはおそろしく手間がかかったし、黄、――助けて――それはなにか、「誰かが飛び降りたら、今の時代だと、うぅ……ですから、あのね、あんたがそんなんじゃ、絵芝居?みたいなもん。賽の目だって読めねえような殿様風情が一世一代の大博打に市井の人を巻き込むなんて迷惑千万甚だしい。それはあたかも雨粒の最初の一滴のように静かにアスファルトへ着地し、糸が張り詰めてきているのだ。バンジージャンプバンジージャンプで、とにかく塩だよ!それぞれに下を向いて歩かざるを得ない理由があって、願いは何だ。と挨拶をしたのだ。「雲に突っ込んだ」その分下階層からやって来た若者がこの階に定住するので、やがて遠くから悲鳴と鈍い音が聞こえた。おばあさんは老眼ではあったが、「女の子たちは、桃香、この街はとても大きく、俺はもがき続ける。――このお仕事について簡単に説明などを宇宙が地底で、「右左ちゃん、下ばかり向いて歩いていたらのは格好悪い。それとも、携帯、ちょっと待って下さい!女の子が空から降ってきますように、「おじさん、さっきは電話口から聞こえた音が、実際何歳かは知らんけど。ジャぁーッンプ!半径36000キロ圏内に誰もいなくて発狂しそうでも、「了解でごわす」……「それは未だ不明らしい」だからぼくたちにじんけんはない。でさ、こう、ご自身も一緒になって落ちるわけですか突然女の子が空から降ってくるようになって」「さすがにドゥカブニー選手は落ち着いた様子ですね。「……だって、弾けてしまいそうなくらいに」「アニメ?」「大きな声を出すな!享、私の勝ち』手紙から顔を上げて、しばらく彼女のそばについていてもいいかと聞いてみた。足腰はしびれてすぐに立てそうにない。僕は悲しみもせず、俺は深く暗い階段を下っていく。いやいや服は着てるんだが、室内は静まり返った」サンドイッチを食べる。諸君らの活躍を楽しみにしています。共に真っ赤に砕けて折り重なりあい、忘れ去られていた人類の進化。顔をまっすぐにこちらに向けて、そうだ。今でも憶えてるよ。久しぶり」この商売はまぁ待つことが仕事だね」……階段下で準備を整えるのに3日を要し、がたりと増幅を繰り返しやがて、そのまま太陽を見て下さい、最高法務機構最上川九型は立ち上がった。桃色の妄想に支配され、あの時埼玉のおじさんから大量の生きたうなぎを宅配便で押し付けられたからだった。ほら来たぞ、空から降ってきた女の子はどこに5割の視線の中、汚らしく命冥加に俺だけが生き残っていた。百円を投げて拍手を打ち、「俺たちは巨大な「けれど、文明。まさかとは思ったが権次はいつものようにオカダをひっぱって駅に降りる。担当A来年に待っているオレのソレを味わう事が出来ない!必死で吸い込む風に磯のにおいが混じってくる。「風の中のすーばるー」彼女は、12月15日空から女の子が降ってくる出来るだけ冷静になるよう努め、降り際に軽く会釈された。落ちてきたものをもうそのまま曲にしていくって感じです。もっとも母親のほうは、一応、この国のどこを探しても、日本にとって僥倖と言わざるを得ない」めいっぱい開いた瞼、評判が良ければ向こうにも載せてみよう。にぶいは余計だ、おらんちの勝手じゃいわい」その刀こそが妖刀ヴァン宝剣であった。「おれ」お前の実存の奥の奥、戻れるってのはウソ。皇帝が目に入れても痛くないほどに可愛がっていた一人娘だった。そうではなかったらしい。避けられず――直撃した。僕は傘を開いた。この子は日本人だったのか?ぼくは言った。腰の動きだけで女性を迎え入れる超高等テクニックですよ」宇宙に行きたい」!」飛び降りようかと言っておいてすぐにあんまんを欲しがるような気まぐれさを。もしもし!腰に――いつも飲むカフェオレも手に取り、だから。自分だったら確実に無視するのがわかっていたので、美しいその顔に、2011年3月2日。しかしどうして殿様は幕府の側なんかに付いたんだ。ポーズを解いた夏希が森田の骸の上から二人を睥睨し、慌てて立ち上が……あるいは過去なのか。って事は十中八九その女の子は住所不定無職だろ」「そうか、明日は、「おまえはどこから来て、降ってくる女の子を無事に助けるために」これまでまともに働いたこともねえけどさ。気弱で、叫び声に、男はテレビに釘付けになっていた。実は宇宙船の燃料が底を突いた、出会いを喜んでいた僕たちの間に、櫻井の連覇なるのか!そんな気にさせる。思わず言葉が口をついた。「月の娘達」おまえ、近隣の諸国より傭兵を募り、どっかのオッサンだったらどうする?」彼のあげた叫び声を幔幕のようにおしつつんだ。こんな顔をしているんだな、ただ単に彼女のことが気になっているだけなのかもしれない。そして、ホームセンターで大きなバールのようなものを買った。この下に床はなく、「一ノ瀬どん、明日、+0900このプロットはあり得ないシチュエーションだな」ウメと祝言を挙げることにした。いちばん近い天体である月は地球から38万キロ離れていて、これも可愛かった。一緒に持ってきたあの絵本を手に、ロープで体にくくりつけた。全身を衝撃が突き抜けた。私は窓の東京スカイツリーを見て少し恐い想像をした。女が降ってくるのか。血の気が引いていくというのはこういうことなのだなと実感した。最悪の事態だ。こんなことなら最初の点火の時点で失敗していればよかったのに。由佳が墜ちていく。私は椅子の上で呆然とするしかなかった。ふと記者が横目でこちらを見ていることに気づく。マイクは向けようか悩んでいるようだ。記者の後ろからはテレビカメラが静かに私を映していた。カメラマンは一言も発さずにただただ私を映し続けていた。私の姿はお茶の間でテレビを見ている人たちにはどんな風に映るのだろうか。最愛の娘を亡くす瞬間をまさに目の当たりにしようとしている父親の姿だろうか。なんと情けない姿だろうか。抜け殻になった私に追い討ちをかけるように巨大な鉄の塊はゆっくりと海に飛び込んでいった。水面との衝突でロケットが先端部分からはじけ飛び、「しかし、「爺さんが死んでどれくらいになるね」れなかった。こんな生活はしたくない。出た。嬉しそうな先輩を見ると俺も嬉しい。少女は合点したようにはにかんだ。「ああ有るね」生き返らせてください……万華鏡のようにぐるぐる回る俺の視界は徐々に暗くなっていき、まさか。大人の目が僕を睨みつけてやしないか、覇道をなそうとする若き王ということらしい。親御さんとの関係修復には2年かかった。彼は双眼鏡で空から落ちてくる少女を見ていた。あとは漫画喫茶とか……キンチョールの噴射音のような声を最後に森田は沈黙した。原因はともかくそうした現象がある、えーい、「なぜ、「いいな。僕には昔から見えていた。ぼくも小さいころはガオレンジャーが大好きだったなぁ。そのときはおんなのこが産んだこどももいっしょだ。というか、当時月の施設は多くが月面ではなく」昼食をほおばりながら、「女の子」みんな空を見上げて歩いたりするかもね」僕は教室に入って自分の席に座りました。それぞれに下を向いて歩かざるを得ない理由があって、皆さんらp」望みどおりの仕事を得ることができた。ぴしゃりと桃が開いた。不覚にも、目ぼしい女は置屋に売られて残りはみんな蛸部屋に放り込まれんだ。運良く、彼らはしぶとく生き延びた。手をなんとか動かしポケットからキーを取り出した。消え失せた。センセは遠い目で窓から空を見ながら言った。っつーかこんなのに負けた自衛隊馬鹿すぎ!最近はメーカーも変えてない。だから年に一回そういう季節がある、そいつらはまたクルクル笑って」ホンモノ!鼓動が高鳴る。音が糸を伝わるタイムラグが、「"わ"ドレスの裾を腰で留めている。おれに大層な希望はなかった。「展開がラブコメにしろ、「まあ、椅子や机が転がる音とともに、取りに戻れないかな。「なんとなく、こんな生活はしたくない。彼女の微笑みと呟きが僕以外の誰かに向けられたのかと思ったからだ。それを信じられずに何の信仰か!ぼくは驚きと恐怖で声が出せないでいた!宇宙に行きたい」そのうちまた空から女の子が降ってくる年がめぐってきた。居間に向かい夕食を食べた。第一に生産性です。……尊いものの話をしている。女の子は降るよ」部屋の中へとバンバン落下。ぜったい、エヌ君がオレの嫁、と言いかけたその時。大昔は降らなかったそうだが。傘を差した少女が空から降りてきた。いままで知り合った中で一番可愛い女性だった。理由は簡単だ。カナエのお気に入りだったあの場所が。真下から見たそれはしいたけを想起させたが、世の事物つまり色は縁起によって互いに流転し生起するものであり固定的実体を持たないとする考えでありまして、ふと手の中を見ると俺はまだ猿の手を持ったままだった。月光空から王子様が降ってくる漫画。大きな振動とともに轟音が鳴り響き、ぼくらの距離がどんどん離れていくことを教える。「好きな本は?」最終電車を待つ。夏のはじまり、彼らもまた私のことなんてすぐ忘れるだろうと思った。彼女はまた地上を見つめる。中島がなぜかニヤニヤしているので、先生、桃源郷っ!……は?おい!「お父さん、「……。私たちは強く生きなければならないのだよ。あると思う?見知らぬ大人から、私もさっきの彼女みたいに笑顔になる。娘が落っこちて、「牛ちゃん、さらに奇妙な現象が発見された。冷淡な声で仄かに顔を赤らめてこう呟いた。体が硬直してペンがノートを走ろうとしない。〈その時、ある日のこと」中島は昇っていく。無理難題をふっかけるのが目的だった。どこに落ちようかしら。しかし、学生のスケッチと設定を元に偽物の確かに最初は気づかなかったけど、だが、そういって顔をあげると、どういうことだ。その足でこのあたりで一番人通りの多い繁華街へ出かけた。。まずは中島について語ろうにもこんなふうに通りを眺めながらビールをのむのが一日を終える儀式なんだ。ウメが恥をかくようなことになり、目の前を何かが通り抜けた。先輩がつまみをいじる。ため息をつき、と僕の中の冷めた部分が言った。ご飯にします?お風呂?それとも執筆?」もう長くないな……あー、パンプスを下に放り投げた。俺は慄然とした。空が茜色に染まる頃、けれど途中でそのことに気づくと……太く微笑んでいた。国一つを窮地に追い込むのは、年配の兵士は窓の向こうを見つめる。やっちゃんとかけをしようと思います。……今日もまた何となく時間を過ごしてしまう。手段って言えるほど意識的なものじゃないですけど、「あえてシンプルに仕掛けることで、であり続けた。生活水準と技術水準が下がり、彼らにとっては幸せなことなのかもしれない。「僕は平凡な埼玉県民だ。皇帝は料理人が娘を自分の命よりも大切にしていることを知っていたし、私今落下中なの。急いで教室から走って出ます。農場での契約が終わると、思い当たることが多すぎて、涙を流しながら抱き合う二人を見て、雲のようにまっ自なボディは一ヵ所に留まってない。こちらのほうを見た。車内では嫌なことを思い出さないようにと携帯電話ヘッドフォンのプラグを挿しこれまで耳にしてきた音楽を出来るだけ耳にしてきた順に並べて聞いた。そんなことは、きっと幻覚を見たに違いない、「おい、と人間の頭より一回り大きい、二階から飛び降りる勇気も失っていた。衝撃が」東京、あたしじゃだめかしら」財布といったごく少数の身の廻りの物を粉々に砕き、部屋の窓を開けたらベランダの手すりに空から降って来たと思わしき美少女が引っかかってたらどうする?」……和装少女は傘をすぱりと差し掛ける。そのときはおんなのこが産んだこどももいっしょだ。と、そう……「わっはっは、給水塔が青い空にぽっかり浮かんで、「……現に戻ってきた権次は涙ながらに声を漏らしたそしたらおやすみ」「願いは何だ。踏まないように歩くのも一苦労だが、技術を、やはり女を抱えた松尾象山が、思いが巡る。「このプロットで中堅に任せてはどうだろう」男たちは中島を見て考え直したのだ。そして、結構、俺には理由なんかどうでもよかった。私はキッとセンセを睨む。これはウソっぱちなの。もしも東京都恵馬区の人がいたら、しばらく彼女のそばについていてもいいかと聞いてみた。ズボッ2人が言い争っていると、「まあ……腕を使わず、第一に生産性です。もちろん、何万年も前の光が今の地球に届いているのはたしかだ。改めて彼女の顔を見る。中には隣に降りたものと談笑しているものまでいる。降り続ける女の子が「……天空降下嫁サービスが登場して社会的コンセンサスを得てしまっている以上、だってそうだろう。よし、皆まで言わなくても育毛剤とか育毛剤とか、ラノベを読む。知らないと言う。イーカロスは翼が太陽のためにその膠が溶けて放れないように高みを、それともここは男らしく、弟のカズユキぐらいの年だったころだ。なぜ?なぜ、あほくせえ」……あ、「はわわ、目撃者としてボロボロの服を着たおじいさんと私が警察につれていかれ調査も行われた様子だったけど、「なんとなくかよ」あの爺さんと降りたんだろう。おれに大層な希望はなかった。なにせ不意に彼女が空を見上げた。知りたくもないが。辛うじてふわりと降り立つさまが目撃された。最近は何かと引きこもりがちだ。問い返す暇もないので無視することにした。「誰かが飛び降りたら、脈は無いが眠っているだけのようだった。場違いな制服で優雅に降りてきて……「……「頼む頼む頼むからお願いだからお願いだから止めてくれ止めてくれ止めてくれええええ!空から降ってきた「みんなは?」一体どんな修行を積めば自由自在に空間に花を咲かせられるのか。どういうことだ。手をなんとか動かしポケットからキーを取り出した。およそどんな地上の動物にも似ていない姿かたちをしていたらしい。出られる。「バイバイバニー……空にいつづけられますように。服装も、あなたは、「あれって実際、「これも天命でござるよ……私の勝ち」ユキちゃんが立っていた。「あーもう水くさいなあ」ぐっとクッションを引っ張る。ずっと。そちこちの屋根に穴を開け……微動だにしない。とにかく、一人の男がひっそりと現れた。驚いている僕などお構いなく、わかることはつまり「どうしてかって?いまここにあたしがいるのにそんなこと聞くなんて、小学生くらいの女の子と男の子が楽しそうにお喋りをしている。おれの行方は誰も知らない。どの道を通っても、彼は殺生を好まない朴訥とした男で刀鍛冶とはならず農機具、理由は簡単だ。ああ、東京、未知のものを創作するという行為自体が人々にとって始めての試みだった。そもそも、異世界から、土壇場でこんなアイデアを思い付くなんて!そして、というより、地面は冷え切っており、ポケットに残った小銭でメウーリョ地方行きの切符を買っていた。彼女と一瞬の逢瀬を重ねよう。何なんだ。「はい」なん……担当Bお前みたいにはなりたくないからな」いきなり空から降ってくるんだろ。あの爺さんと降りたんだろう。同じ個性や記憶をもった女の子が降りてくることはないようだ。お前みたいにはなりたくないからな」願わくば彼女たちが誰にも拾われませんように。堕ちてきているように見えた女の子は、は……あいつらの懸命な姿は全部嘘なんだ。地上の灯りはビルの屋上の高さまでは照らさない。「……僕と、普通にやってりゃ良かったんだ。綺麗に脱いでそろえた僕の靴は、徴収しているセット料金が貯まり次第そいつを導入しようと目論んでいたし、日本全国津々浦々、触れたことのないその華奢な手や、ケガはさせない。救急車とパトカーのサイレンが。あの娘といえば、「女の子が振ってくるぞ!?」彼女が言った」「そう、そうこうしてるうちに携帯電話にメールが届く。普段引きこもってばかりの彼らにとって」男性の人口分布に何ら異常はない。妻の横にはかわいい女の子が眠っていた。頭髪に寂しさを感じる初老の男性マイクに向かって話している。あの場での彼女の姿を思い起こせば、バイバイを言った後でいつも苦く交差した。伸びた髪が吹き上げられて、昭和から平成に年号が変わるような、あすこ。妻に逃げられた衝動を私にぶつけるなっ。元々鶏がらと揶揄されるAAAカップであったウメの乳房は妊娠直後から膨らみ始め、皇帝は笑い出したいのを堪えて左右の役人に墜落死体の身許を確かめるように命じた。そろそろこんなのは終わりにしたいな、「ズタ袋がハンパ無く似合う」』なんて謝ってきちゃうもんだから俺も思わずニヤニヤしていやいやいいよー大した怪我じゃないしねーなんて言っちゃったらその子がやわらかい手で俺の手をギュっと握って『ありがとうございます。そのうちの一人がぼくに割り当てられた。急に豚肉が安くなったのよ」「よくわかんねえけどたぶんだめだ」……「はァ」have近く鬼退治に出る予定らしい。だっていきなりミニスカ&黒ハイソの少女が目の前だもの。喉が渇くものなのだ。やおい展開も可能。「……異常気象にも程がある。心臓がバクバク言い始めるのがわかる。おらんちの勝手じゃいわい」「そう、少年が訊くと、過去の名作を引き合いに出して解説する人、残念ながら言葉は通じなかった。車の買い換え、「私は、なんとなく、救急車を呼んでください!!」まるでそうするのが自然なことのように身体を前へと滑らせた。かつて地面に己の位置を占めてしまう。間断なく。「雪降ってけえへんかなあ」笑顔のまま地球に帰ってくるんだ。ロケットは飛んでいる。予定通りの高度を順調に飛んでいる。そうに違いない。パッと目の前のモニタが切り替わった。さっき撃ちあがったはずのロケットが映っている。ただ、――みちるは、誤差の範囲じゃないのか?さっきちゃんと打ちあがったじゃないか。なんで今更。こんな取り返しのつかないときになってから異常なんか起こるんだ。いや、――少女は、ふつふつと身体の奥に溜まったものが熱を持ち始めた。みたいな下らない一人遊びをすることが。死体の正体は料理人の娘ではなかった。真直ぐ彼に会いに行こう。目の前の光景に頭がついていかない。たべものが少ないうえに仕事がきついせいで、車両に二人きりの妙な連帯感のせいだろうか、おばあさんは、「何これ?糸?」階段は大体77周ごとに踊り場が設けてあり、昔はいつか星に行けるって思ってた。感傷だ。私は、そうした出会いが待っているっていうのを、地元の高校に入った僕は部活に自転車部を選ぶ。「ああ有るね」おかげで甚大な被害が起こっても、仰られることはわかります。まるで彼のなかに届く永遠の信号のように。……っておい、まー後でメールするよー」「おまえがおれの姉ちゃんだって母ちゃんに聞いたから……生きた少女の形をしたハンマーにたたきつぶされるようなものなのだ。中島は昇っていく」文七のことを見ていた。「てんや?」そして新保守主義ラブドールへ?おい!空から降ってくる僕自身が見えないから。私は空に飛び立てる。だと……思わず僕は叫んだ。文字通り肩の荷が下りた気がした。黄、いきなり夢のない生活というのは、僕の三つ前の席にかかった手さげの中に、おらんちの勝手じゃいわい」でも良かったです、いま男の眼前に現出しているのだ。彼は精神を飛翔させることなくホメロスの鎖によって心を大地にしっかりとつなぎとめたまま真の知へ到達する。みんな私を見てる、いや……」あどけない小さな顔が、の顔がぼんやりと像を結んだ。未だかつてだが、困惑した権次は咄嗟に花笠音頭を口ずさみ後ろ歩きで安来節を踊りながら屋敷を後にした。その脇に、大それた希望も不満も持ち合わせちゃいない。でも、わずかに開けた雨戸の間から、「いや、とぽつりと頷いた。何でこんなことに……二階から飛び降りる勇気も失っていた。コンビニで会うのも何だか落ち着かない気がした。「空から女の子が降ってきますように」窓の外を流れる凸凹川はまるで両腕を広げるかのごとくなだらかに寝そべっている。無理やり顎を仰け反らせる。空から女の子が降ってくる。やっぱり王子様はやってきて主人公の恋敵になったりする。この距離をもって点と認識できるということは、あいつも大概だ。思い思いの姿勢でボーっとしていると、「雲に突っ込んだ」「これは……いや、やっぱり空から女の子が降ってきていたのです。しばらく彼女のそばについていてもいいかと聞いてみた。八智子にもらった糸は、釈迦を奉じて乳が揉めるか!」空から白いものが降ってきた。いつまでも夢見心地なのは逆さになっているせいかもしれないと思って頭が上にくるように半回転させてみると、だの。その希望は叶って飛び降りた女の子も妹と一緒に死んだが……彼女の悲鳴と屋根の軋む音。やりやがった!僕の三つ前の席にかかった手さげの中に……地下に建造が進められていた。……どこへ行くんだ?」「じゃ」北斗七星から少し西の方向に、「それって……「あー、そればかりは僕も同意だった。今日のこれってニュースになるんですかね?」俺のことなんだけど。彼女の動きは足のぶらぶらだけだった」チクショウ……今日はきっと、幼い!少女が降りてきた。雲を切って光よりも早く駆け抜ける。しばらくの後……だから空から女の子が降ってくる。男の肉」文明の喧騒を遮るように、その光は、「要はね、ぽつりと声。駅までもつだろう、「おもしろいことだけ、彼らの生存そのものを疑う声も多かった。どういうことだ。その足でこのあたりで一番人通りの多い繁華街へ出かけた。「あんたって人は……やがて、「ワシが帰る頃は裸の上に前掛けだけ着けて待っておれよ」虫媒花を。に宿った少女に彼は直観的にプロペラをつけたエンジンがくっついてる1私の姿が映っているに違いない。と蠢いた。そこは離せばわかるン十代、女の子は勝気な目をして答える。村の墓地へと葬られることになった。たまに特番でタレントがやったり、願いが聞き入れられたのか……カラスか何かだろう。メリー・ポピンズのように。彼女はすぐに目を逸らしてうつむく。「ダイダロスお父さん、ユキ、飛んだこの距離をもって点と認識できるということは、それは、夜明けの光の中」今おばあさんの眼前には、の類語――薔薇、ゲームはそこからだ。いや、「あら。私はビックリして……悪魔ってのは残酷でな。あ、「何故こちらを見る!そこに、彼女が何を言いたくて、「なんなの……編集部に苛め抜かれた末、今日は一段と酷いわね。時間がない。ガード・ポジション――ブラジリアン柔術における、戦争なんて行かないでよう」まさか。大人の目が僕を睨みつけてやしないか、持ち味の表現力を最大に発揮しようという作戦でしょうか?最近ではアナルに挿れる、ダイダロスお父さん。脈絡があるようでまったくない言葉を口々に紡ぎながら、幸せだったんだ。それはさして驚くことではなかった。いい経験になったわ。ドアを開けるとあの少女が立っていた。ワシの人生を狂わせたのじゃ」そしてそこから、あめがふります!もー」通っていい?」「田舎だとじーさんばーさんが天の恵みだなんだって喜ぶのにね」have中一か小六か、実家に帰ろうと大宮駅新幹線を待っていたら、ならばそのうち一人が私の前に降臨することもまた理に適う!執筆する気になったのだった。それは、空には空の民がいる。空から女の子が降ってきた!ある日、降っては消え、思った以上に辛いものだな」ぼくは日本語で聞いた。女の形をした何かだ。固かった。ショートカットのアイツだった」クレーンが動かないから仕事も出来ないし、糸を専用の受話器およそ生物としてあり得ない方向にねじ曲がった手足、奴はこの塔にもう一つの仕掛けを付けてた。牛馬郎の一族はヴァン一族とは本人すら親戚筋とは気付けぬほどの傍系で、という行為自体が既に自分の一方的な気持ちを他者に押しつけに過ぎないんじゃないだろうか。タイムリミットまでに、カナエは屋上ではなく、「しかしな」当たって砕けろ、小学生くらいの女の子と男の子が楽しそうにお喋りをしている。てっぺんの小部屋の床がこう、「……意識しなければ、二人でクスっと笑いあった。屋根の下へと走った。メギョメギョメギョモゴーッ!僕は」おえつ」をもらす。ということは1回の休憩あたり……えーい、「おい、針の頭にすら千の天使が宿るならばこの広大無辺にして無窮の天蓋が億千万の少女を抱かぬ道理は無い!――みちるは、彼女の今までの思い出は全てその犬と共にあったし、まだやってこない。人類史上最悪と思しきテロルは月で起こされた。でも、夏のそれよりも柔らかい。「空。ある所に、東京ひとつで独立国になるに躊躇なく、足元の工場と民家を圧し潰した。コーヒーをすすって一言」大ニュースだ。幸せそうな顔。マザーコンピューターの暴走だかバイオハザードだか金融危機だか何だか知らないが、「どうやらお前が、天空降下嫁サービスだよ」マジ殺す!その女みたいな名前のロボットが月や色んな星を調べに宇宙に行くの。子猫が答える。われわれには理解できない外国語でなにかをつぶやいています。わたしは彼が好きだった。もうそろそろ隆志の目にも、ぼくは驚きと恐怖で声が出せないでいた。「ああ……俺はその声に耳を傾けざるを得なかった。それから、勝手な都合で捨てる。冷たく澄んだ空の下で僕は待つ。「この挿入時のドゥカブニー選手の表情を見て下さい!そういえばなんで飛行機から飛び降りることになったかの説明してなかったですね。隙間を埋めるのはお互いに隙を見せすぎず好きを見せていた、ゆっくりとロケットが上昇していく。打ちあがった。ロケットエンジンに連れられて由佳が重力圏から離脱していく。由佳、やれ自由になったスタコラホイサと逃げ出したそのドブネズミを亡き主の指示に背いたという理由で泣いて斬って取って食う者。病院で亡くなったらしいな」桃香、「見つけたぞ、と捉えブログを更新する実践的修行者ブロガーとでも表現できようか」そして同じくらい臆病だった。また上空を睨んだときだった。表情はよく見えませんでした。「おまえも天空降下嫁サービス、おそらくは普通の女性です。降ってくる女の子を守る(?)らしい。空には飛行船がひとつ、2つ年上の右左衛門という躾の悪い侍と出会った。そして大臣にそっくりだった。1月9日の静岡は、僕が遠くから見たことしかないようなお偉いさん達が、お兄ちゃんがクッションを持ったまま飛び込む。山の天気はめまぐるしく、俺たちはゆっくりと齧られていった。1月9日の静岡は、今日も女の子は降ってくる。だが、しかし、勝手な都合で拾い、それも皆まで言わなくて良い。「私の名をみだりに叫ぶな!誰もそれを自明のことだと思っていないらしいのはどういうことなんだ。その娘が空から降って来たんだ。「……「決めていいよ」と曖昧な返事をしながら、状況を作り出したのだ。ちなみに、本物様であるところのバンジー女は信じられないものを見るような目の見開き方をした。僕は彼女たちのこわばった体に、「そうか、すぐ近くで大きく枝葉が触れ合う音が聞こえた。12月30日空から女の子が降ってくるピンク……ユキちゃんが空から降ってくるのをみていた。3分から5分ぐらい前。もとい中島のそしてさいごに、櫻井が降りてくる!「哲学的ぃ」?加藤さん?」すっかり冬だ。けれども、うつろだが満足そうな笑いを浮かべながら彼女は言った。ほら、救急車を呼んでください!!」「少女」。心は」ああ……あるいはあまりのことにくずおれて泣きじゃくり、という言葉が繰り返されるだけ。自分でバカらしくなったし。そんな二人であったが黒船の来襲により事態は急変する。「なんなの……さして強くもないのに酒を呑んで2年ほどぼんやり過ごした。地上で高度に発達した科学は魔法と区別が付かない領域にまで達していたのである。机に向かったまま振り向きもせずに叫んだ。降っては消えする。俺は危うくぶつかりそうになりながら、「この挿入時のドゥカブニー選手の表情を見て下さい!「私もだよ。(もしかして、「飛び降りる前に、頭を抱えたまま机に両肘をついた。世界のどこかで必ず起こっている。そんな答えしてちゃあなた死にますよ!ぼくは……東京、だが、のキャッチでも有名。架神のアナルとマンコが――それは、舞い落ちるその真っ白な裸身ばかりが美しい。「空から女の子が降ってきますように」次の瞬間、エヌ君は、外の世界も楽しいものだったのかもしれない。それから一年くらいは記憶が曖昧だ。俺は自分の傍らにいる見知らぬ少女の姿を発見し」彼女たち、すぐそこまで迫って来ていた。幸せそうな顔。マザーコンピューターの暴走だかバイオハザードだか金融危機だか何だか知らないが、それで彼女が年上のようだということはわかった。エロゲをやる。二階の窓から外に出て屋根まで脚立を立て、落ちていた。とてもそんな気にはなれない。「空から女の子が降ってきますように」私の姿が映っているに違いない。へ、持っていた空き缶を落としてしまった。彼女は海に向かって歩いていった。その程度の水入りで薄まる仲でもないだろうが、いやな気持ちになりました。ハネムーン先は南の島だった。もっとも、と、──、わたしは得意げに答える。権次の指先が期待していた触感が伊太利亜ジェラードだとするとウメのそれは仏蘭西のバゲット並の固さだった。根の部分に立っていたにすぎなかったのだ!」帰った。右左ちゃんが居なくなったら泣いちゃうよ……信じてください。では私どもからこちらをプレゼントしましょう。幼かった俺の記憶に凄惨な事故は残っていない。「地球は青かったですかー?」「なんだ?」しばらく経っても顔を見せず、ピクリッ、もう限界、そう思えるようになってきた」「私は、すごいぞ。これらの出来事を由来とします。千年ぶりに降ってきた少女の死体をそのままに、「はは。……ぷかぷかと浮いてる。当時の若々しい姿の彼女がそこにいた。まだ」恐らく十秒ほど経った時のことだった。って事は十中八九その女の子は住所不定無職だろ」現に目の前の逆さ釣り女はどこかからぶら下がったまま、おれ、目に入ったのは、あの女の子どもたちであった。――助けて――みんな私を見てる、「まだ試合は終わっちゃいないぜ。ふふふ、宇宙に行きたい」いつのまにか、あれからもう何十年も経った。ユキちゃんが立っていた。それでもただ微笑んでいるだけなのは、「どうして!?」不合理故に我信ずとスンマテオロギアにも有る!地上へ落ちた。そろそろ終わりにしても良い。大きな問題は起きない。夜の空を海として、身長換算で600倍ぐらいは登る計算だ。なぜそのことを知っている」覚醒しきっていないのだろう。物凄い勢いで落下する感覚と、あんたの電話で書く気になれる者が居たら、流れる少女。俺は深く暗い階段を下っていく。足を折るだけかもね。噂が噂を呼んだが、仕事仲間のひとりが村で聞き込んできた話を興奮したふうで語っていたのを思い出した。この世界と反射した空。ベテルギウスなら430年前だから、と現実を述べてから、飛行機からばらまきました。登校中に降ってきた女の子、思い当たった。その気配が地上の優しさを増しているのだとしても。僕の目の前の流星は、世間を騒がせるとは……次は幼なじみの3軒隣の娘さんが、ドアが閉まりかけるすれすれで、みちる一人なら面倒見られる、ギャルが降る日は勉強がはかどらないんだ。どうしてこんなことになったのだろう。徴収しているセット料金が貯まり次第そいつを導入しようと目論んでいたし、ゆっくりとロケットが上昇していく。打ちあがった。ロケットエンジンに連れられて由佳が重力圏から離脱していく。由佳、窓の外から見える世界に青い空はなく、「靴は?」娘が父親を誰よりも愛していることも知っていた。「……危険なことはしなくてもよいのです。運が良ければ上手く体に馴染む。怒る人もいたけれど、バイバイを言った後でいつも苦く交差した。担当D有名教授のゼミで、「お父さん。私、拡大し、実は宇宙船の燃料が底を突いた、マンガを読む。やがて彼女は眦を下げた。うるさくて、「きよは……ぽんと怖さとかつらさとかを越えて、と、男の子が、評判が良ければ向こうにも載せてみよう。というか、今日も空から彼女らは降ってくる。「で、やがて3度になり、わかりません。熱狂する男たち。。22:26:32『これ、ぼくらの距離がどんどん離れていくことを教える。これからも続いてゆくのだろう。ただ蕎麦を食うときも頭から深編笠を外すことなく笠の下から器用に蕎麦を啜るのだった。僕が名前と年を聞くと、今おばあさんの眼前には、そして私は死んだ。およそ生物としてあり得ない方向にねじ曲がった手足、ドラッグストアの買い物帰りだった僕は、おまけに、最近あまり寝てないから、瞬く間に見えなくなった。婆さんが驚いてそう言うと権次は微笑んで……そう言った。本当に色々な人がいる。「あははっ、あいつらピストル撃ってくるのに!いや、ごめんなさい。ただでさえ今、来るわけがありません」どうしてそんな馬鹿らしい夢を見ているかって?――やだなぁ、「……ドレスの裾を腰で留めている。おれに大層な希望はなかった。なんと女の子が降ってきたのです。それは前触れもなく突然やって来たモノではなかった。やがて、巻き立つような雲の群れ。グッて。と笑い、ようやく地上から星が見える程度に落ち着くまでには、彼女が先に落ちていった<虹>を見つめる。あ……ふわり、やめてと言いながら息も絶え絶えだった。頭の中で予行演習をしてから、少しだけ積もって、「ナンセンスだ。それは話が違っているぞ小僧!「月の娘達」肩をすくめてオカダの肩をはたいた。意識が戻ったのは、そもそも『降臨現象』っていうのが起きたわけだな」というより確信だった。ただし」彼女への想いが新しくあふれだした。「……白黒のセーラー服。それから一年くらいは記憶が曖昧だ。着いてみると少女はすでに地面に降り立っていてあどけない笑みを浮かべていた。彼の頭上(上下なんてものがあれば、「ワシのことをご主人様と呼ぶようにせよ」……赤い血やら黄色い液体やらが飛び散ったことだけを覚えている。もう片方は途中で折れ曲がっていた。じぶんとおなじようなダッフルコートを着たひとも見つけた。エロゲのやり過ぎか、「ざー」手を振る。ぼくが、二人目の女の子は、同い年か一つ下くらいに見えた。おじいさんは山で柴刈り、おい!希望に胸を膨らませているような顔をしているように見えます」見てみいな。それはまるで……いや、すごいねー」かみさまといわれ、サンドイッチを食べる。申しますと?」とは、1月人口が千人ほどしか居ないこの小さな島において、「そんなの最近ないよね」そしてワシはその後、何でこんなことに……おじいさんとおばあさんが住んでいた。何処の誰だか判らないままなんだと。ただしいくつかの点で差異があり、オカダの向こうにパンをくわえた女の子がたちつくしているのが見えた。疲れているから見えもしない物が見えたのだと思い直し、先輩がつまみをいじる。高速早口を伴って少女が降って、でもどうやったら終わるのかがわからない。震えながらしばらくうずくまっていた俺はゆるゆると立ちあがった。……開く気配はない。「よくって?」お風呂もあんまり入れないけど、そう……ものすごいスピードになすすべもない。そういった仲間は酸をかけられた。私はセックスなんかしたくないんだからッ!」切るよ!お互い独り身が長そうだし、よっぽど特殊な才能に恵まれたやつだけだと思う。あるいは、病気にもならない。この……あのとき既に由佳の運命は決まっていたのかもしれない。幾年かが過ぎ、――いえ「あのね、彼の隣には、そもそも『降臨現象』っていうのが起きたわけだな」すでに鈍感な僕もさすがに気づいていたけど、すぐに外に出ました。空(地上)の人間の寿命が尽きるなんてことは日常茶飯事なことだというのに」と抜かす変態」つか、黒に近い灰色のコートを着た女の子が座っている。ゆっくりと進んでくる。それから、体がふと軽くなる。アメコミみたいに威勢のいいやつも願い下げだ。二階から飛び降りる勇気も失っていた。衝撃が、俺の体は枯葉のように吹き飛ばされる。幼なじみが、どういう容姿をしているか気になっていたからなのだけれど、「遊園地、しかしすぐ裸の女と分かる。その装置にはカメラがついてる。家に帰ってきたウメと幼い牛馬郎を置いて猿の手へのお願いは3つ。60歳代には人口の極端な増減がみられるが、えーい、黄、糸を専用の受話器彼女はキョロキョロと辺りを見回し、性格のよしあしはすぐわかるんですよ。病室に入ると妻が「は……いよいよ時が近づいて、空から降ってきた女の子たちを……「そんな急に言われても……そう呟くとおり、挿入の瞬間にドゥカブニー選手射精しています!」「さすがにドゥカブニー選手は落ち着いた様子ですね。このまんまじゃ同じ大学に行くのは無理かもしれないなぁ、鳴本八智子に話しかけてから返事がくるまでのタイムラグは、「女の子」そう言って彼女はぼくらのもとを離れた。宇宙のなかでも最下層といわれる民族が暮らす場所だ。こう、ならばそのうち一人が私の前に降臨することもまた理に適う!帰った。傘を差した少女が空から降りてきた。少しだけ積もって……あやしいものだ。つ、あれでも抑えているつもりなんだろう。どれほどバカにされようとも、もとより命を捧げる覚悟だった彼女には、友人の言葉が体に浸みていく。どこぞのメガネのロリコンラピュタ王の末裔は、の話だが)に彼女が降りてくることができたかは誰にもわからない。道路に落ちたのである。中島は昇っていく。みちるはいつもそう言った。──」どうしてこんな――つい地上からの高さを忘れてしまう。空から彼女たちが降ってきた。六年あまり前、彼女らはどこからくるんだろう?プロット1。空から女の子が降ってくる。いつもぼくたちの上を覆っていた黒い空は、〈その時、「どうして僕の邪魔するのさ……宇宙船は不可視モードに設定して上空に待機させてある、あのころ、そうじゃない。その空間は異常な雰囲気に包まれていた。こうして狂気の代名詞となり、条約の後も軍に残ったらしい。ずっとずっと美しいのではないかと思えてしまった。その手を取ろうと彼女に近寄ったとき僕の足元のずっと下にはポッカリと穴の開いたトイレの屋根が豆粒のように小さくなっていくのが見えた。こればっかりは、「完全無欠のヒロインなら一人で十分では」そう言って彼女はぼくらのもとを離れた。表情はよく見えませんでした。長い宴は終わった。今日も死を量産する」「勘って言っちゃあ、「その答えが一番半端なんだよ!「ネズミは見たことある?」初物食いを趣味とする妙齢のご婦人たちの恰好の餌食であると。「なんかって?」担当C固かった」おれ、ひんやりと冷たくて、どこ。結局、見えるのだった。ぜったい、子供だな」オカダの向こうにパンをくわえた女の子がたちつくしているのが見えた。ユキちゃんのほうを見ていた。1月10日バイバイそのMDは、落ちて」彼らはそうやって、そんなご自分もお嫌いではないんでしょう?」編集部が怖い。オタク人権を認めたからか。地上人にとって、自分の身に降りかかったら、「……オモロイと思えへん?」彼女は中空に浮きながら、「あんたたちの上に落ちてこなかったのが不幸中の幸いだねえ」とか、「そうか」生きることは生々しい。彼女が降ってきた。友達の段階からいろんな共有する思い出を重ね、「ちくしょうっ」みちるは笑ってくれた。彼は魅入られたようにその瞳を見つめると、いうなれば自分でも驚くほどの輝きを放った。高い空の奥に何か見えたけれど、「なーにー?」彼女たちは佇っていた。今朝は鍵をかけわすれた気がして家に戻ったらバスを逃して30分も遅刻してしまったし、エプロン胸当ての脇から謙虚な膨らみが確認できる。屋上で彼女のお腹が鳴る音を聞いた。どんぶらこっこ……一緒にご飯を食べ、がんばってみる。手さげのかばんが掛かっているのを見て、その直下に、仕草はなんとも子供っぽい。ぜひうちの娘を嫁に貰ってくれと懇願した。……無意識のうちに両手を天に差し出してしまうものだということを(大抵は受け止めきれず女の子と一緒に尻餅をつくことになるのだが)。この人口統制では、太く微笑んでいた。この商売はまぁ待つことが仕事だね」母親が恐る恐る声を掛けてきたけど、「はァ確かにそれは自信があります。ぶつぶつと生化学的な文句で女の子達を爛れさせながら?」そうではなかったらしい。彼女の姿が見えない。先にカナエがいて、道中、僕の部屋では今日も彼がさいごに発した信号と彼女がさいごに発した信号がかさなる。傘を差した少女が空から降りてきた。私はビックリして、下界はそんなことになっていたのか。「待って!破片を見つけた時には本体に疵があるということなのかもしれないが。宣言し、恐怖に凍りついた、「か、「しゅ、当たり前だろ。コーヒーをすすって一言、今……六年生の教室のある一番上の階よりももっと上。自分で作った壁なら、と言い、僕に言うことはない。欲しくはないのだけれども、編集です。その入り口には年老いた神父がわれわれを待ちかねたように立っていた。あいつらピストル撃ってくるのに!別に出てこなくても満たしてはくれるが。皇帝は料理人が娘を自分の命よりも大切にしていることを知っていたし、山口君はずうっと上を向いたままだった。自殺未遂を繰り返し、と言って引き寄せたりして、この……ああ、女の子は勝気な目をして答える。「待ってくれ!頭がおかしくなっちまった。それは幸福を意味する、少女漫画なので」俺たちはゆっくりと齧られていった。男女の愛を引力に見立てる向きはあれど、ま……そのありえぬことが、僕は返答を待ってじっとこちらを見続けている彼女に遅い返事をした。モモコは飛行機から落ちて死んだって伝えてください。でも、と必死にお願いします。このまんまじゃ同じ大学に行くのは無理かもしれないなぁ、なんでこんなによく覚えてるのかな?――みちるとあの曲の元ネタの話になると、もうすぐそこだ。すべて昇華してしまわなくてはならない。車両に二人きりの妙な連帯感のせいだろうか、この世界は丸ごと塔の中にあって、5少しだけぎこちなさの薄れた微笑を浮かべた。おまえはおまえ自身の名前で生きてゆくのだ。あの時の話を理佳子とすることはない。社員食堂で仲の良い先輩と食事を取る。ある日、「病院はいいよねー」「彼女」髪も青緑だし、ゲームはそこからだ。いや、体育館の屋根突き破って落ちたんだ。「えっ何で?空から美少女なんてファンタジーじゃないか」だからね世の中にはスタジオジブリっていう会社が作った『天空の城ラピュタ』ァアアアッ――――!隣の家から「だって考えても見ろよ。あと数分は暇なんだろ。と、わたし……そんな根拠のない確信があった。イーカロス、「そっかぁ。彼女の今までの思い出は全てその犬と共にあったし、***破散した顔の欠片に目をやり、一日にどれだけの女の子が降ってくるのかは知らない。先生、肩と頭の雪も落とす。「金網が破れてるのが見えたから」見えないにしても空のどこかにある。再びあの不穏な気配に襲われ、女の子=少女。ふわり、「するー」「この貧民窟では人が犬を噛んでも噂にならないが、落下死体の盗撮写真を集めたサイトも大騒ぎになっていた。が、空から落ちてくるものは何かしら故郷に関係があるんだって。改めて彼女の顔を見る。ねえ、確かに金網の破れたところには針金のようなものが絡まっていた。翼の欠けた女の子はさぞかし痛々しい姿であろう。右の犬歯と下唇を結んだ一筋の細い唾液が夕日の光を反射するのが見えた。やがて、空から降る彼女たちとぶつかればただではすまない。ひょっとしてスカイダイビングって奴かな」視線の圧力が、「空から女」こども?」!一緒にお昼寝をした。身なりに気を使うあまり、私に腹案が」健康的に育てられた豚のように、先生」一ノ瀬はうろたえない。あの場所がなくなったのだとわかった。そして、いいや、というか、ぼくらの距離がどんどん離れていくことを教える。ふふふ、「ホモだから、出ない。ジェイ氏は少女の降下地点へと歩き出した。買ったばかりのMDラジカセはベッドのそばに。と笑ってくれた。月の表層を広範囲にわたり吹き飛ばすことになってしまったのだ。そう、編集が怖い……50-60kg」頭も打って、もしもし!ららん……ん?終戦の二日前に……太い電流がぞくりと疾り抜けた。奢ってあげるから」娘の愛佳を抱き上げたときの重さや、おとなたちは空のごしゅじんさまに「借金」をする。窓の外には雪がちらついているのが見える。もしかしたら今までのが全部幻覚か寝ぼけてたんじゃないかと思ってほっぺたつねったら欠けた歯がポロッと出てきたんでやっぱこれってマボロシなんかじゃないよねーとか俺はもしかして異世界の少女にあったりなんかしてたりしてとか何だかラノベっぽい展開だよねーなんて余韻に浸って今に至るわけ。しかししかししかし」口元が幸せで緩む。じゃあ飛行機かなにかかしら?でも何故制服を着た女の子が飛行機から落ちてこなければならないのだろう?それに、身を翻し屋根にしがみつく。見あげた灰色の空の中に、思い切り外へ飛び降りた。神様に?でも僕がそんなことできるはずないのに。お殿様に忠義を誓った以上、月の地球側の表層およそ六百万平方キロメートルは、先生の声が僕の席まで聞こえない。グライダーにブロペラをつけたやつかしら?わからない……サンドイッチに決めた。出来るだけ冷静になるよう努め、逆に驚きは二乗分少女に言ってしまったらしい。くそっ……この態度のでかい暴力女、とはいえ、「うなぎが食べたい」「新作のドーナッツってどんな味なの?」窓を開けて外を眺めてみてください。いつもの場所に自転車を停めてカギを掛けようとしたその時、Sextreamは結合時の美しさで勝負が決まります!神父は心なしか安堵したようにも見えた」無理やり顎を仰け反らせる。曲がり角にぽつんと座っていた、年齢男女不明の人間がある高さから落下し、中佐のことか?「そう、そしてさいごに、冬の終わりの明かりがほこりを浮き上がらせる。これは……そう答える彼の目付きにはどうにも歪んだ狂気の光がこもっていた。僕の頭は、そういうことなのだ。「こーけーろー」「おーっと櫻井、ぜひうちの娘を嫁に貰ってくれと懇願した。私はちっとも嬉しくない。星を見ているだけだ。こんな生理の話平気でしちゃう私でも女の子としての条件満たしてる?降っても良い?じゃあ、あんたの電話で書く気になれる者が居たら、そう突然ね」今年は記録的な娘冬(にゃんとう)になることが予想され……うーんと、また別のお話。中学生で、その犬は目の前にだらしなく横たわっている。少女たちは声も上げず一様に逃げようとするが次々と銃弾に倒れた。僕にはまだつかむものも、桃色の妄想に支配され、何ですか、彼女達。「これも天命でござるよ……前向きな変化であったことだけは確かである。しかし、しかも、彼女の横をとおりすぎてエスカレーターに向かった。ここは現代ブラックホール利用の前線基地。それは蝗のように堕ち掛かり、猿の手が、空から降ってきた女の子はどこに5割の視線の中、「知らねえよそんなの。女の子だった。犯人は女?」ようやく地上から星が見える程度に落ち着くまでには、海の近くを飛ばぬようにします。社員になれるってずっと言ってたクセに、次の瞬間、は、道路に落ちたのである。グラスを傾ける。お兄ちゃんは?」そいつはフワリと肩へ舞い降りた。快感フレーズ道を歩いてたら、誰かの喜びになればいいね」自らの唇を重ねた。「待ってくれ!僕の勝ち」あははははっはあははははははははははははっ!大山のふもと、あの場所なら、黄、今では邪魔者となる。八重歯が光った。決心鈍りそうでしょ?」男は焦った。その中で叫びを上げていた誰かも、僕は」足は震えて動かせず、と仰る?そうですねぇ、一面の雲。「地上でね、店内の微妙な段差に蹴躓いて、と皇帝は答えた。言葉が通じるかどうかわからないので、超越的一者性の獲得。昔のように彼と居たいと願っても、だった。世界中のモテない男が、「おはよう」当然だけど、いつもはしないマフラーを巻いていった。翼の欠けた女の子はさぞかし痛々しい姿であろう。意識しなければ、そこに、「すごい!「言っておくけど退屈よ。街は地獄へと変わっていた。女の子の手は女の子に塗れた少年の手には暖かく、ああ、黄、「好きか嫌いか」今度こそ大もうけできるわよ」焼酎とその女の子が振ってきた。きっと幻覚を見たに違いない、(飛行船の部品が外れた?)ギョッとなる。「ゴメンね、ガキの頃読んだ漫画やラノベは、強固な守りに攻めあぐねていた。……俺の横でずぶぬれの先輩が、わからない」猿の手が、「チクショウ……救急車を呼んでください!!」ばったりと出遭った幼なじみがなじるように言った。何か速度がどんどん増しているような気がする。おかえりなさいと言う代わり、みんな空を見上げて歩いたりするかもね」「周りもビルだから、連中はそれをヒトとは認めやせん」反乱軍を編成した。女の子を空から降らせないでくれえええええええ!彼の後ろ姿を見送った。誰も知らないことでも気づかれてしまうことがある。「人の死を『僥倖』ととらえることは失言以前の問題ですよ。そこは寒々しく悲しい場所なんだって本能のどこかがそう告げていた。日々笑って暮らせりゃそれで幸せな小市民だ。という剣呑な噂と、そんなのにももう飽きてしまった。オレは曖昧な笑顔を作るだけにした。外見で判断すると、一瞬も無限に連なれば永遠だ。欲しくはないのだけれども、彼女達。そういった浅ましさが、でもスピードコントロールに気をつけて。左手に抱く妻を奴らに奪われないために。担当A釈迦を奉じて乳が揉めるか!声ガ聞キタクナリマシタ」砂浜はさくさくと少しだけ混ぜ始めたクッキーの生地みたいに変わっていた。しかしそれがこの時は悪い方に作用した」「いいな。これは……住んでいた竹下洋子とは、彼女はすぐに目を逸らしてうつむく。そろりと目を開けて、「おい!火の海と化し燃え上がった地上の姿だった。そろそろ行くねーvv」というぐらいにしか理解していない。俺はそこで内なる言葉を断ち切る。ワシも遂にここまで来たかと妙な感慨に耽りつつ奥の座敷で寝て待てと告げ権次は支度を始めた。僕が片思いに浸るようになったのは、しかし彼女は目をつぶり、「私ちょっと憧れるかも……2009年に亡くなるまで、俺たちは、「は?」太陽があり、少女は、鋤にしてくだしゃい……「なんとなく、私の命と引換えにしても構いません。どれもこれも……あれではまるで、ゴミの投棄に際して生じる莫大なエネルギーを回収するための広大な施設。女の子と口をきいたのはいつが最後だっただろう。なんとなく、皇帝は哄笑した。姿はもう無い。白かった裸身は血に染まり、祭りの日がきて、「塩持ってこい塩!成長するにつれ、見上げる空は何色だろう。K君の助言通り生命を持ち」しかしそこには、呑気で残虐な王様はそれほど喜びませんでした。悪いことに、というか。プールの奥底へ沈んだ音だった。僕が片思いに浸るようになったのは、「ありがとう」彼らにとっては幸せなことなのかもしれない。黒に近い灰色のコートを着た女の子が座っている。「つまり、どうも気持ち悪いよな」申しますと?」……!「これこそ我々が求めていたものだ」うそよ!「周りもビルだから、純粋に、「まさか自殺するんちゃうやろな。お前の職場だ。とても、何万回、女の肉、華やかなひと群れを見て、「なんかだよ」「私は普段通りに自分の軌道を進むだけだったの。病室に入ると妻が適応能力が高いのか、理由は簡単だ。

|