さようなら

 | 

2006-02-09 ブログさんは背中で態度を教えるべきだといいました

[]第一話

ブログさん」

「ああ、なんだ似非原?」

ブログさんにとってブログ論ってのはなんですか?」

「……似非原、ちょっと来い」

「なんでしょうか」

(頬をひっぱたく音。高く飛ぶ前歯)

「(げほげほ)いったいなんですか」

「テメエ!テメエがブログ論なんて教えられるような身分に何時なったんだ?テメエがブログに対して偉そうにいえる立場だと思ってるのか?恰も教える身分を捏造していい気になってんじゃねえぞ」

「……」

正座しろ」

「……」

「いいか!だまって正座しろ」

「はい!」

「いいか、よくきけ。ブログ論なんていうのは存在しない。いや、存在しないといったらおかしい。ブログ論は沢山語られ、そして消えていった。それは昔からだ。俺の兄貴分であるところのテキストさんの時代からそうだ。しかし、それで何かを残しているとか、何か偉いことを語ったとか、そういうことではないんだよ。違うんだよ。あるとき、俺は気がついたんだよ。一番優秀なブログ論とは何か。それはブログ自身なんだよ」

「…」

「いいか、ブログ論なんていう記事はどうせ消費される一方なんだ。しかしな、お前が書いている、お前がすごしているネット生活におけるブログというものを、お前が何を閲覧し、何を考え、そしてその中から何を書くか。その中でお前が読者に何を伝えようとしているのか。それがお前のブログの結果だろ?だとするならば、お前のブログは既にお前のブログ論の結実なんだ。そして、どんなブログ論よりも、お前自身のブログが、何よりもお前のブログ論の証明なんだ」

ブログさん……」

ブログ論なんていう下世話な文章でテメエの価値を下げるんじゃねえ!言葉で取り繕うことなんて誰だってできんだよ!そして、取り繕った結果が平凡な、つまらない、毒にも薬にもならねえブログ論の氾濫じゃねえか!テメエはそんなことをするな!そんなレミングスの行進についていくような真似なんてするんじゃねえ!そんな奴らにはそっぽを向け!テメエがブログ論だということを見せてやれ!お前がブログなのであり、お前の態度こそがブログなんだってことを見せてやれ!それが何よりも、何よりも説得力のある「ブログ論」なんだよ!テメエの態度が伝わるってことが、読者に伝わればテメエがもう既にブログ論なんだよ!」

ブログさん……ごめんよ、そんなことを考えていたなんて」

「いいってことよ(ハンカチを取り出し)これで血をふきな」

 | 

ブログさんは私に言いました

「お前、最近面白がられてるからっていい気になんじゃねえぞ」