さようなら

 | 

2006-02-09 ブログさんは背中で態度を教えるべきだといいました

[]第二話

ブログさん」

「ああ?なんだ?」

ブックマークさんから手紙が届いたんですけれども、こんな内容でした。『でも、背中から読み取れない人もいるから、エッセンスを抽出して説明してあげるのもいいんだと思う』」

「……似非原」

「(ビクッ)はい、なんでしょうか(正座になって)」

「……いや、正座はいい」

「……あの」

「似非原、お前の昔のことはテキストさんから聞いた。お前さん、受験勉強のときは相当の方法論マニアだったんだってな」

「…あ、はい。参考書とか、そういうのばっかり集めていました」

「似非原、お前、それを読んだだけでなんだか受験に合格した、そんな気にならなかったか?」

「……」

「で、自分の身を振り返ってみろ。お前、希望大学には落ちたんだってな」

「……」

「俺は何時も思うんだよ。ブログ論の麻薬たる所以はな、本人が面白くも無いのに面白くなった気がして来るんだよ。ブログ論の悲しいところはな、そうやって、恰も鎮痛剤のように、ブロガー達を眠らしてしまうんだよ。過去のお前のようにな。そして、そうやって眠りこけたブロガー達が、ただ内容のない記事を書き連ねる。そんなの、悲しいだけだと思わないか」

「……ブログさん」

「もう嫌なんだよ。そういうブロガー達の姿を見るのは。だから、似非原、お前だけにはそういうブログを書いて欲しくないんだよ。もう嫌なんだよ。そうやって眠りこけた姿を見るのはよ。俺だって大きな夢を見たい。お前だって大きな夢を見たい。だけどそんなな眠りこけた姿じゃあどんな夢も見れねえんだよ。どんな記事も膨らまねえんだよ。ブログ論なんて書いたって、お前の読みてえ記事が書けるわけでもなければ、お前の書きてえ記事が読めるようにはならねえんだよ。そういうことなんだよ。だからよ、確かにエッセンスってのは重要なんだ。しかし、そのエッセンスってのは、ブロガー、を、痩せこけさせ……」

「……ブログさん、泣くなよ」

「俺も涙もろくなったなあ。ごめんよ、こんな姿を見せてよ。ははは、まだ、折れた歯は痛むか、ははは」

「……無理するなよ、ブログさん」

「ああ、俺は寝るよ。おやすみ、お前も身体を悪くしないようにな」

「…ごめんね、ブログさん」

 | 

ブログさんは私に言いました

「お前、最近面白がられてるからっていい気になんじゃねえぞ」