さようなら

 | 

2011-11-27アフィリエイトさんは本当は孤独だったのかもしれない

[]第三話

「やった!やっとブログが出来た!ちゃんとどういう記事が人気に上がりやすいかもわかったし、どういう人間が読みにきてくれるのかも把握したから人気も上がるだろうし、煽り記事で口コミにも入りやすい。ろくでもないこと書いてあるから、人のツッコミに対する欲望も満たせる!!」

「……はぁ」

「なんだよ!これの何が悪いんだよ」

「……あのな、お前さ、何か勘違いしていないか?」

「どういうこと?」

「お前さ、自分の記事に読まれることを期待しているだろ?」

「……」

「だからダメなんだ。読まれたいと思う欲望は、お前の勝手な思い込みだ。違うか?全ての記事はお前とは関係なく、ある読者にとっては価値があるだろうし、ある読者には価値がない。それだけの話だ。それに意味を見つけてどうするんだ」

「でも、せっかくなら読まれたいよ」

「お前さん、アフィリエイトで食うんだろ?お前さんの読まれたいという欲望は甘えだ。読まれたかどうかじゃない。売れたかどうかだ。違うか?」

「……売れた?」

「そうだよ。テメエの記事はお前にとっては価値があるかもしれないが、他のやつらにとってはゴミノイズ検索の目障りの可能性だってあるんだよ。テメエが薄っぺらい記事を書くことによって、他のやつらが検索でどれだけ困ったか考えたことあるか?」

「……そこまで言わなくても」

「あのな、確かにお前が趣味でそれをやるならいいよ。それはエゴだ。エゴは悪いことじゃない。だが、アフィリエイトをやるんだったら、そのエゴゴミクズだ。捨てろ。読まれるかどうかじゃない。目に入るかどうかだ。そして、そこから買われるかどうかだ」

「……でも、いい記事を書けば、そこから買ってくれるかも……」

「バカか。いい記事ってのは誰にとってのいい記事だ?」

「その……読者の……」

「読者って具体的に誰だ?言ってみろ」

「……」

「お前は勘違いしているんだよ。いいとか悪いとかは、その人の主観的な事実に過ぎない。そして、その主観事実からはなーーーんにも得られやしないんだ。テメエの記事をいいねって褒めてくれても、じゃあ百円でもいいから恵んでください、って言われたら顔をしかめるか、逃げるか、テメエに石を投げるかのどれかにすぎないんだよ。それは、金銭が発生しない時の仲の良いときだけだ」

「……」

「この世界に入ったんだったらな、客観的な事実から始めろ。客観的な事実とは、PVであり、どれだけ売れたかの指標だ。それ以外はまったく無駄だ。その統計分析し、次に回すだけだ。そこにはお前のエゴはまったく入らない。ただの機械的な作業に過ぎない」

「ねえ、アフィリエイトさん、一つだけ聞いてもいい?」

「なんだ?」

結構、裏切られたりとかしてきたの?」

「聞くんじゃねえ、昔から俺は俺のままだ。気持ち悪い」

GatsyGatsy 2012/01/26 00:17 There are no words to describe how boadicuos this is.

gqemvgvtxcgqemvgvtxc 2012/01/26 02:35 7Mx08L <a href="http://qoskmwkrxgwa.com/">qoskmwkrxgwa</a>

gsglvemzisqgsglvemzisq 2012/01/28 18:20 QtFa9O , [url=http://ujwvgwemsycc.com/]ujwvgwemsycc[/url], [link=http://nrwfmxhxkvae.com/]nrwfmxhxkvae[/link], http://hqcudbwutioq.com/

pggbjyemwpggbjyemw 2012/01/29 00:19 nIn32z <a href="http://pijsrrxchvbm.com/">pijsrrxchvbm</a>

mzpbpnljchcmzpbpnljchc 2012/01/30 20:15 52emok , [url=http://ccnoyyyghrye.com/]ccnoyyyghrye[/url], [link=http://gktomqhahhkh.com/]gktomqhahhkh[/link], http://konnjyzwwacm.com/

ゲスト



トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/nisemono_san/20111127
 | 

ブログさんは私に言いました

「お前、最近面白がられてるからっていい気になんじゃねえぞ」