さようなら

 | 

2011-11-28その根拠の無い劣等感を殺すために

[]ある朝、起きたらインターネットが生きていた

ある朝、インターネットは死んでいた - さようなら - ファック文芸部

「君たちは馬鹿だ。本当に馬鹿だ。馬鹿だ。馬鹿すぎる。何度も言う。馬鹿だ。

何度でも言うが、俺は俺のインターネットを書いたまでであり、それを懐かしむ一方で、過去インターネットがどれだけクソだったかも知っている。Mp3を落とすのに20分かかったことも、画像を表示させるだけで数秒かかったことも、テレホーダイダウンロードするものを漁って、あらかじめ落としたことも。近所の店でインターネットを触りたいために、何回も足を通ったことも。何もかもだ。Webページはクソみたいなホスティングサービスを使い、メモ帳で打つ。そのサイトが更新しているかどうかは、直接そのサイトを見にいかなければならない。それは全然素晴らしいことではない。

君たちは羨ましいとも思うかもしれないし、羨ましいとも思わないだろう。どっちでも勝手にするがいい。だが、ただ単純に過去インターネットが俺にとってそういうものだったというに過ぎない。そういうインターネットは死んだ。だから、俺は新しいインターネットを生きなければならないと思っただけだ。新しいインターネット不愉快なことが沢山ある。だが、それは古いインターネットが持っていた不愉快さとどう違うのかといえば、明確なことは言えない。

私たちは過去に生きることはできない。それは過ぎ去ったものであり、私たちは現在しか生きていない。現在には、ただインターネットがあり、それは過去インターネットに比べれば良くも悪くもない。もし、現在インターネットを、過去インターネット比較して、過度に賛美したり、あるいは悪く言う奴がいるのなら、それは現在を生きていないからに過ぎない。現在を生きるということは、おそらくは変化を受け入れることであり、それ以上のそれ以下でもない。

しかし、私たちはそんなに人間として変わるわけではない。昔に書かれた太宰治に、やさぐれ高校生が涙するように、ただそのようにしてバトンを受け取っている。それがどのような意味を持つかはわからないが、太宰治に感銘を受けつづける人間はいるし、たったそれだけのことだ。

何度も言うが、”俺の”インターネットは死んだ。しかしまた”インターネット”は生きている。私たちの細胞一つ一つが死に、また復活しているように、インターネットは死に、生きつづける。それは単なる生態系の一つでしかない。あるときニホンオオカミ絶滅してしまうように、空に輝く星が爆発してしまうように、僕の世界がふとした瞬間に消えて、また新しい世界を生きなければいけなくなった。ただそれだけの話なのだ。そして、現在には、「過去が良かった」とか「過去が悪かった」とか言っても仕方ないのだ。ただ、目の前には、朝起きたら歯磨きをするといったような、当たり前の、瑣末な日常があるだけだ。

それでいい。

それでいいのだ。

馬鹿馬鹿しいのは、「インターネットが生きていた」とか「死んでいた」とかいう話ではなく、そのレトリックの用法の問題だ。それに対して「インターネットは死んでいない」とか「殺せない」とか馬鹿みたいな話だ。そりゃ地球はすぐには爆発しないだろうよ。それくらい意味のない話だ。そういう人間は、足しげに通った古本屋が無くなったことを悲しく思わない人間なんだろう。「俺のインターネットはあるとき死んでいた」ということを、「いやインターネットは死んでいないですよ」と薄笑いで皮肉る人間俺は憎む

だが、その感情は肯定したとしても、古本屋が生まれ変わるわけでも、古本屋が復活するわけでもない。もし、俺が好きだった古本屋が復活したとして、それはただ飽きてしまうだろう。何かを固定することは、逆に死に近づいていく。そうではない。私たちは固定されたものではなく、変化していくものを受け入れるべきなのだソーシャルが如何に俺にとって酷くあろうとも、君たちには関係ないだろう。君たちが楽しいのならば、それは君たちのインターネットであり、俺のインターネットとは関係ない。だが、俺は俺のインターネットがあったということだ。それは、きっと君たちのインターネットとは関係ない。

から、私たちは、ただ「ここにあるインターネットを使う」だけだ。それは、貴方がそこで生き、経験することが「私たちのインターネットになる」だろう。そして、ある日突然、その「私たちのインターネット」は死ぬだろう。それでいいのだ。それが流転であり、また新しいものを見つけ出すだろう。新しい芽吹きがするだろう。私たちのときには手に入れられなかったものを使って、新しいものを作り出すだろう。

それでいい。

から、「俺たちはインターネットだった」じゃない。未だに私たちはインターネットであり、その上にたくさんの土台を作っているに過ぎない。私たちはこれからインターネットであり続けるだろう。私たちは、決してビューティフルドリーマーでもなく、永遠に現在を生きられるのではなく、絶え間なく変わりつづけるインターネットという樹木たちの世界をさまよっているだけだ。

そうだ。

から、回顧して「昔は良かった」という人を横目に見るんだ。私たちの現在には価値があるだろう。それは過去にも価値があったのと同じくらいには価値がある。それだけだ。ならば、劣等感を持つ必要もなく、また優越感を持つわけでもなく、目の前にあるインターネットを使えばいいのだし、使うことが足跡になる。「昔はよかった」ということはいい。しかし、それを対比させ、「今は悪い」とコケ下ろすような人間がいれば容赦なく歯を向け。

君たちが俺のインターネットを羨ましがったり、あるいは他の人のインターネットを羨ましいと思うのは勝手だろう。それは君たちの感情に過ぎないからだ。しかし、それを羨ましいと思う気持ちは誰かの優越感のダシにしかならない。そいつが思うそいつのインターネットなど、お前には何の役にもならない。そいつのインターネットに捕まれそうになったら、逃げるんだ。その場から走れ。ただがむしゃらにだ。お前のインターネットのために、そのクソみたいな幻覚を早く叩き潰すべきなのだ

俺がやったのは、俺が俺のインターネットを生きるために過去インターネットを殺したことに過ぎない。それは単に俺の情景、懐古を殺すための儀式的な作業に過ぎない。君たちにはまったくそれは関係ない。前に進むために、重荷になったものを、俺は俺というナイフを切り離したにすぎない。インターネットは、君たちの笑顔を喜ぶだろう。だから……」

「だから?」

「涙で見えない」

「ほら、言って」

  私たちは

 これから

 インターネット

 あり続けるだろう

インターネットの一部であり続ける。」

「そして、きっと、また、どこかで、私たちは君たちと出会うだろう」

「私たちと何処か似ていた、君たちに」

 

      *** Good Bye See you agein ***

DeonDeon 2012/01/28 14:51 Your posting ralely straightened me out. Thanks!

aejyzjzlcaejyzjzlc 2012/01/28 21:26 GxOPnh <a href="http://kqxglfkqevci.com/">kqxglfkqevci</a>

adtuxrtfcjadtuxrtfcj 2012/01/30 19:22 jkelzQ , [url=http://jhmlhikwbbkk.com/]jhmlhikwbbkk[/url], [link=http://bzturmpttqzc.com/]bzturmpttqzc[/link], http://epvkfhkcatip.com/

pzynaapzynaa 2012/02/01 03:47 B4ygkc , [url=http://dbaolavlqmdy.com/]dbaolavlqmdy[/url], [link=http://jzegpwzhtqfb.com/]jzegpwzhtqfb[/link], http://gjvkinymehmm.com/

ゲスト



トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/nisemono_san/20111128
 | 

ブログさんは私に言いました

「お前、最近面白がられてるからっていい気になんじゃねえぞ」