Hatena::Groupneo

胡乱 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2011年03月28日 月曜日

[]即身文学 第1号 (未完成版) 明石暮子嬢の御姿について 19:41 即身文学 第1号 (未完成版) 明石暮子嬢の御姿について - 胡乱 を含むブックマーク

即身文学 第1号 (未完成版)

http://p.booklog.jp/book/13218

明石暮子

略歴

19○○年、ブラッディー卵子と野良精子のハーフとして生まれる。20○○年、どこからともなく帰国。中学ではキュートレスリング(子猫級)の選手として活躍するが、トレーニング中の後頭部強打をきっかけに学業もきわめて優秀。中学卒業後は東京魔人大学文科666類へワープ入学。京都外道大学筆頭・筧白虎との汁粉屋会談により、両校の100年に渡る対立に終止符をうった。20○○年、臨界文化研究センター在籍中に『週刊幸田露伴』の読者モデルとしてコンクリブロックを軽々と粉砕。打撃系への意欲を見せつつアイドルデビューをキメた。直後に失踪。

今回ワタクシは明石暮子様の御姿を撮影させていただき恐悦至極に法悦豚足に一本満足三杯二拍手でした、あまりの興奮状態に陥りすぎてしまったためか、お姿が目に焼きついたまま目から離れませんがこれは伝説に伝え聞く、死んだ直前に見たものが目に焼きついているというかの現象かもしれないなあと思いまし

というわけで大変にファック文芸なのでファック文芸たるふぁっきんとっしゅな皆様はぜひお買い上げしてくださいませ。

NatanaileNatanaile2012/05/23 23:57Deadly accurate answer. You've hit the bulslyee!

uigfmmhbuigfmmhb2012/05/24 12:10AUwjin <a href="http://vrrgmexsrvud.com/">vrrgmexsrvud</a>

pqejggwpqejggw2012/05/24 12:10O4O3aJ <a href="http://gpajpbkcynpp.com/">gpajpbkcynpp</a>

jqabyjoxjqabyjox2012/05/25 14:40yFcsEz , [url=http://juxmvdpuqnli.com/]juxmvdpuqnli[/url], [link=http://fjdkmzrdgwfx.com/]fjdkmzrdgwfx[/link], http://npsyqvjriteh.com/

nsgenunsgenu2012/05/25 16:45NAmOps , [url=http://goucmhmjkfgg.com/]goucmhmjkfgg[/url], [link=http://bhnzogxpwwex.com/]bhnzogxpwwex[/link], http://vdccxkumfyxe.com/

ooecbruyooecbruy2012/05/25 20:10VS2Ae8 , [url=http://xplgmvljesnd.com/]xplgmvljesnd[/url], [link=http://jzepmndeomqr.com/]jzepmndeomqr[/link], http://qfccdgckjwwq.com/

uqcurcuqcurc2012/05/26 15:50bWcOYg <a href="http://diyaesajilfv.com/">diyaesajilfv</a>

flbrzhflbrzh2012/05/26 20:34JjYOpN , [url=http://euwtyijcrwjg.com/]euwtyijcrwjg[/url], [link=http://qmxtvvpgkxmn.com/]qmxtvvpgkxmn[/link], http://sdqjkxvdcxwt.com/

トラックバック - http://neo.g.hatena.ne.jp/nitino/20110328

2007年12月07日 金曜日

[][]フィクションとノンフィクションについての覚書 04:31 フィクションとノンフィクションについての覚書 - 胡乱 を含むブックマーク

先日の、第二回ファック文芸部杯にて、匿名ダイアリーで文を書きました。その時に考えたことを書きます。フィクションとノンフィクションの話が、ファック文芸部杯に対するご意見として書かれていたものを読んだので「ああいう文」を書きました。

私のフィクションとノンフィクションに対する(大まかな)考え方

何かしらの文を、読む方は「どっちか」もしくは「どちらがどの割合で混入しているか」「センテンスや、数値等、全て、どれがどう正しいか・間違っているか」は解らないだろう、と考えています。

私のはてなダイアリーの「うどんこ天気」では、冒頭に『ここに書かれているのは「事実」ではなく「読み物」です』と書いてあります。*1

理由は複数ありますが、ブログと言うメディアのため「日記だ(現在あったことなんだ」と思う方が相当数いらっしゃること、またそれに対する対応に手間を取られることが一つ有ります。*2「フィクションです」と書いてあっても、内容如何によって真実と信じる方もいるでしょうし、そうでないと思う方も居ると思います。逆も有るかと。なので、先に書いておいて、読む人を混乱させておいて、それから好きに読み取っていただく、と言うのが隠れた狙いです。*3

読む方々と言うのは、複数で多岐に渡るので「文に相対する方で好きにして貰おう」と思っています。私は文を書いて見せる。そして誰かが読む。読んでその人は何かを感じる、考える、もしくは感じない、考えない。それが私が望む一番シンプルなものだと思います、多分。

「フィクション量」について

「燃えよペン」で出てきた気がするのですが*4「プロレス漫画は、読むほうが最初に頭の中のフィクション量を調整するので、それにあわせて物語を構築すべし」だったと思います。

実在するプロレス団体の話の最中に、筋肉バスターとスグル王子が出てきて背骨折れたり死んだりドラゴンボールでシェンロンが出て来て「大丈夫だ生き返る」とかになるのを読み手が読んだら「こっちがゲエーッだよ!!!ふざくんな!!」とかになるでしょう。私はなります。*5

「フィクションかノンフィクションか解らないだろう」と私は書いているわけなのですが、実際には書いている私は解っています。記憶に間違いがなければ、なのですが。

混ぜる、もしくは全てを形成する「フィクションの、センテンスや数値(の蓄積)」は「フィクション量」が文章全体で「ありえそうだ」と思う*6ところに設定しています。一人称の主人公である「私」が死んだり、爆発したり、銀行強盗をするとかは、今のところしていません。文の中で死んでいく人が一人称で書いていると言う文は、かなりの確率でフィクションとみなされると考えています。

解らないだろうと言うのは、まあ事実なのですが、どの程度どうか、どの程度に認知させるか、と言うことは念頭において書いています。はてダのブックマークコメントで時折「どこにでもありそうな話し」と言う言葉を複数頂くのですが、そう思うように書いてあります。*7 *8

「フィクションだと知って居たらブックマークしなかった」について

http://anond.hatelabo.jp/20071204115911 (文芸の冠)

「ブックマークする」「しない」がどういうことかは明確には解らなかったのですが「フィクションならブックマークに値しない」と言うことだと推測します。

「フィクションなので価値が無い」→「フィクションじゃないなら価値がある」→「そういう事実があった(ある)なら価値がある」ということかなあ、と。

それは文にではなくて、人間との関係になるんじゃないでしょうか。「そう言う人が(人生が)どこかに存在していて欲しい」(そうであってほしい)と言うのは私も少し解ります。それもまた突き詰めると他者の存在自体、世界の存在自体、アヤフヤなものなのですが。これについては後述します。

idが解らない匿名ダイアリーで書くこと

日頃はid:nitinoで上記の文章を書いているので「私≒id:nitino」とされている*9のですが、今回はその「エントリーの蓄積から読み取られるにちのと言う人格」無しで書くことができました。自分で言うのもなんなんですが、「にちのさん」は「id:nitino」からは「ブログ人格が解り易い形で出現してる」ようなもんだと思います。その「にちのさん」というブログ人格が、ダイアリーの文章から読み取られる事も多々有りますので*10そのブログ人格の影響が無く、また匿名ということで忌憚ない意見を聞けた今回の文章を書けたのはよかったと思っています。

私の当初の欲望の「文を書いて見せる、誰かが勝手に読む」には匿名は一番適しているのではないかとは思いました。

フィクションノンフィクションの結びとして(エモいについて)

コレは上で言ってることと反するのですが、何らかの人(人生)が実在する喜びや希望、と言うのが何らかの感情を突き動かす、特に、実存の孤独を和らげることが出来るのではないかと私は思っています。

しかし、それでも私は「私の文を真実である」「私の人生をかいた文が真実である」と保障する事はできません。それを、ここで、ネットで証明する手段を私は持ちません。

しかし、読んだあなたはそこで文を読んだのでしょう。読んだあなたの人生や考えや感情と、私の文が、私が文として人生や経験を、思考として結晶にした文が、何らかの反応を起こした*11のは紛れも無い真実、と思います。

*1:はてなダイアリーでは一人称の二十代付近の女性が主人公で、出来事と内面を吐露する手合いの文を書いています。

*2:他にも色々理由はあります。

*3:逆でもまあいいのですが便利なほうのこちらにしています

*4:うろ覚え

*5:デウスエクスマキナとか

*6:と言っても私が思う程度なので正確では有りません

*7:書く動機とかに関わってきます

*8:ただ、こういうことは最近考え始めたので最初に書いたダイアリーからこう考えていたわけでは有りません

*9:また私もそれを否定も肯定もしない

*10:悪いとか良いではなく、そう言う風になっていると思う

*11:起こさない

2007年12月03日 月曜日

[]第二回ファック文芸部杯 22:24 第二回ファック文芸部杯 - 胡乱 を含むブックマーク

参加しました。

個人史は終焉しない。続く。 308user

です。

皆様ありがとうございました。

参加した感想なのですが、ちょっと上手く言語化出来ていません…匿名ダイアリーは不思議な場所だなあ、と言うのが正直な感想です。IDの必要性や、文と名前(記名)文そのものについてなど色々考える機会を得ました。(まとまったら自分の本家のダイアリーなどの考察など合わせて色々書くと思います)ありがとうございました。

たくさんのサジェスチョンをくれた方々、ほんとにありがとうございました。