安寿土牢

2006-09-28

[]Made of Heaven Made of Heaven - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - Made of Heaven - 安寿土牢

部長に呼ばれたとき、馬鹿馬鹿しいことに最初に思ったのは「何で俺が詰め腹?」だった。もちろんそこまで理不尽なことはなく、会長同席のもと一人の男を紹介された。特殊渉外担当なる微妙暴力のにおいのする役職名のその男は阿部とだけ名乗った。体力とは縁なさそうな線の細い男だった。

「さて」部長が口火を切った。「君はこの本を読んだことがあるかね」

会議室のテーブルの上に出された本を見て、この会社は長くないなと考えた。部長は俺の表情を読み取って軽く頷く。

「ふむ、ライアル・ワトソンは知っているのか。ではこちらは?」

関係性があるといえばあるのか……

「電化製品のおとぎ話ですよね」

「そうだ、だがこれはおとぎ話ではなく事実だ。君は今の事業部を外れて阿部君と独立プロジェクトチームを組んでもらう。業務内容は妖怪退治」


人工の光によって彼方へと追いやられたはずの魑魅魍魎は実のところそこここで生き延びていた。大量生産大量消費時代、経団連はそうした生き残りの主たる人工物に取り付く精霊、付喪神の跋扈を恐れ対策を施した。実現する方法はメーカーそれぞれに任されたが、当初は我が社が一番うまくいっていたという。だが付喪神に対する時限装置として作られたはずの神殺しシステムタイマー」は実際には単なるヒューズのようにしか機能しておらず、廃棄物が集積すると収束し怪異を成すようになった。そしてついに経営に壊滅的打撃を与えるまでに至る。

真実を知るまでは以前の部署であるバッテリー部門のトラブルの原因がそんなところにあるとは思いもしなかった。


かくして俺は阿部と二人で世界中を駆け巡り自社製品の付喪神と対決し、付喪神を尖兵として使役する幽世の存在を知り、今こうして気を失った美女を抱えてSIG・SG552ひとつでニーズヘッグと対峙しているわけだが、給料は前と変わらん。不本意である。


http://d.hatena.ne.jp/firestorm/20060928/1159377123

シェアードワールド化中?

http://d.hatena.ne.jp/nekoprotocol/20060928/1159443240

http://d.hatena.ne.jp/hachi_gzk/20060929#1159468703

http://throw.g.hatena.ne.jp/sasuke8/20060929/p1

http://d.hatena.ne.jp/rerasiu/20060929#p4

http://d.hatena.ne.jp/upskirt/20060930

http://yocc.seesaa.net/article/24716232.html

神狩り 2 リッパー

神狩り 2 リッパー

objectOobjectO2006/09/28 17:36いろいろごめんなさい。

firestormfirestorm2006/09/29 01:55いろいろありがとうございます。

2006-09-26

[]「萌えって言うな、欲情って言え!」と委員長は言った 「萌えって言うな、欲情って言え!」と委員長は言った - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「萌えって言うな、欲情って言え!」と委員長は言った - 安寿土牢

萌えについて

これは、萌理賞に参加したり、読んだり、萌やし賞をやったりして思ったのですが、萌えをなんか特別なものだと考えてる人が多い印象を受けました。

こんだけ萌えという言葉が一般化した以上、萌え普遍的な感情なんでしょう。喜怒哀楽とかと同じように。最近萌えという名前がついただけで。私が柿の種や黒板消しクリーナーに感じる感情を萌えと呼んでしまうからかも知れませんが、そう思います。

萌えはわからない」というような言い方を見かけますが、それも当然であって、私は萌えと同じように笑いも怒りも分かりません。どうやったら読んだ人を笑わせれるのか、悲しませられるのか分かりません。

http://neo.g.hatena.ne.jp/comnnocom/20060925/p1


ここに関してのみ全面否定いたしたい所存。


私が初めて認識したあたりでは萌えは情欲を意識した上でそれとの区別化がなされていたように思うが、最近はというか、萌理賞、萌やし賞周辺ではその区別がまったくなくなっているように見受けられる。まあ、人のことは言えないし言語の指示する範疇は変わっていくものだが。

萌え喜怒哀楽と同じ普遍的なものだと感じるなら、それは単に情欲を萌えと置換しただけであり感感俺俺萌えとは一般人とは共有しにくい特殊な感覚あるいは用語である。

萌え」はそんなに長い間残らないでしょ。


「青がわからない」という発言に対して

  • 青を認識することができない
  • 青は機能的に認識しているが言語化による区別ができていない
  • お前が言う青がわからん、それは緑だ。

という可能性をすっ飛ばして「私にも青の出し方は判りません」と言ってしまうのは単なる説明責任の放棄ではないだろうか。「判らん」といってるのに「判らんはずはない」という回答はあまりといえばあまり。

萌えとはどういう感覚か言語化したうえで、そのような感覚があなたにありませんかと聞くならそれは誠実な態度であると思う。同意するかどうかは別として。


おまけ。

『I'm wind "Wait"ress』と評を読んで、荒山オフでなぜか披露したsirouto2氏の能力に対する仮説を正しいのではないかと改めて感じた。


おまけ2

自分がファック賞評を行った経験から。

  • 素人評者に絶対的な価値観を誰も期待していない。自分が作品から何を受け取ったかで十分。作者はそれと自分の意図を比べて糧とするだろう。
  • 「私ならこうする」はとても書きたくなるがしてはいけない。評者の作品ではないし、「こうした」からといって売れるわけでもないい。作品が自分好みに変容するだけである。作者にとってメリットがない。

結論:素人評は気軽に。

2006-09-24

インタビュー インタビュー - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - インタビュー - 安寿土牢


街で道端によく座り込んでたりするんですよ。他に行き場所ないような感じで。だからついね、声をかけてしまう。最近はほんとに若い子がね。ぽつねんと。


―援交……ですか。


そうですね、そういっちゃうと語弊がありそうですけど、家に連れ帰って食事とか作ってやったりしてね。それで食事の間、話を聞いてあげて。風呂に入れたりもしました。夜中にこちらの布団に入ってきたときにはちょっと驚きました。寂しかったんでしょうね。まあそんなのはめったにありません。

で、そんな生活が二三日続くと大抵いなくなってるんですよ。成仏するんですかね。成仏を援助してほしがってるのなら、まあ援助交際なんですかね。


女の子だけなんですか?


いやそんなことないですよ。最近、街では女の子多くなりましたけどね。駅で拾ってくるのは男性が多いですね。そのときにはお酒出したりするんです。一度呑めない人拾ってきてしまいまして。本人にリクエスト聞いたら甘味がいいと。死んでからも嗜好は変わらなかったりするんですね。ええ、コンビニで買ってきましたよ、甘味


―怖くありませんか。


怖い……ですか。あんまり思いませんね。基本的に物理的な干渉はできないんですよ。理解不能な性格でもないですしね。たまにビックリさせるのが好きな方はいましたけど、ビックリするだけですね。夜、鏡をのぞいたら四人ほどこっちを見てたことがありましたか……何が面白いんですかね。


―生きてる人に未練があるんですかね。念仏とか唱えてあげたりも?


恥ずかしながら、こんな経験してても無宗教なんですよ。当人のやりたいほんとに日常的なことにお付き合いするだけですし。

で、先ほど成仏したとかいったんですけどね、最近疑問に思ってるんですよ。あの人たちはほんとに消滅したんだろうかって。ほら、私には見えてるけど他の人たちには見えてないじゃないですか。私にも感知できなくなっただけなんじゃないかって。思ってたことを吐き出すことで減衰するのかもしれません。

一度引越ししたことがあるんですけどね、そのときは誰も連れ込んでなかったんですけど、もしかしたらと思って、荷物移動した後、誰もいないとこに向かって「これから引っ越します」って言ってみたんですよ。まあ、普通の人にしてみたらいつも誰もいないんですけど。まあ、そしたら一人しか乗ってない車なんですけどスプリングが沈んだような気がしました。燃費もそのときだけ異様に悪かったですね。知らないだけですごい大所帯なのかもしれません。


―あはは。今日は興味深い話をありがとうございました。


私も楽しかったですよ。あなたみたいに人の話を聞きたがる人はいませんでしたから。


[]武器よさらば 武器よさらば - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - 武器よさらば - 安寿土牢

http://neo.g.hatena.ne.jp/plb3/20060924/1159103323


剣道経験者によく聞く話として「トラブルにあったがあの時棒さえあれば」というのがあります。手馴れた得物は心強いですが、それを封じられたときにも戦わないといけないのがファック文士です。私たちはいつも何と戦っているんでしょう、ほんとに。

最初は手当たり次第、あらゆるものを武装と考えるのを推奨です。キートンマクガイバー精神で。マクガイバーメインウエポンは日本ではれっきとした武装扱いのスイスアーミーナイフですが、それは多用されるので私たちがそう思っているだけです。

2006-09-22

[]萌やし賞反省 萌やし賞反省 - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - 萌やし賞反省 - 安寿土牢

万年参加賞です。入賞は負けです。もちろん賞は狙っています。


そうか、関係性は萌えには繋がらないのか。

事後、他作品を読んで思いついたのは、comnnocom氏の弱点は「好意を寄せられていることに気づいた瞬間」なのではないかと。

あと、夏は入れ忘れてたので強く反省中。


ところで「鈍感主人公」が「俺が今フリーなのは寄せられている好意に気づいてないからさ」という現実シャットアウト読者の共感を呼ぶように作られているのと同様、ツンデレも「俺がデレに気づいてないだけさ」な現実歪曲能力読者の共感を呼ぶのかと考えていたのだが、どうも違う様子。「新ジャンル」で見受けられる、恋愛関係の観察者として萌えている読者の感覚がいまいち理解できない。誰か教えてください。

2006-09-21

猫島 猫島 - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - 猫島 - 安寿土牢


この島ではこの時期、満月の夜に海鳴りに紛れて猫の声が聞こえてくる。これがウミネコではなく実は本当に猫の鳴き声なのだ。海岸に立ってしばらくすると白く泡立つ波間に仔猫の顔が二三見つかる。その数は徐々に増えていき真夜中にならんとする時刻になると、海はぷかぷか浮かぶ仔猫でいっぱいになる。だいたい猫が七で海が三。もはや波の音よりなーなーと鳴く猫の声のほうが大きい。仔猫は波に漂い、岸に打ち上げられるとまだ細い爪をいっぱいに伸ばして岸にしがみつき、返す波に飲まれまいと踏ん張る。そうしてこの島に上陸を果たす。だがぼやぼやしていると大変で、岸の岩場にしがみついて波をこらえてる仔猫をさらに足場にして上陸してくる仔猫がいたりする。大抵の仔猫は岩場にぶつかり、他の猫に爪を立てられ傷だらけになってようやく乾いた地面を踏めるのだが、タイミングや着地点が悪いと他の猫たちに足蹴にされていつまでも上陸できない。そういった猫はやがて力尽きて海に落ちる。その猫を足場にしていた猫も、そのまた猫を足蹴にしていた猫もバランスを崩して一緒に落ちる。ぼちゃんと大きな水音がしたらそれは仔猫の大きなひと塊が落ちたと思っていい。そうして海に落ちた猫が再びあがってくることはまずない。

運良く上陸を果たした仔猫はさらに内陸を目指して行軍を始める。いくらかの同属が再び海に飲まれても、やはり尋常な数ではなく海岸にはもはや足の踏み場はない。そろそろ夜明けも近いが猫の上陸はいまだ収まる気配がない。この島は一日で仔猫に占拠される。

猫が上陸するこの日には他にも変わったことがある。鳥の声が消える。上陸したての猫は腹をすかせている。この日に逃げ遅れたあるいはたまたま居合わせてしまった渡り鳥は仔猫の朝食になる。そこかしこに見える仔猫の小山の下にいるのが朝食になってしまった鳥たちである。一度火のついた猫の食欲はしばしば共食いに発展する。この仔猫の山の下で食われているのは、もはや鳥だか下敷きになって弱った同類だか、食べているほうには区別はつかない。ためしに近くの木を揺らすと腹をすかせた仔猫がぼたぼたと落ちてくる。落ちた先で小競り合いが生じる。小競り合いが自然消滅する前に弱りきってしまうと、やはりその猫も餌食になる。

島では人間も生活していて、この猫の上陸は人間の生活に多大な支障をきたす。一本通っている幹線道路もやはり猫で埋め尽くされているので流通はほぼストップし、どうしても車を出さなければならない用があると運転手は念仏を唱えながら車を走らせる。道には二本の赤い線が残る。また、踏み潰さないよう竹箒で掃きながら歩く人の姿も見かける。猫はのけらなれながらも箒にじゃれかかったりする。これをほほえましい光景と見るのは良いが、昨年、そうしてじゃれかかられた老人が転んで倒れ、それに腹をすかせた仔猫が群がった。不運にも発見されるのが遅れてその老人は亡くなった。今年、子供は親から外に出るのを禁じられている。それでも家に紛れ込んだ仔猫たちに乳幼児が齧られる事件がおきた。

みゃーみゃーと鳴いて島を埋め尽くした仔猫たちは次の日、満ち潮に乗って海へ還っていく。島には生きた猫は一匹たりとも残らない。どうしてこの日この島にこれほどの仔猫が集まるのかは判っていない。また不思議なことにこの日の前後に海を渡る猫の群れの目撃例もない。

仔猫を不憫に思った動物保護活動家がわずかばかりなれどと、数匹の猫を保護して連れ帰ったが、数日ですべて姿を消した。猫砂だけが何か潮の香りのする液体に浸されていたという。

2006-09-19

[]岩波さん 岩波さん - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - 岩波さん - 安寿土牢

http://horror.g.hatena.ne.jp/COCO/20060917#p4


昔、SF読者を自分以外には知らなかった頃、私が「他のSF読者」として夢想していたのは岩波さんのような人であったのだが……いつからデフレスパイラル

きっと実在の岩波読者も岩波さんとはえらく違うんだぜ。隣の芝生なんだ。と慰めを言ってみる。


星雲賞カード何ちゃら(O・Sでは無いカード)が受賞したときに「SFの性、ペドなり!」と血涙を流した私としては、SFにはハリウッドとか馬鹿にする資格ないんじゃねーのと、虚構のプライドを打ち砕かれた荒野に立っているつもりなんですが。


[]萌やし賞 萌やし賞 - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - 萌やし賞 - 安寿土牢

応募してみた。

応募期待枠に入ってないようなので嫌がらせかもしれない。


ファック文芸部杯 ファック文芸部杯 - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - ファック文芸部杯 - 安寿土牢

考えてみると「俺は著者全員当てたぜ」という人が出ていないので誰も当てなかったことに注目するべきではないのかもしれない。どちらかというと「全員が俺の作と認めた」というほうがすごくないか?

ということでduke565氏と、SFならこの人と名前をあげられ続けたscreammachine、nekoprotocol両氏もリスペクト


いもうと・おとうとが同じ作者でないと看破できなかった私は真面目すぎるのだと思う。


プロファイルはいつかDISっておかねばならない。


血を流すエリート考あるいは腐女子視点で 血を流すエリート考あるいは腐女子視点で - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - 血を流すエリート考あるいは腐女子視点で - 安寿土牢


さて、いろんなところで稲田朋美議員の命を捨てるエリート発言が取り上げられていますが、あんな塩野七生劣化コピー見識を真に受ける人がいるんでしょうか?


命を捨てるエリートといえばこれは紛れもなく戦闘執事以外の何者でもありませんが、かように優秀な知的ワンマンアーミーを雇用するには雇用者にもかなり特殊な条件を必要とします。

ゲイツを額づかせるほど金があるか、底知れぬ人的魅力があるか。どちらも、すくなくともどちらかを満足させなければ戦闘執事雇用できません。そして普通の人には条件を満たせません。


そこで稲田朋美議員は考えました。国はビルゲイツより大きな金を動かしてる!国には魅力はまあある!と。戦闘執事が国に仕えることになれば、国民奉仕せねばならないので、それはつまり私に奉仕することである。まさに朕は国家なり。


かような思考経路で自分の性的嗜好を満足させんがために国政を左右しようという方には議員辞職していただくのが筋かと思われます。

objectOobjectO2006/09/19 18:02ええ、もちろんフィクションですとも。でなければフィクションを旨とするグループに書きませんよ。

2006-09-13

敗軍の将、自作を騙る*1 敗軍の将、自作を騙る*1 - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - 敗軍の将、自作を騙る*1 - 安寿土牢

犯人たちの独白

供養塔

種はあったが実を結ばなかったもの。

Six Strings SATSUGAI

ジャック亡き後、玉座を求めてデトロイトメタルシティに誰もが向かう。荒野を拳王の軍のごとく疾走していく群集。響き渡る「ゴートゥーDMC」の怒声。しかし「ファンの子たち」が戴いているクラウザーは偽者だった。根岸はただ一人、遺されたメタルバッファローにまたがり暴徒に立ち向かうのだった。

解説:「なんでゴートゥー?……DMCは地名だからか」の思考の直後に見えたビジョン。でも、根岸はたぶんそんなことしない。元ネタのほうがそんな方向に行きそうな感じだったのも破棄した一因。


濡れ衣にござる

嫌疑をかけられたが、その事件にはかかわっていない。


昔、ここはイリノイと呼ばれていた。アフターマンwith人工知性はミッドナイトを書いて満足してしまったので私ではない。
'06秋冬コレクションscreammachine氏と同様、ユニクロ経営母体についてしらなかった。愛好している割には「一文でお花畑連れ去り系」(((c)xx-internet))をあまり書かない。
ある家たぶん適当な背景解説を行ったのが誤解の原因ではないか。
猫が猫らしく猫であるためにnekoprotocol氏で無かったら私なのだが、そう思われるような作品は避けたつもり。あてられると悔しいから。
sicks sense確かに自白につながりそうな自作解説は避けるようにしていた。これを書いたのが私でないのが残念だ。だが逆立ちしてもSixSenseの構造を逆転させる発想は出てこなかったとも思う。
涼宮ハルヒの制約はるひ・よんで・ない。それ以前にxx-internet氏はobjectOを何だと思ってるんだろうか。小一時間ほどうかがってみたい。
旅ナビ味覚探訪 第4回「海綿体」ぼちぼち、ファック文芸部員が想像するobjectO像が見えてきたようだ。何この異形?
地獄風景私だともうちょっと臆面も無く擬人化すると思われる。エモ全開で
表現された秩序この才能は無い。
NEO忍法帖xx-internet氏は(以下略)。吉梨氏がファ文カミングアウトしたので彼女だろう。私は萌理賞にそんなに敵対的と思われてるのだろうか。sirouto2氏の意見も伺いたいところ。喧嘩を売っているつもりはまるで無い。なんでアリクイで萌えないのという苛立ちはちょっとだけある。

ではコマドリは誰を殺したの

クックロビンは故なく吊るされたわけではなかった。犯行を時系列で追う。


[中量級]平和授業

残酷ブックマークの方法」エントリを見たときに思いついていたネタを投入。元々のエントリフェルマーの定理を下敷きにしているので「谷山・志村予想」を改変。 48手は相撲決まり手のつもり(湯のみの絵柄等で補強)なのだが、WEB69.0が台無しにしてしまっている。まあ書きたかったんだからしょうがない。

トンデモを混ぜたかったのでフィラデルフィアエクスペリメント日本版を捏ね上げた。「不審船団」のシナリオタイムスリップした展示不審船を北朝鮮がゲットして不審船として使用するがやはり沈められるという内容のはず。

語り手はブログペット末裔


[無差別級]友へ

ふたばなどでのアンパンマン二次創作テーマバイキンマンとの闘争にしか置かれていないのに疑問を感じたので創作。「アンパンおじさん」はあらすじしか知らない。エモエモのあまり書いていて泣けてきた。いかに自分が不安定かわかる。

彼らが戦った戦場は星間戦争イメージネクサス6の独白とかも。

過去自作にこんなのがある。

http://homepage1.nifty.com/objectO/howmanymilestostars/colum/zophi01.html


[無差別級]プラットホームにて

ワレ微妙二勝テリトイエドモ遠スギタ橋。

荒山オフへ行くときに駅のホームで包帯を巻いている線の細い女性を見かけ、電車内で原型が完成した。言っておくと声はかけていない。自身の解体たまに夢想する。

左手が形作ったのはいわゆる影絵の狐であるが、ケーンと鳴いたのでは印象が違ってくるのであえて犬とした。


[非参加]エクボ/宿題

この段階で書きすぎだと思えたので自粛してみた。しなければ良かった。宿題は自分でも気に入っている。荒山オフ帰りに思いつく。エクボは冥王星ネタから連想。いまいち


[軽量級]Keep Walking

書きすぎでもいいやと開き直って投入。

nekoprotcol氏の予想通り。熊谷ノースリーブ女子!(ネコエントリ)→いってきた。いなかった(安寿エントリ)→そうか病気子供は(ブクマ)→なにぉう?!で発想。

今を遡ること十何年前、ジョニーウォーカーCMに底抜けに「いい人」を描いたシリーズがあった。そのうちの一篇。語り手がバーで友人を待っているとウィンドーの向こうに友人の姿が見える。友人は物乞いに金を渡している。物乞いが常にそこにいることを知っている語り手は友人が入ってくると、「病気の子がいるって言うのは嘘なんだぜ」と真実を教えるが、相手の怒りを観察することを目的に明かされた真実に、「よかった、病気子供はいなかったのか」と笑ってグラスを傾ける。語り手は反省とともに彼のようにありたいと思う。という内容。各所で散見される「病気子供はいなかったのか」の元ネタである。ラジオCMが一番良い。ラジオは今でも聞けるかもしれない。動画を探したが無かった。

読者の脳内メモリが残っていることを期待してポインタ指示をしてみた作品。実は一番苦労した。


[中量級]寛永ライダー

柳生十兵衛は改造人間である」という妄言リフレインしてとまらなかったので治療をかねて投入。東宝特撮伝奇小説を書く荒山徹のせい。

>「書いた人はそれほどライダー系に詳しくない」

ご明察。

カタツムリなだけに槍しか使ってないのだがそれで剣士とは片腹痛いと正露丸。これは心外の胃腸薬。吉梨氏の伝奇メソッドを使ってみたかったので入れてみた。「バッファロービル」は西川魯介「うしむすめ」のラストに衝撃を受けたので拝借。銀魂の「柳生100%」もいずれどこかで使ってみたい。


[中量級]ハンプティ・ダンプティ

軽量級にどうしても入らなかったので中量級へ。

何か大きなものが壊したくなったのだが、あまりにも大きくなってしまうとフォティーノバード銀河を投げて攻撃してくるといったタイムスケールの長い話になってしまうので妥当なラインでダイソン球を壊してみた。

何でドジッ娘なのか。

コンタクトジャパンでソウヤーが「文明は個人の狂気が全てを破滅させることができる段階にまで発達した」ってことをいってたから。ならば高度文明に破滅をもたらすのはドジッコであろうと。アリスマザーグースで統一はまったく思いつかなかった。そのほうが良かったかもしれない。

ツンデレはイン殺ちゃんがあまりにも強く撲殺しすぎたので絶滅した。その間、庇護欲をあおることで性淘汰に勝利を積み重ねたドジッコは個人で文明に破滅をもたらすまでに強化純化され……。

「お母さん、何であたしはドジッコなの?」

「それはね、お母さんもお祖母さんも曾お祖母さんもドジッコだからよ」

ダイソン球が内破するかなぁとは思わないでもなかったが、遠心力をどこかで使っていれば減速でそうなる可能性はある。外からの衝撃でも良い。

ダイソン球の説明を要求する人には興味がありません。ぐぐれ」

そんなこといってるから冬の時代がくるんだよ。

*1:この期に及んでまだ嘘つく気。

xx-internetxx-internet2006/09/14 21:46objectO さんは完膚なきまでの荒山徹ファンであると認識しております。

objectOobjectO2006/09/15 13:35それこそが神無月久音ハロー効果であると指摘申し上げたい。荒山徹成分よりは星新一成分のほうが多めだと思ってるんですが。ところで巫女SFは気に入ったので mixiで推薦日記書いたら作者からメッセージが届きましたよ

xx-internetxx-internet2006/09/15 23:17ええと、樽いっぱいのワインにコップ一杯の汚水をこぼせば、それは樽いっぱいの汚水であるというか。
>巫女SF
涙が出るほど素晴らしいエピソードです。人の出会いは引力ですね。
そういえば『友へ』にインスパイアされて超エモエモしいアンパンマン小説を書きましたよ。

2006-09-06

特権的な惨劇 特権的な惨劇 - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - 特権的な惨劇 - 安寿土牢

「なんてことを!今、君が殺したのはビックバン存在確率から考えて1.0×10^1600分の1の確率でしか存在しえないかけがえのない命なのだよ!」

「こいつを殺してなかったら同じ希少価値のあいつが殺されてた」

「なんてことだ!1.0×10^1600分の1のかけがえのない命と1.0×10^1600分の1のかけがえのない命を天秤にかけたって言うのかい!君はいったい何様のつもりだ!」

「それと同程度の希少価値を持つ俺とお前が、殺人者と目撃者として極めてまれな殺人の現場に居合わせるというのは貴重で尊いことじゃないのか」

「ちょっと待ってくれたまえ、計算するから……おお、神よ!こんなことは概算で1.0×10^10000……」

「お前も死んでおけ……………所詮65億分の2だ」

暗転