安寿土牢

2006-11-25

[]まとちゃん読んだ まとちゃん読んだ - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - まとちゃん読んだ - 安寿土牢

xx-internet氏に言われて読んだ。お前はxxが死ねといったら死ぬのかと聞かれそうだが、気分によってはうっかり死んだりするかもしれない。


結城心一はこれがストライクだ!といってビーンボールを投げてくる。そしてそれがストライクコースだとは自分でも思ってない。ストライクゾーンのありかがわからないのだ。と思う。

萌理、萌やし賞に応募したときの気持ちをなんとなく思い出した。


連載途中で雑誌を変わったらしい。どの回で変わったのかはわからないが、掲載順どおりなら「わたおに」の編集者はかなりがんばったに違いない。唐突に『ももえサイズ』で私をおいてきぼりにした結城心一が出現するからだ。

私の感じた結城心一の特徴

  • 安定しない主人公キャラクター
  • 思いつきっぽいのに取り返しのつかない展開が発生する。
  • 世界を予備動作なく浸食してくる何か。
  • 女子による淡々とした世界破壊。所要だいたい2、3コマ

そしてまたしても置いてかれる私。でも面白くないわけではない。

お勧めするかどうかは非常に微妙自己責任でどうぞ。


オレノート オレノート - 安寿土牢 を含むブックマーク はてなブックマーク - オレノート - 安寿土牢

死後発見されることを期待して、今日からお悔み欄の名を書き写し始めることにした。最後は当然自分の名だ。